【定期更新日記】叙情詩のようなエロ小説、こういうの書きたかった

☆ 夕陽と夜空の時間【静謐のハーレム 2】

二回目です。
星太郎君とメイドたちの快楽生活は続きます。

青空、夕陽、星空。
これまでは詩に書いてきたような題材を、今回はエロ小説に詰め込んでいます。
こういうの、書いてみたかったのです。

エロ描写は濃すぎないように。
ここは少し難しいです。
薄めすぎてもたぶん違う。

この物語が最終的にどうなるか。まだ分かりません。
素敵なものになると良いなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。