☆ 初めての彼女たちと 【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯 2】

「あなたの最初の女になる権利は捨てられないわね。オマ×コでしてあげようかな」
 彩陽花様はすっかり発情してて。でも余裕もあります。強いな。手強い。
 そんな彼女がドレスを脱いで。綺麗なおっぱい、お尻、オマ×コが露わになって。

「あの、それなら僕が動きます」
「ダメよー。私が御主人様だってこと、教え込んであげなきゃ。覇夜斗は寝てて」
 まるで僕が奉仕されるかのように押し倒されて。ああ、でも、オマ×コに入れられるなら、抵抗するのもおかしい。

「んんっ!」
 彩陽花様のオマ×コに包み込まれて。ああ、凄い! 明らかに普通じゃない極上オマ×コ。

「彩陽花様、あなた様も性愛師なのですか?」
「いいえ。でも、性愛師の秘撫、魅舐恋、愛舐に鍛えてもらったわ。んふ、どう? 気持ち良い?」
「最高です!」
「ふふ、覇夜斗のオチン×ンも良いわよ。それじゃ、動くね」
「ああっ!」

 僕もやられるばかりじゃ居られない。感覚接続。僕のオチン×ンと、彩陽花様のオマ×コを。
 これで僕の快感を彩陽花様にも送れる。僕が他の女を抱いてる時も、彼女も快感を得られる。

「ああ、覇夜斗、何かしたわね? オマ×コがとろけそう。何をしたの?」
「ん、秘密です!」
「教えなさい」
 彩陽花お嬢様の、御主人様の命令。ああ、従わなきゃ。これは僕の弱点です。御主人様の命令には逆うのは難しい。そういう教育を受けて来たから。

「彩陽花様のオマ×コと、僕のオチン×ンを感覚接続しました。僕の快感が彩陽花様にも伝わります」
「ああ、そうなの、私のお口とオマ×コにもそれをしたわね?」
「はい」
「んふふ、ありがとうね。覇夜斗を悦ばせると、私も気持ち良いのよね。んふ、いっぱいしてあげるね」
 彩陽花様のオマ×コがうねって。ああ、気持ち良い。もちろん射精は我慢できますけど。僕は性愛師だから。

「ああん、ねえ、覇夜斗、射精して。私のオマ×コにいっぱい出して」
「はい、でも、もう少し」
 命令じゃなく、お願いなら従わないこともできます。まだ彩陽花様はけっこう余裕があります。もっととろとろあへあへにしたいのに。できるはずなのに。

「彩陽花様の性感は、私たちが鍛え上げ、今も護っています。覇夜斗、今のあなたじゃ堕とせないわ」
 魅舐恋、愛舐が彩陽花様と手をつなぎ、秘撫が背中を支えています。性愛師らしいメイドたちが彩陽花様を癒し、パワーを与え、護っているようで。

「んふふ、でも、秘撫たちが居なかったら堕とされてたわね。覇夜斗、あなたのオチン×ン、素晴らしいわ」
「あううっ!」
 彩陽花様のオマ×コがうねる。ああ、これは性愛師のパワーだ。秘撫たちのパワーが伝わって来てる。
 たくさんの舌に舐め回されるような感触。三人の性愛師のパワーがうねらせる凄いオマ×コ。
 相手には三人と一人、僕は一人。敵わなくても仕方無い。まだ、今は仕方無い。

「お姉様、気持ち良さそう、早く私にもさせてください」
 紫良羽様も悶えてる。僕にオマ×コを魅せ付けながら悶えてる。オナニーしてるけど、自分の指先じゃ満たされないだろうな。

 紫良羽様のオマ×コを観る。褐色肌の美少女の、ピンク色のオマ×コを観る。そして、視線からパワーを伝える。感覚操作のパワー。
「ああん、あひっ!」
 紫良羽様のオマ×コを視線でイかせる。イかせるけど、満たさない。渇きを植え付ける。
 性愛師の技は、満足させるモノだけではない。渇かせる技もある。秘撫たちに護られてる彩陽花様には効かないだろうけど、紫良羽様なら。

「んっ、覇夜斗、射精しなさい、私のオマ×コの奥に、いっぱい出しなさい!」
「はい、ああっ!」
 彩陽花様の膣内に射精。そして、こちらにも渇きを撃ち込む。
「んあ、ああっ!」「んんっ」「んあ」
 秘撫、魅舐恋、愛舐もあえぐ。軽く絶頂したのかな。彩陽花様を護るために、その性感を分けて受け取っていたのかもしれない。

「ふー、覇夜斗、素晴らしいわ。あなたの最初の女になれて幸せ」
 満足そうな彩陽花様。僕も笑顔になってしまう。彼女の幸せそうな笑顔に癒されてしまう。まあ、仕方無い。御主人様なんだから。

「お姉様、交代してください、私も我慢できません」
「ああ、そうよね。秘撫、魅舐恋、愛舐、次は紫良羽を助けてあげて。覇夜斗のオチン×ンに負けないように」
「はい、しかし、覇夜斗はさすがですね。私たちもイってしまいました」

「拘束を解いてあげて。覇夜斗、後ろから突いて」
 お尻を上げる紫良羽様。
「拘束を解くの? 大丈夫?」
「代わりに首輪を着けます。特別製の首輪ですから、大丈夫ですよ」
 手首足首の拘束を解かれて、首輪を着けられて。いざと言う時に、電流でも流れるのかな。ああ、信用されてない。まあ仕方ないけど。

「覇夜斗、早く入れて!」
 ご自分でオマ×コを開く紫良羽様。もちろん入れます。ゆっくりと確実に。
「ああっ!」
 もしかしたら、紫良羽様は堕とせたかもしれない。でも、それを確認することはまだできない。二人きりにでもならないと。

「ああん、良いわ、もっと激しくして! あ、ああ、ん、ん、ん」
 紫良羽様も秘撫たちが護ってる。でも、彩陽花様のような余裕は無い。
「あ、私にも快感が来るわ」
 彩陽花様のオマ×コも感じてるはず。感覚接続は切れてない。

「ん、覇夜斗、紫良羽を堕とすつもりよね。んふふ、でも、ダメよ」
 彩陽花様がキスしてくる。
「さあ、イきなさい。射精しなさい」
「ああっ!」
 御主人様の命令を聞いてしまった。僕のオチン×ンは紫良羽様のオマ×コで爆発してしまう。三回目の射精だけど、またたっぷり注ぎ込んでしまう。

「んふふ、覇夜斗、まだ私たちを堕としたい? 堕としてどうするの?」
「ハーレムを、ハーレムを造るんです、僕のハーレムを」
「あなたが望むなら、用意してあげましょうか?」
「それはダメなんです、自分でやらなきゃ、それに、彩陽花様を堕とさなきゃ、僕は主になれない」

「そうみたいね。私の言うことに従ってくれるものね。もしかしたら、それはあなたの意思じゃないのね」
「性愛師としての条件反射です。あなたは僕の御主人様だから」
「それが悔しいのね。まあ、がんばってね。私も簡単に堕とされるつもりは無いから」

「さてと、それじゃ、秘撫たちの番かしらね。ねえ覇夜斗、あなた、十分にハーレムしてると思うわよ」

 彩陽花お嬢様が僕の首輪から伸びるリードを持って、弄んで。そのリードはベッドに固定されてて。
 こんなのはハーレムじゃない。僕は主人じゃない。いつか、この首輪を彩陽花様に着けて差し上げたい。その時が僕のハーレムの始まりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。