☆ そして僕のハーレムは 【落ちこぼれハーレム~僕の低級ハーレムをいつか極上に 10】

 そして僕のハーレムは素晴らしくなりました。たぶんもう、低級品じゃなくて。

 八人の美少女が、僕のオチン×ンを欲しがってくれて。僕には応えられる性力と性技があって。
 本来なら、二つのハーレムです。僕のハーレムと聖螺のハーレム。でも、男性は僕一人で。みんなに精液を飲ませる役目もあって。まるで一つの僕のハーレムのようでもあって。
 それでも、二つのハーレムとして競ったりして。当然です、ハーレムコンテストのライバルなのです。

 僕と秘撫、真璃沙、亜撫、神酒奈。そして聖螺と魅尽姫、桃花、桜花。
 今、二つのハーレムがベッドを並べて、性技を競い合っていて。

「んちゅ、んー、あ、あん、燐夜様のオチン×ン、美味しいです」
「んあ、れろ、んちゅ、聖螺様のオマ×コ、美味しいです」
 秘撫と魅尽姫、二人のメイド長ががそれぞれの主人の秘部を舐めしゃぶっています。聖螺のオマ×コには、僕の精液がたっぷり入っています。ハンデと言うことにもなるけど、聖螺は僕の恋人だから、ある意味当然なこと。

「んあっ、魅尽姫の舌は最高だわ。燐夜、負けないわよ」
「んんっ、秘撫のお口も最高さ。聖螺、僕たちだって負けないよ」

 何が勝ちで、何が負けなのか。聖螺は女性だから、射精量や回数を競う訳にもいきません。
 でも、僕たちは知っています。ハーレムを競う方法。美しさと愉しさ、心地良さ、それらがどれだけ、愛神様のハーレムに近付けるかどうかです。いや、もっと言えば、愛神様が目指しているその先の何かに近付けるかどうか。

「んんっ、燐夜様、どうぞ、真璃沙も準備できてます、使ってください」
「うん」
 真璃沙の頭を押さえて、オチン×ンに誘導して。秘撫と交代させます。嬉しそうに咥えてくれる真璃沙と、少し残念そうな秘撫。もちろん亜撫と神酒奈にも咥えさせて。でも射精はまだです。

「あうう、燐夜様、射精されないのですか? くださいませ、私たちには、あなた様の精液が必要なのですから」
「うん、でも、オマ×コも楽しみたいな。みんな、お尻並べて」
「あうう、何回でも射精できるはずでしょうに、待たせるのですね」
「僕も待ってるよ。もちろんいっぱい射精したい。でもこうして、おねだりされるのも気持ち良いんだ」

「もー、非道い御主人様です。それでは、たくさんおねだりさせていただきます。どうか御主人様、秘撫のオマ×コで射精してくださいませ」
「真璃沙もです! オマ×コ突きまくって、精液注いでください」
「御主人様、亜撫のオマ×コはいつでもあなた様を待ってる」
「はわわ、神酒奈は最後でも良いですけど、してくださると嬉しいです」
 四人のお尻が並んで、オマ×コが開かれて。僕は秘撫から突き込んで。

「んんっ、良いな。秘撫のオマ×コは相変わらず凄い。ありがとうね、手加減してくれて。秘撫が本気になったら、我慢なんてできないもんね」
「あううっ、そうです、手加減してます、燐夜様がおねだりを望まれるから、ああん、だから、精液くださいませ、いつでも何回でも射精させますから、射精させろと命じてください」
「うん、後でね。とりあえずみんなに入れるから。秘撫、イって」
「ああんっ!」

 秘撫がイったのを確認して、真璃沙のオマ×コに移って。うん、ふわきつの良いオマ×コ。
「ああっ、燐夜様、来た、オチン×ン様が来た、ああん、凄い、お上手になられましたね」
「みんなのおかげだよ。もちろん真璃沙のおかげでもある。僕のオチン×ンをたくさん楽しませてくれてありがとうね」
「あひっ、こちらこそ、オマ×コもお口もたくさん楽しませていただいてます、ありがとうございます」
「真璃沙、愛してるよ。イって」
「ああん、イきまくってますう、ああ」

 そして次は亜撫の柔らかオマ×コに。
「あっ、燐夜様、来たっ、ああん」
「亜撫のオマ×コも相変わらず良いな。しっかり動いてくれるし。働き者になってくれてありがとうね」
「それは、もちろん、燐夜様のためなら、何でもします、大事な御主人様ですから」
「うん、ありがとう。射精してあげたいけど、後でね」
「はい! どうぞご自由に、ああん、亜撫もイってよろしいでしょうか?」
「もちろん、イって!」「ああんっ!」

 最後は神酒奈。ぷりぷりオマ×コに入れて、尻尾バイブのスイッチを入れて。お尻を叩いてあげて。
「あひいっ! あ、ありがとうございます、御主人様、神酒奈はお尻を叩かれてイってしまいました、ああ」
「それじゃ次は、オチン×ンでイって」
「あうう、イってますう、いや、もっと凄いの来る、ああ、御主人様、イきます! ああ、大好き、燐夜様のオチン×ンでイきます、幸せ、ああーん!」
 神酒奈がイってくれて、僕も思わず射精しそうになったけど、ぐっと我慢して。

「秘撫っ!」「はい!」
 秘撫が指先で開いてくれるオマ×コに入れて。あ、凄い、ぬるぐちょで締め付けられて。
「出すよ!」
「はい! ああっ! あーっ、精液来た、ああん、いっぱい、溢れちゃう、ああん」
 鍛えた僕の本気の大量射精。秘撫の膣内をじゃばじゃば洗うように満たして。
「真璃沙!」「はい!」
 放出が止まらないオチン×ンを真璃沙のオマ×コに。お腹が膨らんで、溢れて。
「亜撫」「はい!」「神酒奈」「ひゃい!」
 亜撫と神酒奈のオマ×コも精液でいっぱいにして。でもまだ止まらない。

「みんな、お口開けて!」
「ひゃい! あ、あぶう、んくっ、こくっ」
 四人の美少女メイドの大きく開かれる唇、伸ばされる舌に大量の射精をぶっかけて。お顔、おっぱいもどろどろにして。

「んくっ、んぐ、あふう」
 それぞれの舌に載せて、お口に包まれて。こくこく飲まれて。飲みきれず溢れて。
 そして最後には、僕のオチン×ンは秘撫のお口に収まっていて。ようやく放出が収まって。お口の中の精液が飲み下され、じっくり舐め清められて。

「んくっ、燐夜様、いっぱいいっぱい射精してくださって、ありがとうございます」
「こちらこそ、ありがとう。こんな僕のオチン×ンを受け止めてくれて。気持ち良く射精させてくれてありがとう」

 そして、拍手の音が聞こえて。聖螺たちが拍手してくれてる。
 聖螺たちのハーレムも綺麗だった。聖螺のオマ×コから滴る白濁液は、もう僕の精液だけじゃなくて。魅尽姫さんの立派なおっぱいから射乳されて、桃花と桜花のオマ×コを押し当てて、精液と乳をシェイクして。それを口移しされて、美味しそうに飲んでたりして。

「愛情いっぱいのハーレム、魅せてもらったわ。ねえ燐夜、私たちにもしてくれる?」
「そろそろ精液が欲しくなった?」
「ええ」
「それじゃ、いっぱいしてあげる」

 聖螺や魅尽姫さんたちの相手をする間、僕のメイドたちは応援してくれます。僕だけでなく、聖螺や魅尽姫さん、桃花桜花を応援したりもして。
「がんばれ燐夜様!」
「聖螺様、浮気者の燐夜様のオチン×ンにオシオキを!」
「もう少しです、燐夜様はイきますよ!」
「燐夜様、イっちゃえ! 聖螺様のお口にたくさん出しちゃえ!」
「そーれっ、そーれっ、そーれっ、あ、イってますね、はい、もう一回! いえ、もう十回!」

「あうう、燐夜の射精をもう十回なんて、溺れちゃうわ」
「あらあら、それでは、真璃沙が交代しましょうか?」
「真璃沙ちゃんはダメ! 魅尽姫、交代して。あ、アレを用意して」
「はい。燐夜様、こちらにお願いできますか?」

 用意されたのは、小さめの浴槽。裸の聖螺が入って。オマ×コから流れ出る白濁液が少しだけ溜まって。
「んふふ、燐夜、あなたの精液で入浴させて」
「えー、さすがに無理かも。でもそうだな、ハーレムコンテストではしてる人も居たよね。僕もできるようになりたいな。いつか、大きな湯船をいっぱいにして、みんな仲良く僕の精液で入浴させたい」
「それじゃ、試して」
「うん!」

 最初から、コップを満たすほどだった僕の射精量。今はもっと出せるし、何回も出せます。
 魅尽姫さん、桃花桜花にお口とオマ×コで搾ってもらって。なかなか止まらない射精を、浴槽の聖螺にぶっかけて。

 気持ち良さそうに浴びる聖螺。お口も開けて、舌も伸ばして。僕はまるで精液シャワーユニットです。
「あ、ああん、終わっちゃった、もっと出して」
「ん、そうだな、聖螺、少し待ってて。魅尽姫、桃花、桜花、それに秘撫、真璃沙、亜撫と神酒奈も。僕の精液、オマ×コに貯めて」
 そして僕は七人のメイドたちのオマ×コにたっぷり射精して。みんなこぼさないように締め付けてくれます。それぞれお腹が膨らむくらい注ぎ込んで。

「聖螺、お待たせ。みんな、僕が射精したら、一緒にぶっかけてあげて」
 僕は聖螺、秘撫、真璃沙に次々と咥えさせて。この三人は、何というかライバルです。でも協力もしてくれて。
「んんっ、イくよ!」
「ああ、ああーっ、来るわ、いっぱいかけて!」
 僕のオチン×ンは聖螺の口内で射精。そしてメイドたちのオマ×コからも白濁液が迸って。聖螺の全身を濡らして、浴槽に溜まって。
「あ、ああん、溜まって来た、あうん、温かくてぬるぬるだわ、あ、浸かれるわ、燐夜の精液に全身浸かれるわ。あうう、全身イってるみたい」
 小さめの浴槽は満たされて。精液に浸かる聖螺、綺麗だな。

「はふー、燐夜、ありがとう。さてと、それじゃ交代ね。秘撫さんからかな?」
「ありがとうございます聖螺様、それでは、御主人様の精液二番風呂、いただきます」
「ほらほら燐夜、追加してあげて。あなたも入っちゃえ」
「あ、ん、お風呂エッチの要領か」
 僕も浴槽に入って。秘撫のオマ×コに入れて。秘撫はしっかり動いてくれて、ほどなく射精。浴槽から溢れそうになる精液はグラスですくって、みんなが飲んで。
 ああ、このまま、みんなに射精することになるだろうな。最後はまた聖螺かな、愛しい恋人のオマ×コにもまた射精したいし。

 僕のハーレムは、またレベルアップしたみたいだ。次のコンテストでは、どこまで行けるかな。
 いつか愛神様のハーレムに届くのか。超えられるのか。不可能に思えるとしても、もちろん目指す。

 愛しい恋人たちと一緒に、何処まで行けるのか。この道を歩き続けたら、どんな場所に着くのか。
 たぶん、此処とあまり変わらない場所。でも歩き続けることで、そこに居られる場所。

 そう言う訳で、僕はとっても素晴らしいハーレムの御主人様になりました。これからも、たぶんずっと。

終 ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。