徒然ハーレム系小説連載中

少年一人 少女多数
徒然にハーレム系小説を連載しています。(R18)
火曜日金曜日に定期更新予定です。

気に入っていただけたら、【GOOD!】ボタンをどうぞ。
外部に送信はされません。作者が喜びます。

○同人誌即売会参加予定
2018年11月25日(日) 第二十七回文学フリマ東京
 ウ-37 美少女夢世界 Webカタログ
2018年11月25日(日)COMITIA126
 あ36b 美少女夢世界
以上、同日ですが、空色書房様と合同で両方に参加予定。
夢原は文学フリマ東京を担当します。コミティアは空色書房の添牙さんにお任せです。
添牙さんとの合同誌、【野外露出ハーレム】を出す予定です。新刊です。

コミックマーケット95
 土曜日 西地区“ね”ブロック-09a 美少女夢世界 Webカタログ

2019年1月20日(日)第三回文学フリマ京都 参加予定
2019/03/21(木)第8回 Text-Revolutions 参加予定
2019年05月06日(月) 第二十八回文学フリマ東京 参加予定


小説記事の前後リンクは、同じ物語の前後につながっています。
初めての方は、適当な物語を最初から読んでみることをオススメします。

○進行中のオススメ物語
【☆ お嬢様おしゃぶりハーレム】
黒髪ロング、金髪ツインテ、白髪ショート、三人のお嬢様の性処理係になることになって。
でもセックスは禁止。しゃぶりたがるお嬢様たちに応えて。

【☆ お嬢様おしゃぶりハーレム】in ノクターンノベルズ

【☆ お嬢様おしゃぶりハーレム】in pixiv

○最近の物語(完結済)

【淫暴嵐舞~ハーレム武闘会~】
女装の性愛闘士、麗雅(れいが)は淫嵐武闘会に挑戦します。
花撫手(かなで)と呼ばれる愛舞技と、超強化した男性器を武器として。
美少女性愛闘士たちに勝ち、相手を性奴隷にするために。

【☆ 覇道の姫君と淫獄の王子~売国ハーレム~】
人間界を統べるお姫様の弟にされ、他の国のお姫様をいじめろと言われて

【☆ 転生淫女】
はぐれ性愛師のトーヤは、女性を美しい淫女として生まれ変わらせる秘法を完成して。
七つの罪をそれぞれ抱える淫女たちでハーレムを目指します。

その他にも多数の物語があります。
【小説一覧】をどうぞ


ブログ的日記記事 【定期更新日記】

詩のブログもありますが、あまり更新されません。
【何時も通りの夢見る日々】 夢原銀河の詩のブログ


電子書籍も制作しています。ぜひどうぞ。
【夢原銀河のkindle書籍(Amazonの著者ページ)】

【夢原銀河の電子書籍 in BOOKWALKER】

DMM、DLSite.comダウンロード販売もしています。こちらはPDFになりますが、同人誌版に近いです。
美少女夢世界作品DL販売 in DMM
美少女夢世界作品DL販売 in DLSite.com

制作著作:夢原銀河

【告知】11月25日第二十七回文学フリマ東京・コミティア126 ミニポスターなど

11月25日(日)、第二十七回文学フリマ東京・コミティア126 用のミニポスターを作成しました。

当日のスペース番号
文学フリマ東京 ウ37 Webカタログ
コミティア あ36b
どちらもお隣の空色書房様と合体スペースになります。

夢原は文フリ担当です。
コミティアの方は添牙さんにお任せします。
コミティアには夢原は居ませんので御注意を。

新刊、【野外露出ハーレム】
空色書房、添牙いろは様との合同誌です。

9月文フリ大阪新刊の三冊ももちろん持って行きます。
以下のポスターは文フリ・コミティア用にスペース番号が違うだけです。

【定期更新日記】我慢を弾けさせる

☆ お嬢様たちとの初夜【お嬢様おしゃぶりハーレム 7】

立場逆転して、お嬢様たちとのセックスができるようになって。
もちろんやります。
ずっと我慢してたことが、できるようになったのだから。

冬コミ新刊として、【淫暴嵐舞~ハーレム武闘会~】の同人誌を作り始めました。
表紙は友人、つるち氏に依頼。

その前に、文学フリマ東京とコミティアもあります。
新刊、【野外露出ハーレム】は無事に完成。
印刷所さんから届いています。

11月は文学フリマ東京、コミティア。
12月は冬コミ。
来年1月は文学フリマ京都。
またしばらくイベントが続く予定です。
楽しみです。

☆ お嬢様たちとの初夜【お嬢様おしゃぶりハーレム 7】

「叶姫音と花夏もキスするよ」
「はい!」
 金髪の叶姫音様と白髪の花夏様。明るい感じの美少女お嬢様二人と一緒にキス。
 彼女たちはやっぱりイってしまって。お口でイケる練習の成果。

「ああん、あぐっ、響太郎様のキス、最高です」
「あふう、ああん、お口でイケるようになってて良かったです」

「さてと、舞月姫!」
「はい」
 緑髪の僕専属メイドさんは神妙な表情。何と言うか、罰を待ってるような。

「舞月姫は僕の正体、知ってたんだね」
「はい。申し訳ありませんでした、隠してしまって。でも確実な証拠が得られるまで、待たせていただきました」

「理由はそれだけじゃないでしょ。舞月姫は僕に、お嬢様たちを愛してくださいって言ってたよね。大金持ちになった僕が、それでもお嬢様たちを捨てたりしないように、そのためでしょ。僕が奈津妃様たちから離れられなくなるように、時間を稼いでたんでしょ」

「あうう、その、あの、その通りでございます! 響太郎様を籠絡するために隠してました! ああん、申し訳ありません、こんな大事なことを隠すなんて。ああん、舞月姫のせいです、どんな罰でも受けます」

「罰か。そうだな、それじゃ、僕が他の娘とエッチするのも手伝って。僕が気持ち良くなることを第一に考えて。僕が他の娘とエッチしてるのを観てるだけでイっちゃう、そんなエロ専属メイドになって」

「ああああん! そんな、それは、その、非道いです! でも従います! ああん、他の女とのエッチを観るだけでイケるようになんて、ああん、そんな、でも、練習します! イケるようになって魅せます! あの、そのために、響太郎様のエッチを観ながらオナニーさせていただきますね」
「うん、がんばってね」

「それじゃ奈津妃、叶姫音、花夏、セックスしよう!」
「はい!」

 僕たちはベッドになだれ込む。もう我慢なんて無理。
 お嬢様たちはメイドに脱がせてもらって。僕も。

 そして三人の美少女が裸になって。
 黒長髪の奈津妃様、金髪ツインテの叶姫音様、白髪ショートの花夏様。
 お嬢様たちの全裸を観るのは初めてだ。綺麗だ。

 彼女たちは脚を上げ、オマ×コを開いて。もうどろどろだ。お漏らししたみたいに濡れてる。

「御主人様、響太郎様、どうか、私たちのオマ×コに、あなた様のご立派なオチン×ン様を入れてください! ああん、お願いします、オマ×コして! セックス、してください!」

「もちろんするよ。でもちょっと」
 僕は奈津妃様のオマ×コに顔を近付ける。良い香り。香水?
 舐めてみる。ああ、美味しい。甘い味付けがされてる。

「あひっ、ああああっ、そんな、響太郎様、奈津妃、イっちゃう! イってしまいますう」
「ん、んちゅ、美味しいな。こんな甘い蜜を入れてあるのは、僕に舐めてもらうためでしょ」
「ああん、それもありますけど、ああん、オチン×ン様にも甘くなっていただくためです! ああん、入れて、入れてください」

「奈津妃様、御主人様に強制する権利はありませんよ。あなたはもう、此処で一番偉い人ではありません。響太郎様のされること、御命令、全て受け入れなくてはなりません」
 留佳さんが奈津妃様を撫で、なだめてる。

「あん、そう、そうなんです、私は響太郎様の性処理係、性奴隷、肉便器なんです! でも、ああんっ、御主人様、奈津妃のオマ×コ、使っていただけないのですか? 響太郎様のオチン×ン様を入れてもらえる、入れてもらって良いの、できるようになったの! 諦めてたことをできるのに、ああん、して、してくださいませ、ああん」

「もちろんする! 僕だって我慢してた、凄くやりたい! でも、奈津妃のオマ×コ、凄く憧れてたんだ、だから、入れる前に味見しておきたくて」
「あんっ、ああ、ありがとうございます、ああん、嬉しい!」

「それじゃ入れるよ」「はいっ!」
 ベッドで大きく脚を開く黒髪お嬢様。彼女は凄く期待してる。僕のオチン×ンを待ってる。
 僕も凄く期待してる。奈津妃様のオマ×コ。諦めていたそこに入れられる。

「んあっ!」「あああああっ」
 入れた。入れた瞬間、出ちゃった。射精しちゃった。
 ああ、もったいない。でも凄く気持ち良い。

「あああっ、響太郎様の精液が、私の奥まで、あああん、素敵、嬉しい、あっ」
「ごめん奈津妃、入れただけで出ちゃった」
「良いんです、ああん、私もイってしまいましたから、あふ、ああん」

「むー、僕はちょっと不満だ。もっとじっくり、奈津妃のオマ×コを愉しみたかった。だから、もっとするよ」
「はいっ!」
 オチン×ンはすぐに復活。いや、萎えなかった? ぬるぬるのオマ×コの中、動き始めて。
 あああ、良い。かなり締まりが良くて、でも柔らかで。それに何と言うか、フィット感。ぴったりサイズな気分。

「あっあっあっあっ」
「ん、奈津妃のオマ×コ、良いよ。毎日何回もしたくなるな」
「ああん、してください、あん、私はあなた様の女ですから、あん」
「んっ」「んあっ」
 キスする。唾液を流し込み、舌を絡めて。おっぱいも揉んで。優しく乳首を撫でて。

「んあっ、んぶっ、あひっ、ひっひっ、ひああああっ!」
 キスでイケる奈津妃をイかせて。そして止めない。
 お口で、乳首で、おっぱいで、そしてオマ×コで。全身でイかせる。イきまくらせてやる。

「んぶっ、ああああっ、響太郎様、こんな、凄すぎ、ああああっ! 奈津妃、死んじゃいます! 壊れちゃいます! ああああん、ああん、あああん、ダメ、離れたくないの、ずっと一緒に居たいのにい!」
「ずっと一緒だ! ほら奈津妃、僕もイくよ。一緒にイって」
「はいっ、あふ、ふああああっ!」
 またキスして。舌を絡め合って。
 お口とオマ×コ、同時にイかせる。そして僕も射精するつもり。

「んなあああっ!」「んぶっ」
 盛大に膣内射精。奈津妃はびくんびくんと震えて。

「なっ、んなっ、ああっ、あっ、あああ」
「ふー、奈津妃、ごめん、大丈夫?」
「あああ、生きてる、あああん、大丈夫です、ああ、凄かったです、ああん」
 僕の腰に優しく脚を絡め、抱き付いて来る奈津妃。笑みを見せてくれて。

「良かった。ごめんね、やりすぎちゃったみたいで」
「かまいません、私は響太郎様の性奴隷ですから」
「むー、奈津妃はそういうのが好きだろうけどさ。まあ、性奴隷と言って良いのだろうけどさ。僕のこと、好き?」
「大好きです! 愛しております! ずっと好きでした!」

「僕も好きだ。愛してる。でも、ああ、そうか。そうだ、愛し合ってても、これまではセックスできなかったんだよね。僕の性奴隷、そんな立場になってくれたから、こうしてセックスできるようになれたのか」
「そうです。愛だけでは足りない、面倒な立場の女でした。響太郎様、色々とご面倒をおかけし、申し訳ありません」

「それじゃ、もう一回するよ。今度はラブラブにね」
「ああっ、はいっ! ああん、好き、好き、大好き!」
 僕の腰に絡む彼女の脚。逃げられない僕のオチン×ンは、彼女のオマ×コに入ってて。気持ち良い。動いてしまう。
 やがて射精してしまうだろう。逃げられない僕、膣内で射精するしかない。

「あんっ、あんっ、好き、大好き、ああん、このままずっと、奈津妃の中に居てください、ああんっ」「ん、それは無理だな。叶姫音や花夏、舞月姫、留佳、愛花、秘撫、みんな待たせてるし」
「ああんっ、そんな、私のこと好きだって言ってくださったのに」
「うん、好きだ。みんなも好きだ」
「ああああっ、非道い御主人様、ああん、でも好き、大好き!」
「僕も好きだよ。奈津妃、大好きだ!」
 愛をささやき合いながら一発。また奈津妃の膣内に注ぎ込んで。

「あふっ、はひっ、ああん、凄い、オマ×コ凄い、セックス凄い、ああん、ありがとうございましたあ」
「こちらこそ、ありがとう舞月姫。とっても良かった。こんな良いオマ×コ、使い放題なんだね。嬉しい」
「あああん、そんな、ああん、私こそ、嬉しいです!」

【定期更新日記】予定が立ってきた

☆ お嬢様たちの事情【お嬢様おしゃぶりハーレム 6】

お嬢様たちの事情を聞いて、がっかりして。
諦めて、でもできることで愛すると決めて。

そんな響太郎君が、お嬢様たちの御主人様に。
舞月姫さんはどうやら、そのことを知っていたようですが。

この後、やりまくるだろうなあ。
響太郎君もお嬢様たちも、我慢なんてできないでしょう。

イベントの予定が決まってきました。

次回イベント参加は、11月25日の文学フリマ東京とコミティアです。
空色書房の添牙いろはさんと手分けして参加します。
夢原は文フリ担当です。
コミティアには居ません。申し訳ありません。

今回の文フリ、コミティアでは、添牙さんと合同誌を出します。
同人誌新刊 野外露出ハーレム

冬コミも当選しました。
コミックマーケット95
土曜日 西地区 ね09a 美少女夢世界

コミケは合体申し込みしてないのに、また空色書房さんと隣みたいです。

冬コミに向けて、新刊を制作中です。
【淫暴乱舞~ハーレム武闘会~】を同人誌化する予定。
友人、つるち氏に表紙イラストを依頼しています。

【淫暴乱舞】はお気に入りなので、ぜひたくさんの方に読んでいただきたいです。

☆ お嬢様たちの事情、そして僕の事情【お嬢様おしゃぶりハーレム 6】

「あふ、お口に射精してもらってイけました、あん、感動です! あんっ」
「これで私たちのお口、オマ×コの代わりになれますね。良かった。オマ×コに入れてもらえなくても大丈夫ね」
「響太郎さん、ありがとう」

 お嬢様たちは満足そう。
 でも僕はどこか満たされない気分。

 お嬢様たちのオマ×コには入れてはいけない。
 だからお口に咥えて、お口でイけるようにする。

 まあ、解らなくもない。
 でもそこには、お嬢様たちの我慢も見える。

 本当はオマ×コでセックスしたいのだろう。でも我慢してる。
 その我慢は、どうにかしてあげられないのだろうか。

 それに、僕だってやりたい。お嬢様たちとセックスしたい。オマ×コに入れたい。
 日々強くなるその想い。
 我慢はする。その我慢をメイドさんたちのオマ×コにぶちまける。
 でも、消えない想い。

「あの、お嬢様、奈津妃様、叶姫音様、花夏様。その、やっぱり、オマ×コには入れちゃいけないのですよね」
「ええ、申し訳ありません。代わりにメイドたちにお相手させますので」

「それは、ありがとうございます。それは嬉しい。でもお嬢様たちは、僕とセックスできたら嬉しいですか?」
「はい、嬉しいです。でも、それは遠い憧れです。私たちはそのうち、お金持ちの男性に嫁ぐか、愛人の一人になるでしょう。それまでセックスは禁じられております」

「何で? 奈津妃様たちなら、お金には困らないはずだ」
「ええ。でも、そんな私たちでも破滅させることができるような、もっと凄いお金持ちもいらっしゃいます。そんな方に嫌われず、協力を得るためには、お金は役に立ちません。でも私たちがその人の妻や愛人になるなら、助けてもらえるでしょう」

「そんな、こんな凄いお金持ちのお嬢様なのに」
「だからですわ。家や一族、そして使用人たちも護らなくてはならないのです。ふふ、そんなお顔をなさらないでください。私たちは納得していますから」
 そう言う奈津妃様には、深い落ち着きが見えて。とっくに考え抜き、諦め、納得していることなのだろう。

「そうですか。それじゃ僕の役目も、それまでなんですね。いつか、お別れすることになるのですね」
「ええ。そう遠い未来ではありません。私たちも年頃ですから。その時はもちろん、それなりの報酬をお支払いします。そしてこの館とメイドたちは、あなたにお譲りします」

「え? この館をもらえるのですか?」
「はい。私たちには不要になりますし、メイドたちにも新しい御主人様が必要でしょうから。どうかそれまで、私たちの相手をお願いします」

 近い未来、僕はこの館の御主人様になれるらしい。メイドハーレムの御主人様に。
 凄いことだ。喜んで良いことだろう。
 でも何だか、世界が色あせたような気分。お嬢様たちとは、ずっと一緒には居られない。

「申し訳ありません、失望させてしまったみたいですね。でもいつか、お伝えしなければならないことでした」
 奈津妃様が頭を撫でてくれる。

「それじゃ響太郎様、今日はここまでです。ありがとうございました」
 お嬢様たちは静かに出て行く。
 そして舞月姫さんが抱きしめてくれて。

「響太郎様、大丈夫です。希望はあります」
「希望って、何? お嬢様たちと一緒に居られるの? どうして? どうやって?」

「それはまだ、お話できません。でも上手くいけば」
「何かあるの? 舞月姫さん、何か、お嬢様たちも知らない何か、知ってるの?」
「ええ。ですから、後は私に任せて、あの、お嬢様たちを愛してくださいませ」
 舞月姫さんの眼に決意が見える。

「うん、任せる。信じるよ。考えてみれば、がっかりしてしまうなんて失礼なことだった。僕はただ凄く幸運なだけなのにね」
「ゆっくりお休みください。心にも休養は必要です」
「うん」
 舞月姫さんを抱きしめて。彼女も抱きしめてくれて。

 僕は幸運だ。お嬢様たちのお口に射精させてもらえて。
 舞月姫さんや留佳さん、愛花さん、秘撫さん、そして他のメイドさんたちともセックスできて。

 与えられるばかりで、何も返せない僕。お嬢様たちとこれ以上のことを望むなんて、身の程知らずだ。
 お嬢様たちの境遇を悲しむのも失礼だろう。彼女たちは納得してる。それに相手が非道い人とは限らない。立派な人に嫁ぎ、幸せになれるのかもしれない。

 舞月姫さんとキスして。他のメイドさんたちも集まって来て。一人が優しくしゃぶってくれて。他のみんなも、優しく包んでくれて。
 ああ、癒される。

 色あせていた世界に、生気が戻って来る。僕はできることをするしかない。
 お嬢様たちをできる限り受け止めたい。愛したい。

「舞月姫さん、希望はあるって言ってたね。期待してるよ。僕にできることがあったら、何でも言って」
「それでは、お嬢様たちと私たちを愛おしんでくださいませ。愛してください。忘れられない思い出にしてください」
「うん、それじゃ、いっぱい愛させてもらう」

 舞月姫さんのおっぱいを揉みまくって。キスしまくって。オマ×コに入れてもらって。柔らかな膣内を突きまくって。
 お嬢様たちにはできないことをさせてもらって。いっぱい膣内射精して。
 舞月姫さんだけじゃない。メイドさんたちみんなとする。
 みんな可愛い。綺麗。しかも僕とのセックスを望んでくれて、楽しんでくれて。

 そして次の日も、お嬢様たちに咥えていただいて。
 いっぱい口内射精する。お口でイかせて差し上げる。

 しゃぶり続けてくれるお嬢様たち。
 僕は彼女たちの髪を撫でて。

 こうして股間で手を動かしてると、オナニーしてるような気分にもなる。撫でることでうごめく特殊なオナホールを使ってるような気分。
 そんな想いは失礼だ。もちろん言わない。でも、そんな失礼な想像がオチン×ンを猛らせる。それはお嬢様たちも喜んでくれること。

 そしてメイドさんたちとセックスして。お嬢様がくれたハーレムを愉しんで。
 そんな日々が続いて。

 やがて、その時は来た。

「響太郎様! 失礼します!」
 凄い勢いでお嬢様たちが入って来て。
 見知らぬスーツ姿の女性が一緒だ。綺麗な人だな。どこかの秘書さんみたいな雰囲気。

 そして平伏する。奈津妃様、叶姫音様、花夏様が厚い絨毯に額をすりつけるように頭を下げて。
 メイドさんたちも平伏してる。

「え? 奈津妃様、どういうことですか?」
「響太郎様、あなた様は、特別な方であることが判明いたしました。これまでのご無礼、お詫びいたします」

 スーツ姿の女性が立ち上がって。書類を見せてくれて。
「響太郎様、あなた様は、ある一族の正当な後継者であることが判明いたしました」
「どういうことですか?」

「大金持ちの遺産を受け取ると思っていただければ、だいたい合っています。奈津妃様、叶姫音様、花夏様の一族より、もっともっと大きく裕福な一族です」
「はあ?」
 鼓動が速くなってしまって。その後の説明はあんまり頭に入らなかった。
 でもとにかく僕は、奈津妃様たちよりかなり凄い大金持ちのお坊ちゃまだったらしい。

「えっと、その、それで、どうなるの?」
「知らなかったとはいえ、響太郎様を性奴隷のように扱うなど、あってはならないことです。そのことを不問にするため、奈津妃様たちの方が響太郎様の性奴隷であったと言うことにしましょう」
「え、そんな、それで良いの?」
「ええ。奈津妃様たちのご両親も喜ばれています。娘が愛人になれることを喜ぶ、響太郎様はそんなお立場の方です」
「あうう」

「それで僕はどうなるの? その、財産を継いでしまったら、色々大変なんじゃないの?」
「それは大丈夫でしょう。そのあたりに慣れたお嬢様たちが助けてくださるでしょうから」
「あうう」

「あの、奈津妃様、叶姫音様、花夏様、それにみんな、顔を上げてください! あの、それで」
「響太郎様、数々のご無礼、申し訳ありませんでした。私たちを愛人として、性奴隷として、もらっていただけませんか?」
 奈津妃様たちの期待する眼。勃起が痛いくらい張り詰める。

「それじゃその、よろしくお願いします」「はい!」
 お嬢様たちの笑顔が咲く。初めて観る、本当に嬉しそうな笑顔。

「響太郎様、あの、あの、私の、私たちの身体、あなた様のモノです。だからその、あの、ああああっ、あの、あの、ああんっ」
 奈津妃様が真っ赤になって。頭から湯気が上がりそう。

「あああ、響太郎様が奈津妃の御主人様、あああ、ああん、こんな、こんなことって、本当に、凄い」
 ついに溢れ出す鼻血。留佳さんがハンカチで押さえて。

「あふっ、申し訳ありません、興奮しすぎてしまいました」
「いや、かまわないよ。ねえ奈津妃様、何を想像したの?」
「あああ、あの、その、響太郎様のあの立派なオチン×ン様が、私のオマ×コに入って来てくださることを、ああああっ!」
 びくびく震える奈津妃様。まるでイってしまったみたい。
 僕だって射精しそうになる。まさか、お嬢様たちとセックスできるようになるなんて。

「ああっ、申し訳ありません、想像しただけでイってしまいました、あん」
「仕方無いなあ。ほら、もっとこっちに来て。叶姫音様と花夏様も」
「はいっ!」「はい!」「はーい!」

 奈津妃様を引き寄せて。キスする。唇にキス。
 これまでは禁じられていたこと。

「んっ」「んあ、んちゅ、ん、れろっ、ん」
 すぐに舌を絡め合って。唾液を奪い合い、与え合って。
 お嬢様の舌は情熱的。興奮が伝わって来る。

「んっ、んんんっ、んあっ、んんああっ!」
 びくびく震える黒髪美少女。イったかな。
 そう、この娘はお口でイケる。こんなに興奮してたら、キスだけでイっちゃうだろう。

「んぷはっ、ああん、申し訳ありません、奈津妃だけイってしまいましたあ、ああん」
「ふふ、それは良いよ。仕方無い。お口でイケるように練習したものね」