【定期更新日記】彼の混乱

☆ 僕のいつもの混乱と回復【静謐のハーレム 6】

星太郎君がちょっと混乱して。回復して。
その後はまたメイドたちに癒してもらって。

静けさと青空を求める星太郎君には、かなり自分を投影しています。
でももちろん、現実の私にはハーレムなどありませんが。

静かな女性は尊敬します。
美しいと思います。

ハーレムは複数人の女性が居る、そういうものです。
静けさとは無縁かもしれないもの。

でも、静謐のハーレムに憧れる私だから。
だから、こんな物語を書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。