徒然ハーレム系小説連載中

少年一人 少女多数
徒然にハーレム系小説を連載しています。(R18)
火曜日金曜日に定期更新予定です。

気に入っていただけたら、【GOOD!】ボタンをどうぞ。
外部に送信はされません。作者が喜びます。

新しい物語を始めました。
【☆ 覇道の姫君と淫獄の王子~売国ハーレム~】
人間界を統べるお姫様の弟にされ、他の国のお姫様をいじめろと言われて

○同人誌即売会参加予定
2018年8月19日(日)COMITIA125 K14a 美少女夢世界

2018年9月9日(日)第六回文学フリマ大阪 E-14 美少女夢世界
2018年9月22日(土) 本の杜13 参加予定
2018年11月25日(日) 第二十七回文学フリマ東京 参加予定
2019年1月20日(日)第三回文学フリマ京都 参加予定


小説記事の前後リンクは、同じ物語の前後につながっています。
初めての方は、適当な物語を最初から読んでみることをオススメします。

○進行中のオススメ物語

【☆ 覇道の姫君と淫獄の王子~売国ハーレム~】
人間界を統べるお姫様の弟にされ、他の国のお姫様をいじめろと言われて
今回、試験的にノクターンノベルズとpixivにも投稿しています。
【覇道の姫君と淫獄の王子~売国ハーレム~】in ノクターンノベルズ

【覇道の姫君と淫獄の王子~売国ハーレム~】in pixiv

○最近の物語(完結済)

【☆ 転生淫女】
はぐれ性愛師のトーヤは、女性を美しい淫女として生まれ変わらせる秘法を完成して。
七つの罪をそれぞれ抱える淫女たちでハーレムを目指します。

【☆ 夢想家のハーレム】
ハーレムを夢見る好一郎は性技と性力、魅力を鍛えて。そんな彼の元に妖しいメイドさんが現れ、ハーレムを手伝ってくれて。

【☆ 安楽な淫魔王子】
令愛はかなり下位の淫魔王子であることが判明して。小さいながらもハーレムを得ます。

その他にも多数の物語があります。
【小説一覧】をどうぞ


ブログ的日記記事 【定期更新日記】

詩のブログもありますが、あまり更新されません。
【何時も通りの夢見る日々】 夢原銀河の詩のブログ


電子書籍も制作しています。ぜひどうぞ。
【夢原銀河のkindle書籍(Amazonの著者ページ)】

【夢原銀河の電子書籍 in BOOKWALKER】

DMM、DLSite.comダウンロード販売もしています。こちらはPDFになりますが、同人誌版に近いです。
美少女夢世界作品DL販売 in DMM
美少女夢世界作品DL販売 in DLSite.com

制作著作:夢原銀河

【同人誌】文学フリマ大阪 新刊予定

9月9日日曜日 の 文学フリマ大阪 で新刊同人誌を出す予定です。
【転生淫女】500円
【夢見る淫魔王子~拘束淫技特訓ハーレム~】300円
【夢想家のハーレム】400円


表紙イラストをつるち氏に描いていただきました。


表紙イラストをドラム缶bot様に描いていただきました。

今年は3ヶ月毎に二、三種の新刊を作ってます。
冬コミに受かったらまた作ってしまうのだろうか。
多すぎるのかなあ。

【告知】コミティア125ミニポスター

8月19日日曜日に東京ビッグサイトで行われるCOMITIA125にサークル参加します。
K14a 美少女夢世界 です。

当日用のミニポスターを作りました。
夏コミ用のポスターをリニューアル。

サークル名だけでなく、作家名も入れてみました。
作家名のみで認識されてる場合も多いらしくて。
夏コミでお隣だった空色書房の添牙さんからお聞きしたことです。
ありがとうございます。

既刊7冊セットも継続します。残り3セット。

【定期更新日記】慌ただしい夏

☆ 女王様なお姉ちゃんをいじめてあげること【覇道の姫君と淫獄の王子~売国ハーレム~ 2】

二回目はまだ魅夜美お姉ちゃん。
いじめてあげて。
魅夜美が求める、お姫様たちをいじめることの練習?

夏コミが終わって、すぐにまたコミティアがあります。
コミティアが終われば、またほどなく文フリ大阪。
文フリ大阪にはまた新刊同人誌を三種も作る予定で。
そしていつもの連載も続けて。

なかなか忙しいと言うか、慌ただしい感じです。
でも、夏だから。
たぶん自分が調子良い季節ですから。

☆ 女王様なお姉ちゃんをいじめてあげること【覇道の姫君と淫獄の王子~売国ハーレム~ 2】

「それでね、お姉ちゃんね、オマ×コが寂しいの。恋音のオチン×ン入れて欲しいの。してくれる?」

「もちろん! 僕だって我慢できない!」
 僕は魅夜美お姉ちゃんを押し倒して。乱暴に脚を開いて。
「あんっ! んふふ、いっぱいして良いからね」

 早くオマ×コに入れたい。射精したい。我慢できない。オチン×ンが破裂しそう。
 お姉ちゃんのオマ×コは無毛で綺麗で。ちょっと綺麗すぎる気もする。でも、そんなことを考えてる余裕は無くて。僕は焦って突入して。

「あんっ! ああん、恋音のオチン×ン、大きくて、ああん、嬉しい!」
「あっあっあっ、魅夜美お姉ちゃんのオマ×コ、凄い、最高!」

 僕はガンガン動いてしまう。腰が止まらない。
 そしてオチン×ンがくにゅくにゅこすられる。入り口の締め付け、吸引力、そして内部で何かが絡み付く感触、全て極上。凄いオマ×コだ。

「あん、ああんっ、あんっ、どう? お姉ちゃんのオマ×コ、気持ち良い?」
「とっても良い!」
「んふふ、これが支配者のオマ×コよ。あなたは今、人間界を支配してる女王のオマ×コを突いてるの。ああん、恋音のオチン×ンも最高!」

 そうだ。魅夜美様は人間界をまとめ上げて。モンスターの勢力にも対抗できる大王国を造り上げた。おかげでみんな、かなり平和に暮らせてる。

 そんな凄い人のオマ×コをこんなにいっぱい使ってしまっている。彼女も気持ち良さそうにあえいでくれてる。ああ、良い。

「あんっ、あんっ、ああっ、イっちゃう! ああん恋音、私がイっちゃっても止めなくて良いからね。あなたが気持ち良く射精できるまで使って」

「ああっ、僕もイきます、魅夜美お姉ちゃんのオマ×コにいっぱい射精するよ、ああっ!」
 魅夜美お姉ちゃんのイき顔ははしたなくて、エロ可愛くて、そしてそれでも綺麗で。僕は彼女のオマ×コにたっぷり射精。

「ああああっ! 凄い、恋音の熱い精液、いっぱい来てる! 幸せ!」
「んんっ! 僕も幸せだ、ああっ」
 射精は止まらず、しばらく出続けて。綺麗なオマ×コから白濁液が溢れる。あの性力剤、本当にヤバい強力さだな。

「んっ、あっ、オチン×ンが、まだ収まらないみたいだ」
「あんっ、んふ、周りにたくさん女が控えてるわよ。好きなだけ使いなさいな」

「あのっ、魅夜美お姉ちゃんと、もっとして良い?」
「あら、私にもっとしてくれるの? ふふ、もちろん良いわよ。ほらほら、お口? それともオマ×コ?」

「両方。ねえ、魅夜美お姉ちゃん、僕に性力剤を飲ませたの、お姉ちゃんの指示だよね。指示しなかったとしても、お姉ちゃんの責任だよね。責任とって」
 僕は魅夜美お姉ちゃんの頭を捕まえて。勃起を唇に押し付けて。

「あんっ、もちろん責任取るわ。んふ、嬉しい! んっ、あっ、んふふっ、そうよ、それで良いの。恋音は女に遠慮しないでね。頼もしいわ。んちゅ、んっ」
 魅夜美お姉ちゃんは素直に咥えてくれて。舐めしゃぶってくれて。

「んんっ、魅夜美お姉ちゃん、気持ち良い? 満足できそう?」
「あんっ、ええ、良いわ。ねえ恋音、もっと乱暴にしても良いからね。お姉ちゃんの身体、性奴隷として調教されてるから、痛いくらいにされても気持ち良いから」

「して欲しいならするよ。ねえお姉ちゃん、痛いくらいにして欲しい?」
「ああっ、お願いします、恋音なら良いの、恋音だけよ、お願い、お姉ちゃんをいじめて!」

 そうだ、僕だけだ。人間界の女王である魅夜美お姉ちゃんをいじめるなんて、他の者にはできないだろう。

「よし、それじゃ、まずはどのくらいオチン×ンに慣れてるか確かめてあげる。自分で喉奥まで使ってご奉仕できる?」

「ひゃい! ああん、じゅぽっ、んんっ、じゅるっ、んぽっ、んっ」
 お姉ちゃんは僕の勃起を根元まで飲み込んで。当然、先端は細い喉奥に達してる。それでも大丈夫らしい。うっとりした表情。

 そして激しく頭を振って。唇と舌と喉で激しくしごいてくれて。

「さすがだな。このくらいしても大丈夫なのか。それじゃ僕もしてあげるよ」
「んぶっ、ああん、ありがとうございまふ!」

 僕はお姉ちゃんの頭を押さえて、自分で腰を振ってみる。ああ、気持ち良い。
 そしてまたいっぱい射精してしまう。世界の女王のお口の中で。

「ああっ!」
「んぐっ、こくっ、んんっ、ぷはっ、ああん、ありがとうございます! 魅夜美のお口に、美味しい精液をいっぱい飲ませてくださって。こくっ、ぷはっ、全部飲み干しましたあ」
 魅夜美お姉ちゃんはお口を開けて魅せてくれて。

「んふふ、懐かしいわ。こうやってお礼を言わないと、殴られたり蹴られたりしたものよ」
「そんなことしないから。お礼なんて言わなくても良いよ」

「んふふ、そうね。でも恋音、どう? 精液を飲ませてお礼を言われるの、気持ち良かった?」
「それは、まあ」

「んふふ、みんな言うわよ。あなたに精液を飲ませてもらったら、必ずお礼を言うようにするわ。法律でそのように決めましょうか」
「法律はダメだよ。魅夜美お姉ちゃんの評判が落ちるよ」
「んふ、ありがとう。でも必ず言わせるわ。どんな女にでも」

「魅夜美お姉ちゃん、あんなに喉を突かれて、それでも飲み干してお礼を言う時、嬉しそうだったね。変態なんだね」
「あん、恥ずかしい。でも、そうなの。恋音、恋音様、もっといじめてください! 激しくして、厳しくして。理不尽に叩いても良いわ、罵っても良いの」

「叩かれたいの? それじゃお尻、上げて」
「はい! あん、いっぱい叩いてください、ああん」
 僕は魅夜美お姉ちゃんのお尻に手のひらを打ちつける。ぺちーんと響く音。

「あんっ! ああん、響くわ、オマ×コに響くわ、あん、ああ、気持ち良い、イケそう」

「気持ち良いの? それじゃお礼は?」
「ああ、ありがとうございます、もっとしてください! 御主人様、魅夜美のお尻をもっと叩いてください!」
「うん」
 ぺちーんぺちーんと叩いてあげる。良い感触。

「あっあっあっ、イケそうです! もっと、もっと」
「イくのは僕のチ×ポでね」「ああっ!」
 お姉ちゃんのオマ×コに入れてあげる。

「あっあっあっ、ありがとうございます、オチ×ポ様までくださって、ああん、イケます、イかせてくださいませ、あん!」
「ほら、イけっ!」「あひい!」
 またお尻を叩いてあげる。イったみたい。

「イけたみたいだね。気持ちよかった?」
「はい、凄く良かった、ああん、幸せです」
「僕はまだイってないんだけど」
「ああっ、申し訳ありません、どうぞ、私のオマ×コ使ってくださいませ、ん」
 白髪の美少女はお尻をくねらせて。オマ×コを締めてくれて。凄い、気持ち良い。

「んっんっ、イかせてもらうよ、魅夜美のオマ×コで射精するよ」
「はいっ、どうぞ、光栄です、御主人様の精液を、私のオマ×コの奥にください! ああん、恋音、ごめんね、こんなお姉ちゃんで、あん」

「最高のお姉ちゃんだ! ほらほらっ」
「あっあっあっ、またイきそう、イけそうです、あんっ」
「んっ、今度は僕の精液でイけっ! それっ」
「はひい! ああんっ、ありがとうございますう」
 お姉ちゃんのオマ×コの奥でたっぷり膣内射精。お尻も叩いてあげて。

「あひっ、あんっ、ああっ、こんなに気持ち良くイケたの、久しぶり。何年ぶりかしら、あんっ。んふふ、恋音、ありがとうね」

「お姉ちゃん、いじめられるの好きなの?」
「んー、好きって言うか、それで感じちゃうように調教されたのよ。んふ、でも女王になってからは、私をいじめるなんて誰にも許さなかったわ。恋音、あなただけよ。んふ、これからもお願いね」

「解った。ほらお姉ちゃん、オチン×ン綺麗にして」
「ああん、はいっ、んちゅ、んー」
 しっかりねっとり舐め清めてくれるお姉ちゃん。僕は美しい白髪を撫でて。

【日記】コミケ参加しました

本日、コミックマーケット94二日目にサークル参加しました。
来ていただいた方々、ありがとうございました。

隣になった空色書房の添牙いろはさんと色々お話もさせていただきました。
二人でハーレムと露出の合同本を作る計画をしてみたり。
上手くすれば11月文フリ、コミティアに出せるか。

売れ行きも好調で、帰りは荷物が減りました。
既刊7冊セットが2セット出たのは嬉しかった。

それでも新刊の
【覚醒ハーレム】【飲みきれないからハーレム】
はそこそこ残ったので、9月の文フリ大阪にも持って行けると思います。
まさか19日のコミティアで無くなったりはしないだろうと思う。

しかし文フリ大阪合わせで更に3種の新刊を制作中。
並べるもの大過ぎになるかなあ。