カテゴリー別アーカイブ: Diary,Blog

【定期更新日記】ここまでは序盤

☆ メイドたちに搾られて 【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯 3】

覇夜斗がメイドたちに一方的に搾られます。

何だか一方的に搾られる様子は、【エルフの森が僕のハーレムになった理由】のトーヤを思い出します。
でも、覇夜斗はそのことに納得していませんけど。

ここまでは序盤です。
10回くらいの予定で、3話までが序盤。
良いペースです。

次回からは、覇夜斗の逆襲?を書く予定です。
でも、彼は迷ったりもします。
堕として従えるとはどういうことなのか、彼が本当に望むことなのか。
でも、今の状態には我慢ならないのも確かで。

どうなるか、彼はどうするのか。
愉しみです。

【定期更新日記】二回目ではまだ

☆ 初めての彼女たちと 【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯 2】

新しい物語、二回目です。
覇夜斗が御主人様と結ばれます。

三回目くらいまでは、弄ばれる彼を書くつもりです。
全部で十回として、何処で逆転するか。それともしないのか。

今回の物語は、一回あたりの分量が少なめです。
三千文字に満たないくらいです。
これによって短めにまとめられるか、やってみようと思っています。

【定期更新日記】新しい物語

☆ 拘束された少年と笑顔のお嬢様 【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯 1】

新しい物語を始めました。
下克上を狙う性愛師の少年、覇夜斗の物語です。

タイトルにかなり迷い、でも時間切れでこうなりました。
まあいいか。

いずれ覇夜斗にはハーレムを用意してあげたいです。
でも、まだです。
色々と障害も用意してあげて、乗り越えて欲しいです。
その先のハーレムが素晴らしくなるために。

【定期更新日記】また一つの物語が終わって

☆ そして僕のハーレムは 【落ちこぼれハーレム~僕の低級ハーレムをいつか極上に 10】

落ちこぼれハーレムの物語、終了です。
ありがとうございました。

次は、下克上を企む性愛師少年の物語にしようかと思っています。
お嬢様に買われて、でも、彼女を従えて彼自身のハーレムを造ろうと企む少年です。

お嬢様もそんな彼の企みに気付いて、でも彼のことは好きで。
ハーレムを用意してあげたいけど、彼自身の力でやらせてもあげたくて。
あえて課題を用意したりして。

少年の一人称で書きたいのですが、お嬢様の視点も欲しいです。
一人称切り替えでやってみようかな。

【定期更新日記】そろそろ終了

☆ 再びのコンテスト、そして 【落ちこぼれハーレム~僕の低級ハーレムをいつか極上に 9】

再びハーレムコンテスト、そして聖螺さんたちを受け入れます。

予定通りなら、次回で最終回になります。
少し残念なような気分でもあります。
燐夜と秘撫たちの物語をもっと書いてゆきたい気もします。

でも、次の物語も始めたい、それもあります。
色々書いてみたいのです。

次作のイメージはまだ漠然としています。
ヒロインキャラそれぞれの自分語りを連ねてゆくような作品と、少しひねくれた性格の男性性愛師の物語、どちらにしようか迷っています。
合わせることもできるのかなあ。