☆ 最初は正妻なお姫様に 【安楽な淫魔王子 2】

「ちょっと待った! そのまま」
 儚螺さんの鋭い声。ベッドに突き飛ばされた僕は少し固まって。紅羽、綺璃、輝姫も固まって。
 な、何だ? あれ? 僕を観てる? ベッドに倒れ込んだ僕を観てる?

「うーん、可愛い! かなりの美形ですねえ。さすが淫魔王子様ですが、こんなに可愛い方は珍しいかも」
「え? ああ、そうなのか」

「令愛はそうなのよ。この女の子みたいな美貌、いじめたくなって困るわ」
「令愛様をいじめるなんて、私が許しません。でもまあ、ちょっと困った表情が魅力的すぎることは認めます」
「はわわ、旦那様、ズルいですう、そんなに可愛くてお綺麗だなんて。儚螺さん、これなら女を集めるのは難しくないのでは」

「そうですねえ、下位とはいえ淫魔王子様ですから、もっとたくさんの愛人が必要です。でも女たちの生活費や給料も必要ですからねえ。とりあえずは稼がせていただかないと」
「それじゃ、いっぱい聖液を出していただかなくては」
 すがりついて来る美少女たち。僕を脱がせようとして。

「待って、待って! その、もうちょっと落ち着いて! えっと、みんな並んで!」
「えー」
「王子のご命令なら仕方ありません」

「ふー、あの、僕はみんなとエッチして良いんだよね。もちろんしたい、するけど。精液がお金になるのも、それはそれで嬉しいけど」

「初めてなんだよ、何というかもっと、優しくして!」

「はーい、申し訳ありませんでした。それでは皆さん、とりあえず脱ぎましょう」
 儚螺さんが脱ぎ始めて。
「はーい!」
 輝姫も恥ずかしげも無く脱いで。ああ、綺麗な身体。
「ああ、令愛様に観ていただけるのですね」
 綺璃も脱いで、脚を開いて。オマ×コからは蜜が滴ってて。
「あうー、そうよね、脱がなきゃよね、ああん、令愛に観られるなんて」
 紅羽は恥ずかしいみたいだ。それでも脱いでくれて。

「それでは令愛様、できれば最初は輝姫様にさせてあげてくださいませ。正妻様ですから」
「あ、うん」
「それでは輝姫様、まずはお口で」
「はーい!」

「ちょっと待って、まずは唇にキスして」
「はい! んちゅ、ん」「んんっ!」
 輝姫の唇は柔らかくて、良い香りがして。容赦無く入り込んで来る舌と甘い唾液。

「んぶっ、ぷはあっ」
「あの、それでは、オチン×ン様にも」
 あ、ああっ、オチン×ンに触れる柔らかな唇。すぐに舐め回されて、じゅぽっと咥えられて。
 あ、ああ、凄い。これが女の子のお口なのか。こんなのすぐ出ちゃう。輝姫は嬉しそうで、激しく舐めしゃぶってくれて。

「んんっ、ああん、オチン×ン様凄い、美味しいです、早く早く、精液も味わわせてください」
「うーむ、輝姫様は淫乱と言って良い方ですねえ。おそらくはディルドなどで練習してましたね」
「ひゃい、でも、これからは旦那様のオチン×ンだけです、んんっ、んー」
「あ、ああっ、出るよ、出ちゃうよ」
「ひゃい、いっぱいください!」

 こんな素直そうなお姫様のお口に、オチン×ンから出る液体を注ぎ込んで良いのか。良いんだ。彼女も嬉しそうで。外に出したりしたら、凄くがっかりしそう。
 この娘が僕の正妻なのか。はっきり言って淫乱、まるで精液中毒。でも凄く美少女で、お口も気持ち良い。うあ、もう限界。いっぱい出そう。

「んんっ!」「ん、んくっ、んー、んぶっ、こくっ、ごくっ」
 輝姫のお口にたっぷり射精。ああ凄い、気持ち良い。そして嬉しそうな彼女。美味しそうにこくこく飲んで。
 僕は素晴らしい快感に包まれて。そして何だか満ちる感覚。虚脱感も少しあるけど、それ以上に満ちる性力。
 ああ、本当だ。僕は淫魔王子らしい。何回でもできそうだ。

「射精量はコップ一杯くらいですね。最初はこんなモノでしょう。輝様、いかがでしたか?」
 儚螺さんが輝姫のチョーカーをチェックしています。魔法で数字が表示されるみたいで。飲み干した精液量を量ってるんだっけ。

「素晴らしいです、さすが淫魔王子様の聖液です! 最高に美味しいです」
「令愛様は? 輝様のお口はどうでしたか?」
「凄く気持ち良かった」
「これから、いくらでもさせて良いのですよ。でもまあ、輝様の限界もあるでしょうから、加減もしてくださいませ。他の女も居ますから」

 ああ、凄い。このままもう一回、いや、何回もさせたくなる。輝姫なら、喜んで何回でも飲み干してくれそうだし。
 でも紅羽や綺璃ともしたいなあ。みんな恥ずかしそうに、でも発情した様子でこちらを観ています。

「それでは、オマ×コにもどうぞ。やはり最初は正妻の輝様からお願いします。それとも休まれますか?」
「いや、やりたい。いくらでもできそうだ」

「はああん、旦那様、どうぞ私のオマ×コを楽しんでくださいませ!」
 大きく両脚を上げる輝姫。少し小さめで細い身体は軟らかくて。オマ×コが丸見えだ。とろとろの汁が溢れ出してる。

「ん、それじゃするよ」
「はい!」
 オチン×ンをオマ×コに入れます。硬く勃起したオチン×ンを、とろとろに濡れたオマ×コに。凄いことだけど、何と言うか正当なこと。男女の性器は結合できるようになってるのです。

 ああ、何だコレ。凄い、気持ち良い。お口とはまた違う安心感。暖かくて、ぬるぬるで、しっかり包まれて。

「ああんっ、令愛様のオチン×ン、凄いです! ああん、初めてなのに、痛くもない、ああん」
「淫魔王子様のオチン×ンですからね。痛みがあっても、快感にかき消されるでしょう」

「んっ、輝姫のオマ×コも凄いよ! こんなに気持ち良いなんて」
「あ、ありがとうございます、嬉しいです、ああん、もっともっと使ってください!」
 僕は夢中で腰を振って。オチン×ンを出し入れして。

「あ、あう、ああ、イきます、いえ、イってますのに、もっと高くへ、ああん」
「僕もイけそうだ。このまま出すよ」
「ひゃい、どうぞ、輝のオマ×コの奥にたっぷり出してくださいませ、ああん」
 王女様に膣内射精。ああ、こんなの、やっぱり凄い幸運だ。
「んんっ!」「んああああっ!」
 たっぷり膣内射精。輝姫が望んだ通り。そして僕もやりたかった通り。

「ふはー、ありがとう、良かった」
「こちらこそ、いっぱい気持ち良くしていただき、聖液もいっぱい出していただき、ありがとうございますう」
 嬉しそうだけど、少し涙目になってる輝。あんなにエッチなことが好きな王女様だけど、満足を超えて少し疲れたみたいだな。

 優しく抱きしめる。ああ、こんなに細く小さい身体で受け止めてくれたのか。
「あうう、令愛様、何ですか?」
「ありがとうね、とっても良かった」
「にひひ、それじゃ、これからもいっぱいしてくださいね!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。