☆ そして僕の妻たちと 【射精ガチャ~魔法アイテム具現化ハーレム~ 9】

 そして僕たちは解放されて。媚薬漬けにされていた女の子たちは、淫術師の夜話裸が癒してくれて。

 魔族と王国は和解して。魔族の女王の紅夜と、王国の女王陛下の星璃空様。二人は仲良く僕の妻になって。
 僕は一応、武勇で魔族を納得させた勇者と言うことになっています。エッチで堕としたなんて公式発表はできないから。

 そして妻はもっと居て。煌夏、神好香お姉ちゃん、輝夜ちゃん、秘撫、そして夜話裸も僕の妻になってくれて。これは彼女たちと僕の強い希望で実現しました。

 妻が七人も居る僕だけど、愛人はもっと居ます。王宮に居る女性はみんな僕の愛人で。女兵士たち、貴族の娘さんたち、そして魔族の美女たちも。
 それでも七人の妻ができたことで、他の娘とするエッチはかなり少なくなっています。

 アイテムのために僕を求め貪ることは禁じられました。これは当然です。
 でも誘惑することは許されていて。みんな美しくてエロくて。
 しかも僕は自由に彼女たちとエッチすることができて。そんなに我慢はできなくて。アイテムもたくさん現れてしまって。

「んちゅ、んー、灯夜ちゃん、早く飲ませて」
 今、神好香お姉ちゃんが僕のオチン×ンを咥えてくれていて。愛情たっぷりに舐めしゃぶってくれて。
「灯夜君、僕にも」「灯夜君、私にも」
 輝夜ちゃんと秘撫もお口を開けて待っています。

「ん、それじゃ」
 僕は神好香お姉ちゃんの頭を抱えて動かして。お姉ちゃんのお口にたっぷり射精。
「んんっ、んぷ、あひゃ、美味しい、んぷ、ひゃい、星璃空様」
「あ、あん、んく、こくっ」
 お姉ちゃんは飲み込まなくて。上を向く星璃空様のお口にたらし込んで。星璃空様の喉が鳴ります。飲んでる。

「んちゅ、んぶ、んー」
 すぐに輝夜ちゃんが咥えてくれていて。射精したら、やはり星璃空様に飲ませるはず。

「ん、んあ、灯夜君の精液美味しいわ、でも、こんなに飲まなきゃいけないの?」
「もちろんです。星璃空お姉様も灯夜の妻なんですから。他の女たちが飲んできた精液量は、まだまだこんなものではありませんよ」
「あうう、煌夏ちゃん、もう赦して。あなたと灯夜君を引き離してたことは、あんなに謝ったのに」
「まだ赦せません。お姉様、もっと灯夜の精液飲んでください」

「あうう、飲むけど、直接飲みたいわ。旦那様のオチン×ンしゃぶりたいわ」
「あらあら。それじゃ秘撫ちゃんの後ですね」

 そして輝夜ちゃん、秘撫のお口に射精して。二人も星璃空様に飲ませて。
「ん、煌夏様、そろそろ星璃空様を赦してあげてください」
「星璃空様はもう十分に灯夜君のオチン×ンの虜ですよ」

「まあそうね。でもそれなら、いっぱい飲めるのは嬉しいでしょう」
「ああん、そうよ! あん、灯夜君、灯夜様、星璃空のお口に直接いっぱい注いでくださいね」
 星璃空様がしゃぶり付いて来ます。金髪ロール髪の小さめ美少女がオチン×ンを奥まで咥えてくれて。

「ん、んっ、んくっ、ん、んんっ」
 激しい口淫。まるでお口で感じているような。それはその通りです。僕の性愛技と淫薬の効果。星璃空様のお口はオマ×コ同様に感じてて。

「そのまま十回は飲んであげてくださいね。灯夜、お姉様に飲ませてあげてね、お願い」
「うん。でも煌夏、キミはしてくれないの? キミにもみんな以上に飲ませたい。オマ×コにも注ぎたい」
「もちろんさせてもらうわ。でも、まずは星璃空お姉様を」
「うん」

「んーっ、んっ」
 星璃空様のお口にもたっぷり射精。こくこく飲まれて。でも離れない。そのまま口淫は続いて。
 そして何度も口内射精。十回は超えて、でも星璃空様は離れなくて。

「あの、お姉様、そろそろ交代しても良いのですけど」
「んんっ」
 咥えたまま首を振る星璃空様。
「どれだけ飲むおつもりですか。まあ良いですけど。灯夜の聖液、そんなに気に入ったのですか」
「んーっ、んん」
 星璃空様が精液でお腹いっぱいになるまで飲ませて。何回くらいかな。三十回はいってないと思うけど。

「ぷはっ、ああん、灯夜、ありがとうね。気持ち良かった?」
「ええ。それにしても星璃空様、お上手になられましたね。こんなに出ちゃうなんて」
 辺りには美麗なドレスや装飾品が散らばっています。僕の射精と共に現れるアイテム。

「ねえ、灯夜、疲れた? 少し休む?」
 煌夏に訊かれて。
「いや、煌夏ともしたい。ずっと待ってたんだよ」
「あん、私もよ!」
 僕たちは抱き合ってキスして。すぐに押し倒されて、オチン×ンを咥えられて。

「んっんっんっ、ん」
 煌夏の口淫。その技術は一番と言う訳ではありません。一番上手なのは、やっぱり性愛師の夜話裸ちゃん。神好香お姉ちゃんや輝夜ちゃん、秘撫も、僕のオチン×ンをたくさん咥えてきて、煌夏よりかなり上手になっています。
 でも、だから、煌夏にはたくさん咥えさせて。早くみんなと同じくらい、いや、それ以上に上手になって欲しいから。

「んあ、出るよ」「んんー」
 やがて口内射精。もちろん一発くらいでは放してくれなくて。お腹いっぱいになるまで何回も何回も口内射精させてくれて。
「ぷはっ、ああん、もう限界、これ以上飲めないわ」
「それじゃ、オマ×コだね。ああ、やっとだ。やっと煌夏のオマ×コに入れられる」「何よ、毎日やりまくってるじゃない、ああん」

 そして煌夏のオマ×コに入れて。今度は僕が動いて、彼女をよがらせます。僕の性技はかなりたいしたものになっていて。煌夏は簡単にあへあへになって。
「あにゃ、ああん、あ、ああっ! イったわ、またイった、イきましたあ! ああん、でも、もっともっとするのよね、ああん」
「んー、まだ射精もしてないよ。十回くらいは膣内射精して良いよね?」
「あふう、私は何回イかされるの? 百回とか? ああん、バカになっちゃうわ」
「大丈夫、ちゃんと手加減するから!」「ああっ!」

 そしてそのまま十回くらい膣内射精。煌夏はあへあへのとろとろになって。でも気絶とかはしません。僕がパワーを送り、癒しているから。僕の性愛師としての技も上達しました。
「あにゃにゃ、ああん、終わらないわ、快感が終わらない、快感地獄よ」
「えー、地獄はやだな。天国にしたいのに」
「あうー、それなら、もっと手加減して! あっ! ああん!」
 やっと煌夏から抜いて。白濁液が溢れ出すオマ×コには星璃空が吸い付いて。
「あう、お姉様、まだ飲むの?」
「ええ、夜話裸ちゃん特性の精液消化剤をもらったから。まだまだ飲めるわ」
「あうう」

「旦那様、やってるな。私にもしてもらうぞ」
 あ、紅夜も帰って来た。彼女にもいっぱいしてあげないとな。
 お口を開く魔族の女王様にオチン×ンを咥えさせて。

「灯夜ちゃん、私にも」
「そうですよね、してもらわないと」
「僕も」
 神好香お姉ちゃん、秘撫と輝夜ちゃんも待ってる。早くしてあげなきゃなあ。
 いや、待たないな。僕の唇や乳首に吸い付いて来て。

「今日はどんなアイテムを出してもらえますかねー」
「そうね、楽しみね」
 みんなアイテムも愉しみにしてくれてる。それは良いんだ、それだけじゃないことは知ってるから。お似合いのエロ衣装とか出てくるかもしれないし。

「うーん、何だか、収まっちゃったわね。でも灯夜、気を抜かない方が良いわ。あなたは世界の王様にならなきゃいけないのよ」
 夜話裸が凄いことを言います。

「そうしなきゃ収まらないのかな?」
「そうよ。あなたがしなきゃいけないことよ。まあできれば、武力とかじゃない方でね」
「うん、がんばるよ。もっと淫術と淫技を教えてね」
「はいはい」

「もー灯夜ちゃん、もっとハーレムの女を増やすつもりね。みんな、やっちゃいましょ」
 それでも僕はみんなアヘアヘにして、返り討ちにして。
 世界の王様なんて目指さない。でも、そうなるなら避けることでもない。ただもっとエッチなハーレムを愉しみたい、それはある。

 僕は淫術師になるんだ。世界一の淫術師になる。そして妻たちと愛人たちをみんな幸せにする。そのために必要なアイテムは、いっぱい出ちゃうだろうな。

終 ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。