☆ 再びのコンテスト、そして 【落ちこぼれハーレム~僕の低級ハーレムをいつか極上に 9】

 そして再び、ハーレムコンテストの日。この一ヶ月、僕たちはがんばりました。
 僕は綺麗で気持ち良いメイドたちのお口、オマ×コにたくさん射精して。それはとっても気持ち良くて。
 その快感をしっかり愉しんで。でも、溺れずにそれを超えて。美しく幸せに見えるように。
 僕のハーレムはたぶん、結構レベルアップしてるはず。

 聖螺さんには精液をたくさん送りました。秘撫たちがオマ×コで搾ってくれた精液を瓶に詰めて。
 精液保存の方法は、ハーレムの先輩たちが完成しているそうです。美味精液を売り物にしている美少年も多いらしくて。

 さて、コンテストです。会場に来ました。また愛神の島です。

「燐夜さん、お久しぶり!」
 聖螺さんたちも居ました。前回最下位だった彼女たち。でもまあ、僕たちだってその一つ上に過ぎないけど。
「お久しぶりです、聖螺さん。僕の精液、どうでしたか?」
「美味しかったわ。だんだん美味しくなって、あなたのハーレムがどんどんレベルアップしていることが解ったわ」
「あ、聖螺さんも飲んでくれたの?」
「あ、そんなの、仕方無いでしょ、メイドたちに口移しとかしてあげただけよ!」
 紅くなる聖螺さん。

「燐夜様」
 聖螺さんのメイド長さんが話しかけて来ます。魅尽姫さんだっけ。黒髪眼鏡の美人。

「たくさんの美味精液、ごちそうさまでした。美味しくいただきました。でも、ですから、私たちもレベルアップしました。精液中毒症状が治まって、たくさん練習しました」
「うん、それは良かった。お互い、がんばろうね」
「はあ。でも、今回は私たちが上に行きますから。燐夜様のハーレムより上に」
「どうかな。僕たちもレベルアップはしたよ」
「そのようですね。愉しみです」

「自信あるみたいね。燐夜、勝負しましょう。何か賭けましょう」
 聖螺さんの笑み。
「賭けるって、何を?」
「そうねー、私たちが勝ったら、燐夜を借りようかしら。あの精液、オチン×ンから直接、出したてを飲みたいわ」

「何ですかそれは。ダメです」
 真璃沙が聖螺さんを睨んで。
「えー、自信無いの?」
「そんなことはありませんが」

「燐夜はどう? あなたが勝ったら、どうしたい? 私で良ければ、あなたの愛人になるわよ。私のメイドたちも、あなたに奉仕させるわ」
 また紅くなる聖螺さん。もしかして、好かれてるのかな。

「何だかそれ、勝っても負けても同じような気がするけど」
「違うわよ。あなたたちが負けたら、あなたのメイドたちはしばらく、精液に飢えることになるわ」
「え? そんなのダメだよ」
「それじゃ、がんばりなさい!」
「あ、ちょっと!」

 そして、コンテストは始まってしまって。素晴らしい性愛の宴が始まって。やがて終了して。
 僕たちと聖螺さんたちの順位は上がりました。かなり上がって、ちょうど半分くらいの順位に。
 そして、僕たちの方が、聖螺さんたちより、また一つだけ順位が上でした。

「ああっ、負けたー! もー、やっぱり、直接オチン×ンを咥えてた女たちには敵わなかったのね」
「聖螺さん、惜しかったね。でも、がんばったね。お互い、かなり上がった」
「そうね。あなたの精液をもらったおかげね。ありがとう。でもね、負けは負け。さあ、あなたの屋敷に案内して。愛人としてサービスするわよ」

「あの、御主人様、聖螺様たちを受け入れられるのですか?」
 真璃沙が怖い笑顔で訊いて来ます。
「あ、御主人様、ご自由に。真璃沙ちゃんは私たちで抑えますから」
 亜撫と神酒奈が真璃沙にすがりつくように押さえてくれて。

「えっと、秘撫さん、どうなのかな、聖螺さんたちのこと。受け入れても良いのかな?」
「燐夜様、聖螺様のお気持ち、お解りになりませんか?」
「うーん、やっぱりそうなのかな」

「聖螺さん、あの、僕は聖螺さんのこと、けっこう好きだ。いや、かなり好きだ。聖螺さんは、僕のこと、好き?」
「何よ、そんなの、好きに決まってるでしょ! そうでなきゃ、精液なんか飲まないわよ」
「それじゃ、付き合ってくれる?」
「あう、そんなの、ああう、私たち、ハーレムの主なのに」

「ダメかな?」
「ダメじゃないわよ! もー、でも、あなた、みんな抱くのよね、私だけじゃなく、メイドたちも」
「うん、それは止められない」

「かまわないわよ。みんな、あなたの精液が必要なんだから。私のメイドたちもね。でも」
「私もあなたの精液、必要になっちゃった。いや、精液じゃなくてオチン×ンかな。いっぱい飲ませてくれる?」
「もちろん!」

「燐夜様、おめでとうございます」
「聖螺様、おめでとうございます」
 秘撫さん、魅尽姫さん、そしてメイドたちが祝福してくれる。あの真璃沙さえ、怪しい目つきで僕を睨みながら。

 そして、屋敷に帰って。聖螺と彼女のメイドたちも一緒です。豊かな金髪の聖螺、黒髪長髪の魅尽姫さん、黒髪ショート双子の桃花と桜花。

「燐夜様の愛人、増えましたねー。四人から八人、いきなり倍増ですよ」
「聖螺は愛人じゃないよ、恋人だ。ああ、でも、そうだな、他のみんなは恋人と呼んじゃいけないのかな」
「そんなことは、燐夜様の、御主人様のご自由に。でも、真璃沙や私を恋人と呼んでいただけたりしたら、調子に乗りますよ」
 何だかしきりにくっついて来る秘撫。聖螺も真璃沙も負けじとくっついて来て。他のみんなは、そんな僕たちを少し呆れた感じで観てて。

「それじゃ燐夜、私と魅尽姫たちに、あなたの精液をちょうだい。もー、やっと直接、あなたのオチン×ンから飲めるのね」
「わわっ、聖螺、そんなに焦らないで」

「焦るわよー、燐夜のベッドには、こんな綺麗な女たちが控えてるんだもの」
 自由奔放な雰囲気の金髪眼鏡美少女に、オチン×ンを捕まえられて。かぽっと深くまで咥えられて。

「んんー、んっ、あ、ああ、こんな感じ? 私、男性相手の性技は初めてで、未熟かも。ディルドで練習はしてたけど」
「凄く気持ち良いよ、ありがとう」

「んー、んむ、でも、あなたの性愛メイドたちと比べたら?」
「それは、メイドたちの方が上手だよ。それは仕方無いよ。聖螺は性愛師じゃないんでしょ」
「そうよね。んー、こんな私の未熟なお口で、射精できるかしら?」
「それはもちろん、できるよ。こんな綺麗な聖螺にオチン×ン咥えてもらって、愛情いっぱいでじゅぽじゅぽされて、ああ、このまま射精したい。するよ!」
「んっ、んんっ!」
 聖螺のお口でどぴゅどぴゅ射精。射精量は抑えてます。性愛師でもない彼女が溺れてしまったら大変だから。

「んぷ、んー、じゅるっ、じゅるる、んー、こくっ、こくっ、んあ、暖かくて美味しいわ、飲み込むのがもったいないくらい」
「大丈夫だよ、いくらでもあげるから」
「んふふー、それじゃ、もう一回ね」
 出したばかりのオチン×ンに吸い付いて来る唇。んあ、気持ち良い。でも、こんなのも初めてじゃなくて。咥えさせたままの連続射精も、十五回までしたことがあります。秘撫さんの最高の口技だからできたことだけど。

「聖螺様、早く私たちにもくださいませ」
「燐夜様のオチン×ン様、欲しいです」
 魅尽姫さん、桃花、桜花が聖螺のオマ×コや脚に集って。あ、お口の感触が変わった。上手になってる?

「聖螺様のオマ×コに、性愛師の口技をお教えしています。燐夜様のオチン×ン様で実践練習してください」
「んん、あ、私もイっちゃう! 燐夜のオチン×ンしゃぶりながらイっちゃう!」
「あああ、僕もイくよ!」
 再びの射精は大量で。聖螺は嬉しそうに飲んでくれて。でも大分こぼしてしまって、僕の下半身、聖螺のお顔や胸はどろどろになって。

「ああん、もったいないわ」
「大丈夫です、私共が舐め取らせていただいます、ああん、燐夜様の出したての精液、ずっと憧れていました、最高です」
 魅尽姫さんたちがべろべろ舐め取ってくれて。そのままオチン×ンにもしゃぶり付いて来て。聖螺もまだ飲み足りないみたいで。

 でも、僕だって秘撫たちを受け止めてきた性力があります。それに、がんばって練習してきた性技も。応えられるはずです。
 それでも魅尽姫、桃花、桜花の口技も凄くて。特に魅尽姫の性技は、秘撫にも負けてないな。さすが聖螺のハーレムのメイド長さん。桃花と桜花の双子コンビネーションもなかなかです。
 僕は四人のお口にたくさん射精して。いつしかオマ×コにも、何度も溢れ出すくらい射精して。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。