☆ 僕のハーレムは素晴らしくて 【愛神として目覚めた僕~覚醒ハーレム~ 3】

「さてと、それじゃ次は麗佳さんかな」
「はい。それでは。んちゅ、聖太郎様、どうぞ愉しんでくださいませ。私たちは皆、あなた様の女です。いくらでも何でもさせてください」
 黒髪眼鏡のクール美少女は冷静にスムーズに舐めしゃぶってくれて。

「んんっ、うん、ありがとう。麗佳さんのお口はとっても上手いな。いっぱい飲ませちゃいたくなるな」
「どうぞ、あなた様が望まれるなら、いくらでも」
「んんっ! イくよ」
「ひゃい、私のお口にたくさんくださいませ、ああん」
 僕はまたたっぷり口内射精して。

 うーん、纏ちゃんと同じだけなら、このまま三回だけど。もっとしたくなる素晴らしいお口だな。
 でもオマ×コはどうなんだろう。もっと良いのかな。他の娘のお口やオマ×コも気になる。麗佳さんにも、とりあえずは三回ずつだな。

「後二回、このままして」
「ひゃい、ありがとうございます。とっても美味しい聖液、いただきます」
 こくこく飲まれる感触がオチン×ンにも伝わって来て。嬉しそうな笑顔がまた僕のオチン×ンにパワーをくれて。
 麗佳さんにも連続で口内射精させてもらって。三回の射精を飲ませて。

「あん、あふん、聖太郎様の精液をこんなに飲ませていただけるなんて、夢みたいです」
「まだまだ、オマ×コでもしてもらうよ。紺ちゃんと蘭ちゃんもね」
「はい。お任せください。それでは失礼します」

「ああっ! 凄い、ああ、出ちゃう、入れただけで出ちゃうよ!」
「あ、止めますか? んんっ」
「あうう、止まった? 圧力じゃないな、性感操作か。凄いな。性愛師としても一流なんだね」
「それはそうです。性技を究めた女だけが愛神様の巫女として、聖液を搾る役目を任されますから」
「んー、僕も性愛師だったけど、とても敵わないな。優しくしてね」
「はい、お任せください!」

 そして優しく楽しませてくれて。素晴らしいオマ×コの感触と腰技。しかも十分に時間をかけてくれて。

「そろそろ射精をいただいてよろしいでしょうか?」
「うん、このままイかせて」
「はい。んっ、んんっ」
 スムーズで気持ち良い膣内射精。快感は纏ちゃんより上かも。さすがメイド長、いや司祭長さん。

 最初は上に乗ってもらってしました。そして次は後ろから突いて。最後に前から抱き合って。麗佳さんの素晴らしいオマ×コにも三回の射精を注ぎ込んで。

「次はえっと、蘭ちゃんお願い」
「はい!」
「うー、私は最後ですか」
 蘭ちゃんは白髪褐色肌の元気娘です。最後になってしまうジト眼青髪の紺ちゃんは不満そうです。まあそれも可愛いけど。

「ん、それじゃ二人一緒にしてもらおうかな」
「はい!」
 元気娘とジト眼娘、二人の美少女メイドが股間に集って。オチン×ンにキスして、舐め始めて。
「んっ、れろっ、んー」「んじゅ、ん、んー」
「交代で咥えて」「ひゃい」
 蘭ちゃんから咥えてくれて。紺ちゃんはタマタマを舐めてくれて。

「んっんっんっ」
「うん、なかなか良いよ。二人のお口にも三回ずつ出すからね」
「ひゃい! ありがとうございます」
 蘭ちゃんのお口は元気で激しくて。紺ちゃんのお口はじっとりと吸引力が凄くて。うん、予想通りだな。とっても気持ち良い。

「ん、んんっ」「ああんっ」
 そして蘭ちゃんのお口から、たっぷり口内射精。交代しながら三回ずつ飲ませて。
 そして褐色元気メイドとジト眼メイドのオマ×コも楽しませてもらって。二人共キツめのオマ×コでしたが、蘭ちゃんは元気いっぱいの腰振りで、紺ちゃんはねっとり吸い上げる吸引オマ×コでした。

「ふー、いっぱいしたなあ。でもまだ足りない?」
「聖液の量としては足りません。お口にいただいた分は飲ませていただいてしまいましたし」
「女王様の注文が入ってるんだよね。まあ、もっともっと出せるから。射精させてくれるかな」
「はい! ありがとうございます!」

「それじゃ、みんな、オマ×コ並べて。そうだな、最初は脚を抱えてオマ×コ開いて。その次はお尻を上げて並んで」

「はい。愛神様のご命令なら、どんな格好でも」
 裸の美少女たちが、広いベッドに横たわって。脚を上げて抱えて。当然、綺麗なオマ×コが丸見えになって。指先で開いてくれて。そして現れるピンクの柔肉からは蜜と僕の精液が滴ってて。

「うーん、みんな良いオマ×コだ。いっぱい出せそう」
「あ、ありがとうございます。たくさんお願いいたします。ああっ!」
 僕はやっぱり纏ちゃんから入れて。何だかとってもしっくり来る、相性の良いオマ×コです。

「あっ、あっ、あっ、ああん」
「んっ、んんっ、そんなに良い?」
「はい、素晴らしいです、ああん」
 彼女は気持ち良さそうにあえいでくれて。素直な美貌がにへらと溶けてて。そしてしっかり絡み着いて来るオマ×コ。膣肉の締め付けもリズミカルで。

「んんっ、やっぱり良いな。それじゃ次は紺ちゃんね」
「え、あ、はいっ、ああん!」
 青髪おかっぱのジト目美少女のオマ×コに移って。ぬるぬるの吸引オマ×コを愉しんで。

「蘭ちゃん!」
「ああっ、ありがとうございますう、ああんっ!」
 白髪褐色肌の元気娘はしっかり腰をうねらせて。ぬるキツオマ×コを愉しんで。

「麗佳さん!」
「ああ、やっと来てくださるのですね、ああん」
 黒髪眼鏡のメイド長さんのオマ×コに入れて。メイド長じゃなくて司祭長だっけ。なんだか学校の委員長さんみたいにも見えるけど。
 彼女のオマ×コはキツくなったり、にゅるにゅるぐねぐねしたり、そしてその変化のリズムがとっても気持ち良くて。快感だけなら一番だな、さすが司祭長。

「ん、それじゃイくよ。僕のオチン×ンを射精させるのは得意だよね。させて」
「はい! んんっ。ああっ!」
 うねるオマ×コがしっかり射精させてくれます。どぴゅどぴゅ注ぎ込んで。

「あ、ありがとうございまひゅ」
「ん、まだ終わらないよ。次は蘭ちゃん、イかせて」
「はいっ!」
 元気娘のぬるキツマ×コでまた射精。麗佳さんは膣内の精液を杯に搾り出しています。

「麗佳さん、蘭ちゃん、お尻を上げて待っててね。纏ちゃんまで戻ったら、また入れるから」
「はい!」
 そう言う僕は紺ちゃんのオマ×コに入れてて。もちろんこのまま出すつもりです。

「あん、ああ、あん」
「ん、紺ちゃん、そろそろイかせて。できるでしょ」
「ひゃいい、んんっ」
 腰はあまり動かないのに、その膣内がくにくにうねって。僕の腰振りも加速してしまって。またたっぷり注いで。

「纏ちゃん、お待たせ」
「はにゃあ、またしてくださるのですね、ありがとうございます」

 眠っていた僕を射精させまくってくれていた美少女たち。本当に僕を射精させることには慣れてるみたいで、とっても巧みで気持ち良くて。
 でも僕が動くのは初めてみたいで。みんなアヘアヘになってくれて。

「ん、イくよ!」「ひゃいい!」
 纏ちゃんのオマ×コに気持ち良くイかせてもらって。

「ふー、それじゃ今度は後ろからね」
 麗佳さん、蘭ちゃん、紺ちゃんは膣内の精液を搾り出して、お尻を並べて待っていてくれて。もちろんまた順番に膣内射精します。
 やがて僕はまた纏ちゃんのお尻を抱えて突きまくって。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。