徒然ハーレム系小説連載中

少年一人 少女多数
徒然にハーレム系小説を連載しています。(R18)
火曜日金曜日に定期更新予定です。


○同人誌即売会参加予定
2019年06月16日(日)第三回静岡文学マルシェ
 あ12 美少女夢世界 Webカタログ

2019年08月11日(日)コミックマーケット96
 西C46a 美少女夢世界

2019年09月08日(日)第七回文学フリマ大阪
2019年10月12日(土)第九回Text-Revolutions
2019年11月24日(日)第二十九回文学フリマ東京


小説記事の前後リンクは、同じ物語の前後につながっています。
初めての方は、適当な物語を最初から読んでみることをオススメします。

○進行中のオススメ物語

【☆ お嬢様精飲ハーレム】
美味精液を売る美少年。お嬢様たちが買ってくれて、飲んでくれて。

【☆ お嬢様精飲ハーレム】in ノクターンノベルズ

【☆ お嬢様精飲ハーレム】in Pixiv

○最近の物語(完結済)

【☆ 淫魔ママたちの愛情ハーレム】
異世界転生して淫魔ママたちに育ててもらう物語。

【☆ 開封ハーレム】
たくさん飲ませないとセックスできない美少女性愛奴隷たちを買って始まる物語。

【☆ そのお嬢様には学園ハーレムをもらった恩がある】
お嬢様に買われて学園ハーレム。でも彼女とはできなくて。
憧れのお嬢様とのエッチを夢見てがんばります。

その他にも多数の物語があります。
【小説一覧】をどうぞ

気に入っていただけたら、【GOOD!】ボタンをどうぞ。
外部に送信はされません。作者が喜びます。


ブログ的日記記事 【定期更新日記】

詩のブログもありますが、あまり更新されません。
【何時も通りの夢見る日々】 夢原銀河の詩のブログ


電子書籍も制作しています。ぜひどうぞ。
【夢原銀河のkindle書籍(Amazonの著者ページ)】

【夢原銀河の電子書籍 in BOOKWALKER】

DMM、DLSite.comダウンロード販売もしています。こちらはPDFになりますが、同人誌版に近いです。
美少女夢世界作品DL販売 in DMM
美少女夢世界作品DL販売 in DLSite.com

PIXIV FANBOX
夢原銀河の創作活動を少額から支援していただけます。
PIXIV FANBOX 夢原銀河のページ

制作著作:夢原銀河

【定期更新日記】忙しい週

☆ ハーレムの主人として【お嬢様精飲ハーレム 9】

もう九回目。
そろそろ終わりにしなければ。

今週は忙しかったです。
文学フリマ岩手の次には静岡文学マルシェ
そして夏コミ新刊の準備

夏コミ、受かりました。
2019年08月11日(日)コミックマーケット96
 西C46a 美少女夢世界

【開封ハーレム】を夏コミ新刊同人誌にする予定です。
お気に入りの物語なので、良い感じの本にしたいです。

明後日の日曜日には静岡文学マルシェに出店します。
2019年06月16日(日)第三回静岡文学マルシェ
 あ12 美少女夢世界 Webカタログ
ポストカードギャザリングにも参加予定です。

☆ ハーレムの主人として【お嬢様精飲ハーレム 9】

 お嬢様たちとメイドさんたちを、超高額で買ってしまった僕。
 彼女たちはそのお値段に驚いて。

 それはそうだ。驚くだろう。
 もともとは、ちょっとした遊びのはずだから。
 お嬢様たちが、買われてするセックスを楽しんでみたいと言い出しただけだから。

 まあ、ちょっと金額を間違えただけなんだけど。でもこれで良かった。
 彼女たちは、こんなに僕に欲しがられたのかと感動してくれて。
 性奉仕をがんばってくれて。

 煌花のお口に二発、気持ち良く射精した。白長髪の優しいお嬢様はうっとりと精飲して。
 これまで、高額で買ってくれた僕の美味精液を味わって。

 まだまだ萎えないチ×ポは麗花と輝夜にしゃぶられてる。
 二人は仲良くしゃぶる。互いの邪魔はしない。
 でも競ってしゃぶる。自分の唇、舌を気に入って欲しいという情熱が見えて。

「次は麗花のお口に出すよ」
「はい! ああん、ありがとうございます、御主人様」
 麗花が情熱的に咥えてくれて。しゃぶってくれて。
 金髪ツインテールが揺れる。僕も彼女の頭を撫でて。

 麗花にも秘撫が口技を教える。彼女の指を咥えて、世界一のしゃぶり技を伝えて。
 ああ、気持ち良い。
 秘撫の口淫は世界一。その技を教えられるお嬢様もどんどん上手になって。

 ああ、もっと早くこうすれば良かったな。
 世界一のお口技を伝えさせ、口淫の達人を増やす。僕ならできたはずのこと。

 でも、これまではそんな相手は居なかった。
 僕の従者は秘撫だけだったし、彼女だけで十分だったから。

 でもこれからは、三人のお嬢様とメイドたちも僕の従者。
 しっかり教えさせて、最高の口淫ハーレムを楽しませてもらおう。

「煌花、キスして。輝夜も」「はい、んちゅ」「んー」
 煌花、輝夜とキス。三人のキスは窮屈だけど、押しつけ合う頬の柔らかさが気持ち良くて。
 そして二人の唇、舌、口内を遠慮無く舐め吸って、貪って。

「ああん、あああっ、麗太郎様、御主人様、ああん、好き、大好きですう」
「私も、大好き、愛してますう。ああん、御主人様、どうか、ずっとずっと、お仕えさせてくださいませ」

「んー、確かに、あの金額だと、キミたちは一生僕のモノになっちゃうかもしれないけど。でも、それもちょっと寂しいかな。みんなに買ってもらえないのも寂しいな」

「あ、あの、買います! 買わせてください! お金、ありますから!」
「ふふ、そうだね。時々は煌花にも買ってもらおう。麗花と輝夜にもね」
「はい、ありがとうございます。ぜひぜひ、買わせてください」

「でも、それ以外の時は、みんな僕のモノだ。僕がチ×ポの世話をさせるために買った女だ。みんなの身体、遠慮無く使わせてもらうよ」
「はい、どうぞ、麗太郎様のオチ×ポ様のお世話、させてください! オマ×コでもお口でも、お尻でも手でも脚でも顔でも、ご自由にどうぞ。何時でも何処でも何時間でも、私たちの身体をお使いください」
「うん」
 そして麗花にも口内射精。抜かず二発入れてあげて。

「輝夜にも二発ね」
「あ、ありがとうございます。あの、でも、麗太郎様、平等にされる必要もありませんから」
「まあね。でもとりあえず、みんなに飲ませたい」
「はい! ありがとうございます!」
 輝夜にも二発口内射精。黒髪クールお嬢様も秘撫に習って、上手に情熱的におしゃぶりしてくれて。

「ふー、気持ち良かった! さてと、それじゃ今度は桃花ちゃんたちの身体を楽しませてもらおうかな」
「はい! 麗太郎様、どうぞ」
 桃花ちゃん、白夜さん、蜜花さんが並んでお尻を突き出してくれて。

「オマ×コに挿れて欲しいのか。うん、僕もそうしたいと思ってた。ちょうど良いな」
「あんっ、ああ、麗太郎様のお好みは、少しは知っているつもりですから」
 さすがお嬢様のメイドさんたち。主人に仕えることには慣れてる。

 桃花ちゃんのオマ×コに後ろから挿れて。可愛いお尻を抱えて突いて。

「あんっあんっ、麗太郎様、どうぞ、桃花のオマ×コをお楽しみください。気持ち良くなってください」
「うん」
 桃花ちゃんのオマ×コは極上。

「ふー、桃花のオマ×コは良いな。煌花に飲ませるために、僕の精液をいっぱい搾るために鍛えたオマ×コだものね。でも今は、僕が気持ち良くなるためのオマ×コだ」
「はいっ、今だけではありません、これからずっと、麗太郎様が気持ち良くなっていただくためにお使いください!」

「そうだね。ん、桃花も気持ち良いかな?」
「最高です! 麗太郎様のオチ×ポ様、さすがです、世界一のオチ×ポ、世界一のセックスです、ああん、気持ち良い、ありがとうございますう」

「ふふ、もっと褒めて!」
「はい! 最高です、気持ち良い、天国です、オチ×ポ最高、ああん、ありがとうございますう」
 桃花ちゃんにいっぱい褒められながら中出し。

「あ、ありがとうございました。あの、麗太郎様、中出ししていただいた美味精液は、どうしましょうか」
「精液瓶に出しておいて。大事な売り物だからね」
「はい」
 ピンク髪の美少女はオマ×コに精液瓶を当て、白濁液を射出する。
 うーん、エロい。

「白夜さん、乗って。抱き合う形で入れさせて」
「はい、失礼します」
 褐色肌のボーイッシュ美少女と抱き合ってセックス。遠慮なくキスして。
「蜜花さん、背中支えて」
「はい」
 黒髪眼鏡の美女メイドさんに支えてもらう。おっきなおっぱいに背中を預けて。

「それじゃ他のみんなは、綺麗な身体を魅せて。僕が気持ち良く射精できるように」
「はい!」
 煌花、麗花、輝夜はM字開脚して。自分でおっぱいを揉み、オマ×コを広げてくれて。
 秘撫、桃花はお尻を上げて。やはりオマ×コを広げ、魅せてくれて。

「そんなにオマ×コ魅せ付けて、恥ずかしくないの? 僕に観られたいの?」
「観られたいですう、恥ずかしいですけど、麗太郎様に観ていただきたいんですう」
「ふふ、そのうち、観られるだけでイクようになっちゃうんじゃないかな」
「ああん、なりたいです! 御主人様に観ていただくだけでイク女になりたいですう、ああん」
 お嬢様たちはオナニーを始める。互いにキスし合って。

「あん、麗太郎様、オチ×ポ様が反応してます、ああん」
 白夜さんが腰をくねらせて。腰を上下させてくれて。僕も彼女のお尻を抱え、揺らして。

「ああん、白夜、うらやましいわ、麗太郎様のオチ×ポにオマ×コ奉仕して」
「麗太郎様、私のオマ×コ観てください! オマ×コだけじゃない、おっぱいもお尻も、脚もお腹も、ああん、顔も観てください、あなた様のオチ×ポが大好きで、我慢できずにオナニーしちゃってる淫乱女のアヘ顔を観てください!」
「あああっ、イク、オナニーでイっちゃう、ああん、御主人様、ごめんなさい、オシオキしてください、ああん」
 お嬢様たちの媚態がチ×ポに響く。
 そのチ×ポも褐色肌ボーイッシュ美少女メイドさんのオマ×コに包まれてて。

 このまま膣内で射精して良いんだ。彼女は中出しされてお礼を言うだろう。
 僕にとってはあたりまえのこと。何度もしてきたことだけど。

 でも気持ち良い。征服感。
 これがハーレム。僕のための美少女たち。

「ん、イけそうだ。白夜、中出しさせてもらうよ」
「はい、あんっ、ありがとうございます、白夜もイキます、御主人様の中出し、嬉しいっ!」
 そして射精。気持ち良く膣内射精して。

「白夜、ありがとう。ほら、キミの精液瓶」
「あ、ありがとうございます。ああん、大事な御主人様の美味精液、私のオマ×コで搾らせていただき、本当にありがとうございました」
 白夜さんの褐色肌に白濁液は映える。
 そんな彼女がガラス瓶に射精するのはエロくて。

 このハーレムセックスはまだまだ終わらない予感。
 もちろんそうだ。もっとする。

【定期更新日記】岩手行ってきました

☆ お嬢様たちを買ってしまうこと【お嬢様精飲ハーレム 8】

もう八回目。
お客様であるはずのお嬢様たちを買います。
ちょっと間違えて、巨額の支払いをしてしまう麗太郎君。

この物語が終わったら、次に書きたいものは決まってるのですが。
久しぶりに三人称にしようかどうか迷ってます。

さて、第四回文学フリマ岩手に出店してきました。
詩集が多めに売れました。
R18小説も一冊出たので一安心。
前回の文フリ東京より多く売れました。

盛岡は初めて行きましたが、良い感じの街でした。
チャグチャグ馬コも観て。川沿いの景色も綺麗で。
冷麺美味しい。
わんこそばにも挑戦しました。109杯。

来週は静岡文学マルシェです。
こちらは日帰りの予定になってしまったので、ちょっと忙しいかも。

☆ お嬢様たちを買ってしまうこと【お嬢様精飲ハーレム 8】

 目覚めると朝。
 また一日が始まる。

 お嬢様たちと一緒の目覚め。
 彼女たちは僕より早起きして。僕のチ×ポをしゃぶってた。
 しっかり一人ずつ口内射精してあげて。

「おはようございます麗太郎様」
「おはよう麗太郎」
「おはようございます麗太郎様。あの、お願いがあります。聞いていただけますか?」

「おはようございます、煌花様、麗花様、輝夜様。お願いって?」

「私たちを買っていただけないでしょうか。もちろん性愛師としては未熟すぎる私たちでしょうけど。でも、その、買われてご奉仕する気持ちを知ってみたいのです」

「もちろん、何でも言うこと聞くし、心を込めてご奉仕するから。お願い、買って」

「麗太郎様に買われる、その事実だけで、その、たぶんイってしまいますけど。でもだから、ぜひ買っていただきたいのです」

 シーツの上、平伏する三人の裸の美少女。
 興奮する。こんな美少女たちに、身体を買ってとねだられて。

 ぜひ買わせてもらおう。
 お金を出さなくても、いくらでもセックスできる相手だけど。
 でも、お金を出したらどうなるだろう。
 たぶん楽しい。僕と彼女たちの心が変わる。新鮮な何かを楽しめそう。

「はい、ぜひ買わせてください。ぜひ桃花ちゃん、白夜さん、蜜花さんも一緒に」

「ありがとうございます!」
 お嬢様たちの笑顔が咲く。

「あの、それでは、準備させていただきます。お待たせして申し訳ありませんが」
「はい、しっかり準備してください。楽しみだ」

 裸のお嬢様たちはうきうきした様子で出て行って。

「麗太郎様、お嬢様たちを買われるのですね。私はお邪魔でしょうね。隣室で控えておりますね」
 秘撫が嫉妬してる。

「秘撫も一緒に居て。一緒にエッチして。僕が彼女たちを買うんだから、遠慮は要らないよ。そうだ、お嬢様たちに性技を教えてあげて」

「はあ、まあ、御主人様のご命令なら仕方ありません。やらせていただきます」
 秘撫の態度が少し柔らかくなる。彼女も期待してるのかな。

 そしてシャワーとか体操とか、朝の日課を終えて。
 お嬢様たちの口座にお金を振り込んで。

「麗太郎様、準備ができたそうです。お嬢様たちはプレイルームでお待ちです」
「うん、行こう」
 秘撫を連れてプレイルームへ。

「ようこそ麗太郎様、どうぞベッドへ」
 白夜さん、蜜花さんが扉を開けてくれて。

「いらっしゃいませ、麗太郎様。どうぞ、私共の身体をご存分にお楽しみください」
「麗太郎様、御主人様、買っていただきありがとうございます!」
「心を込めてご奉仕させていただきます」

 煌花様、麗花様、輝夜様が絨毯の上に平伏してる。
 みんなエロ下着姿。可愛いお尻、綺麗な背中が見える。

「ふふ、楽しませてもらいます。でも、そんなに大げさにしなくても良いのに。何だか、赦しを求める罪人みたいですよ」

「ああん、そんな感じです! だって、麗太郎様、あんな大金を振り込まれて! 私たちは、麗太郎様や秘撫さんのような、素晴らしい性愛師ではありません。私たちの身体にそれほどの価値はありませんのに」

「価値はありますよ。みんな素晴らしい美少女で、僕のチ×ポをしゃぶるのも慣れてる。そんなみんなを買えるんだから、僕も奮発しますよ」

「その、それでも、さすがに一日分としてはあまりにも多すぎです。あの、麗太郎様が満足するまで、何日でもご奉仕させてください」
「ええ。一生かかっても良いわ。本当に、百人くらいの女の子の一生を買ってもお釣りが来る金額よ」
「本当に驚いてます。そして感動してます。本当に、私たちをこんなに欲しがっていただけたのかと思うと、気絶しそうです」

「え? そんなに?」
「はい。私も驚きました。麗太郎様、再度ご自身でご確認を」
 秘撫が見せてくれる端末には、僕が支払った金額。
 あれ? 多い。あ、桁を間違えた。しかも三桁くらい。

 まあ良いか。これでも大丈夫。僕は大金持ちだ。
 でも、これまでお嬢様たちに買ってもらってもらったお金、全部返してしまったかも。

「あの、本当に、この金額に応えるために、どれだけご奉仕すれば良いのか、想像もできません。でもでも、嬉しいです! 麗太郎様、どうか、末永く煌花の身体をお楽しみください! あ、桃花も一緒に」
「私も! 本当にこの身体、御主人様のモノだから。何でもするし、がんばって誘惑するから! 白夜も楽しみにしてるわ」
「本当に、麗太郎様に全て捧げます。蜜花にももちろん何でもさせます」

「ふー、それじゃお願いします。僕のチ×ポ、かなり期待してるから」

「はい! あん、御主人様、ご奉仕させていただきます!」

 ああ、そうだ。僕が御主人様。
 お嬢様たちに御主人様と呼ばれる。勃起が猛ってしまう。

 優しくベッドに押し倒されて。
 麗花お嬢様と輝夜お嬢様に脚をとられ、開かれて。そして足指を舐めしゃぶられる。

「んちゅ、んー、ああん、麗太郎様のお足、美味しいですう」
「んふ、ココを舐めさせていただくのは初めてです。んちゅ」
 お嬢様たちの高貴な唇が足指を咥えしゃぶる。嬉しそう。
 ああそうだ、これまではできなかったこと。やろうとしても、メイドたちが止めただろう。

「わ、私はオチン×ン様にご奉仕、させていただきます。んちゅ、んー」
 煌花お嬢様は恭しくチ×ポにキスしてくれて。舐めてくれて。

「ん、んん、んー、んぽ」
 あ、咥えた。そして唇が締め付け、滑る。
「ん、んんん、んー」
 慣れた口淫が始まる。でも、凄く一生懸命に心を込めて。
 彼女が美味精液を飲むためじゃない。僕を気持ち良くしようとして。

「ん、良いな。秘撫! この新しい僕の性処理奴隷に、チ×ポのしゃぶり方を教えてあげて」
「はい」
「ん、んんーっ!」
 秘撫が煌花様の手をとり、指を咥える。
 そして煌花様のおしゃぶりが上手になる。秘撫の最高の口淫を指に感じ、真似してる。

「御主人様、私たちもご奉仕させていただきます」
 桃花ちゃん、白夜さん、蜜花さんも僕の身体に集う。
 白夜さんと蜜花さんが乳首を舐めてくれて。
 桃花ちゃんが僕の顔の上にまたがり、可愛いお尻、オマ×コとピンクニーソの美脚を魅せてくれて。

「ああん、御主人様、いかがですか、桃花のオマ×コを観て楽しんでいただけますでしょうか?」

「うん、綺麗だ。エロく腰をくねらせたりできるかな?」
「はい、がんばります、ああん」
 ピンク髪の美少女メイドさんの腰が揺れる。ピンクニーソの美脚、太もも、お尻が揺れる。オマ×コも揺れ、蜜を溢れさせて。

「ん、僕の舌にオマ×コで奉仕して」
「ひゃい、ああんっ!」
 可愛い淫唇が降りて来て。キスして舌を差し込んであげて。
「あっあっあっ、あああっ!」
 桃花ちゃんが腰を揺らし、オマ×コで僕の舌をこすってくれて。
 彼女の鍛えた腰技が良く分かる。オチ×ポにしてもらったら凄く気持ち良いだろう。もちろん知ってるけど。
 凄い贅沢気分。美少女メイドの腰振りオマ×コ奉仕を舌で受けて。

「んちゅ、あん、御主人様のお足、こんなに美味しいなんて」
「あああん、素晴らしいです、あん」
 麗花様と輝夜様は僕の脚に抱きついて。
 麗花様は足指を舐めて。オマ×コを僕に押し付けて。
 輝夜様は足指をオマ×コに入れて刺激してくれて、おへそのあたりを舐めてくれて。

 僕の両手は、白夜さんの引き締まったお尻と蜜花さんのおっきなおっぱいを揉んで。二人は僕の乳首を舐めしゃぶってくれて。

 そして股間には煌花様。

「んっ、んっんっんっんっ、んんっ、ん」
 じゅぽじゅぽと激しい口淫が続いてる。僕のオチ×ポに唇と舌と口内で奉仕する煌花様。
 秘撫が教えるおしゃぶりは凄く上達してて。
 唇の締め付けのリズム、適度な吸引、唾液の使い方、凄く上手になってる。とっても気持ち良い。

 そして情熱。感謝と献身を感じる。それが凄く持ち良い。

 ああ、出そうかな。一発出すか。それともまだ我慢して楽しもうか。迷う贅沢。

 出そう。何発でも出せる僕なんだから。
 いや、もう我慢が限界。僕も心が高ぶってる。

 麗花様と輝夜様に脚を抱かれ舐められ、白夜さんと蜜花さんの乳房、お尻を揉みながら乳首を舐められ、桃花ちゃんにオマ×コで舌を刺激してもらって。オチ×ポは煌花様にしゃぶられて。
 全身を美少女に包まれて刺激されてる。
 このまま射精して良い。お仕事じゃない。義務じゃない。ただ気持ち良くなれば良い。
 ああ、出る!

「ん、んーっ! んぷ、んあ、んー」
 煌花様のお口に口内射精。
 しっかり受け止めてくれる。

「ん、もっと。煌花以外は交代して」
「はい!」
 煌花様の頭を抱えて逃がさない。
 そして他の女の子たちは位置を変えて。

 今度は麗花様、輝夜様に乳首を舐められ、オマ×コに指を挿れて。桃花ちゃん、蜜花さんに脚を抱かれて舐められて。
 白夜さんはキスしてくれて。ボーイッシュ褐色美少女の美貌を見ながら楽しんで。

「あっあっあっ、御主人様、イキます、イかせていただいてよろしいでしょうか?」
「みんな、どんどんイって。でも、イったら教えて」

「はい、申し訳ありません、御主人様に買っていただいた女なのに、こんなにイってしまいます、あああっ!」
 麗花様、輝夜様はイってしまって。
 僕も煌花様のお口に二発目を出して。

「ぶはっ、あん、んちゅ、んー、ああっ、御主人様、美味しい精液、いっぱい、ありがとうございましたあ」

「煌花、僕の美味精液のお値段、知ってるよね。こんなにお口に出してあげるのは、大金をあげたようなものだよね。キミたちを買うために、あれだけのお金を払ったけど、更に追加しちゃったね」

「あああう、その通りでございます、あん、御主人様のお射精をいただくことは、大金をいただくことと同じですう」
「その分のお金で、キミたちをもっと買えるかな。キミたちに射精し続けたら、キミたちはずっと僕のモノかな」
「あああん、そう、その通りです! とても返せないの、この身体でお返しするしかないの、あん、ずっとずっと、ご奉仕させてください!」

「御主人様、私も! 私のお口も、あなたのモノなのよ」
「私もです!」
 まだまだ萎えないチ×ポにしゃぶり着いて来る麗花と輝夜を受け止めて。

【定期更新日記】もうすぐ文フリ岩手

☆ 夜のご奉仕【お嬢様精飲ハーレム 7】

前回の続き。夜のご奉仕です。

自分から求めるセックスと、買われてするセックスは違う。
それはそうでしょう。
どちらも楽しめる麗太郎君は果報者です。

おかげで、この物語の着地点がやっと見えてきました。

次の日曜日は文学フリマ岩手に出店します。
エ14 美少女夢世界 です。
告知記事

岩手は始めてです。
楽しみです。