☆ 貪欲な美少女たちと乗り気じゃないメイドさん 【安楽な淫魔王子 3】

「それでは正妻様は決まりました。さて、ここからはどのお口でもオマ×コでもご自由に」
「うん」
 とは言っても、残る相手は紅羽か綺璃、儚螺さんの三人。三つのお口とオマ×コ。どれから入れようかな。

「えっと紅羽、キミもしてくれるの?」
「も、もちろんよ。あなたを射精させれば儲かるんだから」
「あの、令愛様、国が潤うのは、誰に射精されても同じです。お金ばかり気にする紅羽ちゃんより、私にさせてくださいませ」
 綺璃が迫って来て。紅羽も負けじと迫って来て。揺れるおっぱいは二人とも大きくて。うーん、これは輝姫には無かったなあ。

「それじゃ二人でして!」
「もー、仕方無いわね」「はい!」
 奪い合うようにオチン×ンにキスして来る二人。すぐに紅羽が奥まで咥えて。
「あー、ズルいです」
「ん、綺璃のお口も味わいたいな」
 紅羽の頭を押さえてお口から抜かせて。すぐに綺璃がずっぽり咥えて唇を滑らせてくれて。

「ああ、みんな上手だな」
「一応、淫技の基本は教えましたから。たくさん実践させればもっと上手になりますよ」
「それは良いな」
「あん、令愛、私のお口にもちょうだい」
「んく、んぐ、令愛様、このまま私のお口に出してください」
「んー、そうだな、どっちで出ちゃうかな」
 紅羽と綺璃のお口を交代させながら舐めしゃぶらせて。二人ともとっても情熱的。僕の精液を欲しがってる。

「ん、出ちゃうな、んああっ!」「んくっ」
 先に出ちゃったのは紅羽のお口。あ、こくこく飲んでる。
「ああん、そんな、令愛様、綺璃にもくださいませ」
「うん」
 そして綺璃にもたっぷりしゃぶってもらって口内射精。美味しそうに飲まれて。

「ふにゃ、美味しすぎるわ。高価に売れるのは当然よね。んん、でも、飲んじゃうわ、我慢できない」
「令愛様の精液、本当に美味しいですう。お口にいっぱい、ありがとうございます」
 嬉しそうにとろけてる二人。美味だけでなく、性感も感じてるみたいだ。そして僕のオチン×ンはまだまだ元気で。

「本当に性力は尽きないな」
「下位とはいえ淫魔王子様ですから、当然です」
「それじゃオマ×コもできるな。オマ×コは綺璃からしてあげるね」
「はい! ありがとうございます」
 開いた脚の間、綺麗なオマ×コに入れて。しっかり抱かれて、絡み付いてくる脚。

「ん、これじゃ膣内に出しちゃうよ」
「あん、そうしてくださいませ。私のオマ×コに出してください」
「うん。そのつもりだった」「あひっ!」
 入れただけでとろとろにとろけている綺璃をあえがせて。しっかり膣内射精。
「はにゃ、素晴らしいですう」

「それじゃ紅羽! いっぱいしてあげるね」
「ああん、もー、それで良いんだけど、私は最後なのね」
「いや、最後は儚螺さんかな」
「もー、私にもっとして良いから! 何回でもするから、私に射精して、ああん、お金欲しい」
 赤髪の強欲娘のお尻を捕まえて、後ろからずんずん突いて。
 まあ、お金欲しさでもかまわないんだけどさ。でもそんな紅羽のことはいじめたくなる。お金なんてどうでも良い、オチン×ンくださいって言わせたくなるな。

「それじゃもっとオマ×コ締めて。お尻をうねらせて。僕がまた使いたくなるように」
「はああっ、そんな、ああん、でも、するわ、ああん!」
 がんばって締め付けて来るオマ×コ。きゅんきゅんする度に紅羽もあえぐのが可愛い。
「ん、それじゃ出すよ。紅羽の膣内にいっぱい出すよ」
「はああ、出して、出して、ああんっ! 来た! あああっ」
 いっぱい膣内射精。ああ、何度しても飽きないなあ。

「ふー、儚螺さんもしてくれるの?」
「ええ、まあ、淫魔王子様が望まれるなら、拒むはずもありません」
 でも何だか彼女は乗り気ではない感じ。

「何だか、つまらなそうだな。もしかして、僕の担当にされたのはがっかりすることなの?」
「はあ。まあ、私の姉はもっともっと上位の淫魔王子様にお仕えしていますし、母は淫魔王様の常妻の一人です。そんな私は、たぶんがっかりしています。いけませんね、令愛様に失礼ですよね」

「そうなのか。それじゃ、儚螺さんが納得してからで良いよ。他の王子様の従者と交代とかできるなら、そうしても良い」
「ああ、そうですよねえ。こんなつまらなそうな侍女は代えたいですよね。まあ、しばらくはご辛抱ください」

 本当は代わって欲しくもない気持ちもあります。儚螺さんは本当に美人で。
 でも、乗り気じゃない彼女にさせたくない、その気持ちもある。女の子が足りない訳じゃないし。

「さてと、それじゃもっとしよう!」
「はーい!」「そうね、もっと」「もちろんしてください、させてくださいませ」
 輝姫、紅羽、綺璃。白髪赤髪青髪の三人の美少女はオマ×コの精液を瓶に移して。
「旦那様、空きました。どうぞ」
「もっともっといっぱい出して」
「ああん、私にくださいませ」
 並ぶオマ×コに誘われて、僕は次々とオチン×ンで味わって。
 やがてまたたっぷり射精。輝姫のオマ×コに。

「ああっ、そんな、姫様ズルい」
「正妻様ですから仕方ありませんが、令愛様、私にも」
「ん、綺璃、僕の上に乗って」
「はい!」

「えー、そんな、私には」
「紅羽はこの後ね。綺璃のオマ×コにいっぱい出したら、同じようにして良いよ」
「あうう、もちろんするけど! ああん、綺璃、そんなにお尻をくねらせて、私もそうしなきゃいけないのね、んー、恥ずかしい」
「嫌ならしなくて良いのだけど」
「やるわよ! もー、意地悪」

 そして僕は寝転がったまま、綺璃のオマ×コを楽しんで。がんばってくねらせてくれる温かいオマ×コの中はとっても気持ち良くて。射精せずにしばらく楽しみたい感じ。
 ああ、良いなあ。射精もしたい。射精してもこのままして欲しい。何度もしたい。

 でもそれは紅羽が怒るだろうなあ。んー、どうしようかな。気を使う必要も無いのかもしれないけど、あまりいじめなくもない。僕はけっこう彼女が好きだから。
 ああでも、お金のためだと言う紅羽だから。少し意地悪しても良いかな。

「綺璃の膣内、とっても気持ち良い。このまま三回くらい出して良いかな」
「はい、もちろん、ああん、光栄です」

「あー、ズルい! 次は私のはずなのに」
「旦那様、私にもさせてくださいね」
 紅羽だけじゃなく、輝姫も反応して。ああ、そうだよなあ。
 まあ良いか。僕は寝てるだけだし。彼女たちの腰振りでいっぱいイかせてもらおう。えっと、三回ずつ三人、九回か。
 多いかなあ。でもそのくらい余裕でできそうな予感。

 そして僕はそのままたっぷり楽しませてもらって。三人の美少女の方がへろへろになってしまって。

「むー、令愛様、やりすぎですよ。こんなやり方では、女が足りなくなります」
「ああそうか、ごめん。しばらくは我慢するよ」
 しばらくの我慢。おかしいな。こんなに射精しまくったのに。まだまだしたいなんて。

 でも僕はすぐに渇いてしまって。出したい、いっぱい出したい。でもまだ三人の美少女はへろへろで。
 儚螺さんとしちゃう? それは何か嫌だ。彼女はまだ乗り気じゃない。
 ああ、本当に女の子が足りない。どうしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。