☆ 美味精液を売る僕【お嬢様精飲ハーレム 1】

 今朝は良い天気。天窓から青空が見えて。
 海辺に建てられた館の最上階。眺めは最高。

「おはようございます、麗太郎(れいたろう)様」
「うん、おはよう」
 メイドの秘撫がお水を持って来てくれて。ごくごく飲んで。
 朝の支度をする。シャワーを浴びて。少し身体を動かして。浜辺を散歩して。

「おはようございます、麗太郎様」
「おはよう、麗太郎」
「おはようございます」
 三人の美少女に会う。僕を待ち受けていたようで。

「おはようございます、煌花(きらか)様、麗花(れいか)様、輝夜(かがや)様」
「今日もよろしくお願いしますね」
「はい」
 三人のお嬢様は僕のお客様。かなりのお得意様。

 煌花様は、白長髪に優しい微笑みの素直でぽわぽわした感じのお嬢様。
 麗花様は、淡い金髪をツインテールにした元気で強気なお嬢様。
 輝夜様は、美しい黒長髪の落ち着いた感じのお嬢様。
 連れているメイドたちも凄い美少女揃いで。

 僕は麗太郎(れいたろう)と言う。性愛師だ。
 と言っても、少し特殊で。僕の売りは美味精液。
 もちろん愛撫の技、性交の技も相当のものだけど。僕を買いに来る女性は基本的に、美味精液を飲むのが目的。

 ただそれは、必ず射精しなくてはならないと言うこと。普通なら一日に何度もできることじゃない。
 でも僕は性力も鍛えてあって。一日に何十回も射精可能。

 そして僕の美味精液は、僕が気持ち良いほど美味になる。
 だからオナニーで出して提供したりはしない。欲しがる女の子のお口の中、オマ×コの中で出した方が気持ち良くて、美味しくなるから。

「今日は煌花様からですね。愉しみです」
「こちらこそ、麗太郎様のオチン×ン様が待ち遠しいですわ」
 優しく清楚な感じの煌花様。
 でも僕のオチン×ンを咥えるのが大好き。まあ、みんなそうだけど。

「私たちも忘れないでね。煌花の後だけど」
「そうですよ」
 麗花様と輝夜様は嫉妬の視線。この三人はけっこう仲良しで。だから嫉妬も隠さない。

 そして館に戻って。プレイルームで煌花様を待つ。
 広く豪華な室内には浴槽や大きなベッド。
 この豪華な館は僕のモノ。僕の精液は高価で、僕はお金持ちだから。

 お金持ちなら、性愛師として客をとる必要なんて無いと思うかもしれない。
 でも、僕はお客様を選べるくらいの高級品。そんな僕を買えるのは、お金持ちで、若く美しいお嬢様たちだけ。
 僕のお仕事は、美しいお嬢様たちに精液を飲ませること。
 いくらお金が貯まっても、止める訳がない。

「麗太郎様、煌花様がいらっしゃいます」
 秘撫が扉を開けて。
「愉しんでくださいませ」
「ありがとう」
 秘撫は無表情なジト目の白髪おかっぱメイド。僕の身の回りの世話をしてくれて。
 そして僕の愛人であり、性愛修行の相手でもある。
 秘撫はけっこうお客様に嫉妬もする。まあ、その嫉妬をぶつける相手は僕。お客様にはあくまで優しいから、問題は無い。

「麗太郎様!」
「ようこそ、煌花様。どうぞ、たっぷり愉しんでください」
「はい! ああん、待ち遠しかったですわ。早く、オチン×ン様をしゃぶらせてくださいませ」

 煌花様のさらさらの白長髪が輝いて。
 優しく素直なお嬢様は細めでスタイル抜群。特に脚の美しさは格別で。その美脚は白タイツに包まれてる。タイツの股間は切り抜かれてて。
 ドレスも白。レースの手袋も白。お肌も白く透き通るようで。赤みを帯びた瞳が映えて。

 光の聖霊のような煌花お嬢様。一番の魅力は、その素直な優しい微笑み。まるで聖女。
 でもこの美少女はこれから僕のオチン×ンを舐めしゃぶる。そのために多額のお金を払って。凄く愉しみにしてて。

「麗太郎様、ご準備を」
 淡いピンク髪をツインテールにした美少女メイドさんが脱がせてくれる。
 桃花(とうか)ちゃんは煌花様のメイドさん。小さくて、ちょっと悪戯っぽい感じの娘。

「あの、麗太郎様、今日は他のメイドたちも連れて来ています。あの、お土産を、いっぱいくださいませ」
 初めて観る美少女メイドたちが控えてる。三人か。みんな可愛い。
 お土産とは、オマ×コに受けた精液を持ち帰ること。お口に射精した分は、飲まないのは難しい。それほど美味しくて。
 いつもは桃花ちゃんのオマ×コに三回くらい注ぎ込んでテープで蓋をする。今回は追加でこの三人のメイドさんにも同じように注いであげるんだな。

「はあん、麗太郎様のオチン×ン様、ああん、昨日も来たのに、久しぶりな感じ」
 煌花様は僕のオチン×ンにキスして。舐めて。ずっぽり咥えて。

「んっんっんっ、あん、やっぱり美味しい、ん」
「みんな、麗太郎様のお身体を愛撫して差し上げて。美味しい精液をたくさん出していただけるように。麗太郎様、どうぞ、この娘たちの身体もお楽しみください」
「うん、ありがとう」

 半裸になって群がって来る美少女メイドたち。乳首や耳元、足指の間などを舐めてくれて。
 基本的な性技は知ってるみたいだ。気持ち良い。
 遠慮なくおっぱいなどを揉ませてもらう。ああ、柔らかい。

「んっんっんっ、ん、んー」
 煌花お嬢様の口淫は続く。かなり上手だ。僕のために、たくさん練習してくれたから。

 根元まで咥えて嬉しそう。幸せそう。お口の中は暖かくて、大量の唾液に浸って。滑る唇と舌のぷるぷるの感触。
 動きはそれなりに激しい。でも激し過ぎはしない。丁寧な口淫は、愛情が染み込んで来るようだ。

「煌花様、素晴らしいです、気持ち良いお口です」
「んんっ」
 優しく髪を撫でながら、お嬢様の口淫を楽しんで。
 精液が上がってきてる。いつでも出せそう。でも、しばらくそのまま愉しむ。僕が気持ち良いほど美味しくなるから。

 煌花様は急がせたりしない。オチン×ンを咥えてるだけでとっても嬉しそう。
 そんな彼女が愛おしくなって。いっぱい出してあげたくなって

「んっ、んっ、んっ、んー、ん」
「んっ、そろそろです」
「んっんっんっ、んちゅ、んんん」
 吸引力が強くなって、唇の締め付けが強くなって、滑りが早くなって。舌の動きも激しくなって。

「お待たせしました、どうぞ」
「んんんーっ!」
 強い吸引と共に、気持ち良く口内射精。
 白髪の素直お嬢様のお口の中にどくどくと注ぎ込んで。

「んっんっ、ん、ふあっ」
 まずはお口に溜めて味わってる。ほっぺたがぷっくり膨らんで。こぼれそうな分だけ飲んで。

「ん、こくっ、ん、ごくっ、ぷはっ、ああん、美味しい! ああ、素晴らしいわ。麗太郎様、ありがとうございます」
「こちらこそ、僕の精液、煌花様に買っていただけて幸せです」

 僕たちは微笑み合う。煌花様の笑みはとっても明るくて嬉しそう。

「あの、もっと」「はい」
 再びしゃぶり着いて来る唇。僕は彼女の柔らかい白髪を撫でて。
「んっんっんっ、ん、三回連続でお願いします。煌花のお口にいっぱいください」
「はい」

 美味精液の連続口内射精は、一つの贅沢。
 永くお口に貯めて味わいたい。でも、出したての濃いのも飲みたい。
 そんな、わがままな精飲欲求を満たすには?
 一発目をお口に溜めて味わい、二発目で飲めば良い。

「んん、ん、んん」
 煌花様のおしゃぶりは休まない。
 上下する頭、滑る唇、絡みつく舌。すぼめられた唇と頬がエロい。

「ん」「んあっ、ああっ、おいひ、ん」
 遠慮なく口内射精。そして射精中も休まない口淫。
 今度は飲まない。お口に貯め、味わってる。口内の感触もぬるぬるになって。

「煌花様、ほっぺたが膨らんでます。無理しないで、飲んでも良いんですよ」
「んーっ、らめえ、もう一回、だひて」
 咥えたまま頭を振るお嬢様。気持ち良い。

 僕はその頭に手を添えて。柔らかな白髪を撫でて。
「んーっ!」
 嬉しそうな煌花様。口淫も激しくなって。
 やがてまた口内射精。

「んぶっ、んっんっ、こくっ、ごくっ、ぷはっ、んちゅ、んー」
 美味精液でいっぱいのお嬢様の口内。唾液で薄まり増量したそこに、出したての濃い精液を追加。
 待ち構えていた舌がうねり、美味しそうに飲み下す。

 そしてまだ離れない。まだ二発。連続三発お願いされた。

 最後は僕が身体を起こして。煌花様の頭を押さえて、腰を動かして。
「んっんっんっ、んあっ、ああっ」
 根元まで入れると、当然喉を突くことになる。でもむせたりはしない。僕も慣れてるし、彼女も慣れてる。
 聖女のような白髪お嬢様は嬉しそう。うっとりしてる。

「ん、三発目、どうぞ」「あふっ、ああん、ありがとう、ああっ」
 三発目は直接喉奥に流し込む。それでも口内にも逆流して。美味しそうに飲まれる。その喉の動きが射精を加速して。

「ふーっ、それじゃ、おみやげの分も注ぎましょう」
「あん、お願いします」
 のろのろと股を開く煌花様。僕の美味精液を味わってうっとりしてる。
 彼女のオマ×コにも美味精液を射精する。後で搾り出して飲むはずだ。

 無毛で綺麗なオマ×コにオチン×ンを入れる。
「あんっ! ああああっ!」
 煌花様はイってしまったみたい。でも動く。彼女の膣穴で射精するのが僕のお仕事だ。

「ああんっ、麗太郎様のオチン×ン、相変わらず凄いです、ああんっ、コレ好きっ、麗太郎様とのセックス、大好き!」
「僕も煌花様とのセックス、好きです。気持ち良いオマ×コです」
「あんっ、いっぱい、いっぱい使ってください、いっぱい出して、美味しいあなたの精液」
「はい」
 そして煌花様は三回くらいイってしまって。

 オマ×コにもたっぷり射精。優しい白髪お嬢様に求められて膣内射精。
 最高だ。これが僕のお仕事。

「はふう、ありがと、ございまひた」
「こちらこそ、煌花様のオマ×コに射精するの、とっても気持ちよかったです」
「はあん、嬉しい!」

「麗太郎様、それでは私どものオマ×コにもお願いいたします」
「うん」
 お尻を上げて待ってる桃花ちゃんにも挿れて。ズコズコ突いて。

「あっあっあっ、いつも通り、三発分、入れてくださいませ」
「うん」
 そのまま連続三発の膣内射精。快感耐性が強い女の子じゃないとできないこと。桃花ちゃんは強くて可愛くて。
 最後は彼女もへろへろで、お腹はちょっと膨らんでて。こぼさないようにがんばって締めるオマ×コに、テープでふたをしてあげて。

「あ、あの、麗太郎様、私どものオマ×コにもお願いいたします。お嬢様に飲んでいただけるなんて、その、嬉しいです」
「うん。優しくするけど、がんばってね」
「はい!」
 三人のメイドさんにも膣内射精して。

「はあん、麗太郎様の美味精液がこんなに。楽しみだわ。ありがとうございました」
 煌花様がメイドたちのお腹をさすりながらうっとしてる。

「どういたしまして。後はどうしますか? まだ少し時間がありますけど」
「あん、それでは、みんなに飲ませていただけますか」
「はい」
「あん、お嬢様、ありがとうございます!」
 桃花さんとメイドさんたちがしゃぶり着いてくる。
 そしてみんなに口内射精して。してあげて。美味しく飲まれて。

 最後にまた、煌花お嬢様のお口に三発。
 途中で幸せそうにへろへろになってしまったけど、メイドさんたちが彼女の頭を押さえて動かしてくれて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。