タグ別アーカイブ: バトル

☆ 女装性愛闘士と蹴撃の美脚【淫暴嵐舞~ハーレム武闘会~ 1】

 僕は麗雅(れいが)。今、闘技場に入場して来て。

「おおっ、可愛い!」「本当に男?」「チ×ポ見せてー!」

 そう、僕は女装しています。フリルの多い萌え風味のメイド服。伸ばした髪は三つ編みにして。脚には白ニーソ。十分に美少女に見えるらしくて。
 声援に応えて、スカートをめくり上げて見せて。恥ずかしげな表情も忘れません。

「おおっ、可愛いのに立派なオチン×ン!」「素敵!」
 オチン×ンの膨らみと、勃起して現れてしまってる先端部までしっかり魅せて。

「お、斗夜子(とよこ)ちゃーん!」
 対面から、ブレザーにタイトスカートの眼鏡美少女が入場。
 セミロングの黒髪、おでこを出してて。真面目そうな秘書とか委員長とか、そんな雰囲気。

 脚は黒タイツ。靴はさすがにヒールじゃないな。その美脚を高く翻して。スカートには大きなスリットが入ってる。
 歓声が起きます。彼女は蹴り技に優れるらしいです。

「初めまして、麗雅君。可愛いわね。こんなに可愛いのに、オチン×ン付いてるのね。雄汁の味が愉しみよ」
「初めまして、斗夜子さん。綺麗ですね。あなたのイき顔が愉しみです」
 僕たちは微笑み合って。高まる期待。

 此処は淫嵐舞闘会の試合場。いわゆる地下格闘のひとつです。
 淫嵐の名の通り、出場するのは性愛闘士。性愛の技と愛戯を魅せる武術家です。

 武術で闘うけど、決着はノックアウトやギブアップではなくて。先にイかせれば勝ち。イかせられたら負け。性愛の見世物でもあります。

 男性の性愛闘士は珍しいそうです。十分な美形であり、闘技と淫技を併せ持つ男性は希で。
 僕は久しぶりの男性性愛闘士。
 心が高鳴る。このために武術と美貌と淫技を鍛えてきたんだ。

 五人の美少女闘士を倒したら、引退も許される。たった五勝で良い。ある意味、緩くも見える契約。
 でも倒されたら、相手の性奴隷にされる。一度も負けられない。

 もちろん、倒した相手を僕の性奴隷にもできる。
 斗夜子さんは綺麗でエロい。絶対に勝つ。

「始めましょうか」「ええ」
 始まりの合図はありません。もう互いに闘場に立っているのだから。

 僕は構え。右前の半身、掌を立てた構え。
 斗夜子さんの構えは、大きく右足を上げる独特のもの。踵落としのような体勢。タイツに隠された股間が見えて。伸ばされた脚も魅力的。
 ああ、これは見るだけで惹かれる。勃起が硬くなってしまう。この舞闘会では効果的な、エロい構えだ。

「ふんっ!」「おおっ!」
 斗夜子さんが跳ねる。美脚が空中で翻って。縦回転で落ちて来る踵。何とか躱して。

「ふっ!」
 一息で四連打の蹴り。全て掌で受け流したけど、凄い衝撃。
 捕まえようとするけど、一瞬で距離をとられて。

「んふふ、良い受けね。でも攻めないと勝てないわよ」
 斗夜子さんの笑みは綺麗。

 そして少し遠くで蹴りのモーションが始まる。
 素振り? 観客に魅せるため? いや、違う!

「ぐっ!」
 何とか受け止める。一瞬で滑り込んで来た。軸足だけで、瞬間移動したかのような踏み込み。
 凄い衝撃でバランスが崩れる。少し飛ばされる。
 彼女の脚技は蹴りだけじゃない。移動術が凄い。

「んっ!」「ふっ!」
 連撃が来る。右脚だけで、左右上下からの蹴りの連打。まるで拳のラッシュのような速度。衝撃の重さは拳の比じゃない。それでいて拳以上に器用に的確に急所を狙って来る。
 それでも僕はその攻撃を何とかさばいて。軸足を払おうとする。でもまた一瞬で下がられて。

「やるわね。さすがの受けね」
「斗夜子さんこそ、さすがの脚です」
 蹴りが凄すぎて、反撃の余裕が無い。

 でも彼女の息も荒くなってる。激しい動きのせいだけじゃない。僕の手が何度も触れたから。
 花撫手(かなで)。花を撫でる手。これが僕の技。
 単純に言うなら、超愛撫の技です。普通の女の子なら、握手したり頭を撫でるだけでイかせることもできる。

「麗雅君、あなたの手、とっても気持ち良いわ。もっと触って欲しくなっちゃう。そんなあなたを性奴隷にできたら最高でしょうね」
「斗夜子さんの脚こそ、綺麗で触り心地も良いです。そんなあなたを性奴隷にできたら最高でしょうね」
 僕たちはまた微笑み合って。

 そして一瞬、彼女の姿が消える。それほどの速い踏み込み。そして鋭い蹴り。しかも背後から。
 その蹴りは僕の股間を捉えて。男性に対して最も効果的な技、金的蹴り。しかも斗夜子さんの超速の蹴り。

「あっあっ」
 さすがに痛い。息が詰まる。僕は倒れて。

「ふふ、痛そうね。睾丸を上げてたとしても、効くでしょ。それじゃイかせてあげるわね」
 脚で僕を転がそうとする斗夜子さん。僕はその脚に抱き付くように捕らえる。

「あっ、効いてなかったの? 手応えはあったのに」
「いや、凄い衝撃で息が詰まった。でも僕の股間は急所じゃないけどね」
 僕のオチン×ンは鍛えまくってあります。陰茎も睾丸も、ハンマーで叩かれても大丈夫なくらい。その男性器がかえって下腹部を護ってくれて。それでも凄い衝撃だった。

「ふんっ!」「おおっ!」」
 彼女の脚は振られて。僕を布きれのように纏い付かせたまま、大きく翻って。軸足一本でジャンプして。地面に叩き付けるつもりだ。

 でも、そんな彼女の勢いが消える。全身が弛緩してる。
 僕の手が彼女の股間に触れたから。僕たちは重なり合って転がって。

 組み討ち勝負。僕は彼女の乳房を掴んで。
 でも腹部に凄い衝撃。手が離れてしまう。至近距離の膝蹴りだ。
 そのまま転がされて、股関節と両肩に蹴りを入れられて。
 手足が痺れる、動かない。関節の急所を打たれた。凄いな、打撃で動けなくできるんだ。

「んふふ、私の勝ちかな。危なかったわ。これ以上触られたら、イってたかも」
 スカートをめくられ、下着を破られて。

 そして斗夜子さんも靴を脱いで。オチン×ンを踏まれる。
 足で愛撫される。足指の動きが凄い。

「あっあっ」
「ふふ、私の足、良いでしょ。このままこの足にぶっかけて良いのよ。ほらほら、精液出しちゃえ。あなたが性奴隷になってくれたら、いっぱい可愛がってあげるわよ」

 斗夜子さんも座り込んで。両足を使い始める。器用すぎる彼女の足が僕の勃起を挟み締め付けて、しごいて。凄い快感。
 視覚的にもエロくて興奮する。彼女の美脚、股間が丸見えで。あ、おっぱいを持ち上げて揺らして見せつけてくる。

「んっんっ、まだがんばるの? 凄いわ、さすがに強いオチン×ンね。ああん、足が気持ち良いわ。えっ?」
 斗夜子さんが跳び下がる。僕が股間に触れようとしたから。

「もう動けるのね。気功で治した?」
「ええ」
「それじゃ、もっと叩きのめしてあげなきゃね。治せないくらい」

 そして僕たちは互いに踏み込んで。斗夜子さんの凄まじい蹴りと、僕の掌がすれ違って。すぐに互いに反転して。
 斗夜子さんの超速の動きは鈍ってる。僕に股間や胸を触られたし、オチン×ンをしごいてた脚も快感で痺れてる。
 今の彼女の動きになら対抗できる。

 無数の蹴りと掌打が交錯して。
 そして僕は一瞬の隙に踏み込んで。抱き付くような体勢。

「あぐっ!」
 斗夜子さんがうめく。彼女のお腹に僕の勃起が突き刺さってる。勃起した陰茎による打撃。腰の力によるボディブロー。
 彼女の頭が下がって。その頭に掌打を打ち下ろして。ふらつく彼女の顎にアッパーカットの陰茎打撃。
 最後の打撃は陰茎でする必要も無いけど、観客に魅せるため。

「んあっ、ああ」
 倒れる彼女を抱きとめて。寝かせて脚を開いて。タイツを破って、ショーツをずらして。
 無毛で綺麗なオマ×コはしっかり濡れてて。入れ易いな。

「ああああっ!」
 斗夜子さんのオマ×コに入れる。さすがに気持ち良い。あの驚異の蹴撃を生み出す身体だものなあ。素晴らしい締め付け。

「あっあっ、あなた、セックスするの? 自分はイかないって自信があるのね、ああん、凄い、気持ち良い」
「ふふ、僕を先にイかせれば、逆転勝ちだよ。ほら、がんばって。もっとオマ×コ締めてみれば?」

「んあっ、あっ、舐めないでよね、私だって性愛闘士、オマ×コも鍛えてあるんだから、あんっ」
「おっ、さすが、凄い締め付けだ! それじゃ僕も動くよ」
「ああああんっ!」
 僕は遠慮無く動く。性愛闘士の鍛えたオマ×コだから、遠慮無く突きまくる。
 そして快感を送り込む。オチン×ンから、彼女のオマ×コに直接送り込む。常人なら触れるだけでイかせられる愛舞技を、オマ×コの奥に染みこませる。

「あっ! あっ! ああああんっ! 強い、強すぎっ! こんな、子宮を殴られてるみたいな、あんっ!」
「その通りだよ。キミをここまで叩きのめしたのも、僕のオチン×ンだもの」

「そっ、そんなの、ああんっ、こんなの苦しいだけよ、イったりしないわ」
「イかせて欲しいの?」
「あんっ、違うっ、ああん、あぐっ、ああっ、ダメっ、ダメ、こんなの、イってはダメなのにい!」
 僕の快感の指先が彼女の乳首とクリトリスも優しく刺激して。
 そして彼女の膣内の急所も解った。そこを突く。鍛え上げた亀頭で優しく突き、カリ首でえぐる。

 花撫手の奥義も使う。斗夜子さんを快感で奏でる。彼女のあえぎ声が歌になる。僕が演奏してる。
 その声を聴く観客も高まって来る。みんなオナニーを始めてしまっている。

「あひっ、あひっ、ああっ、ダメっ、そこダメっ、ああん、イっちゃう! ああっ、死ぬっ、オマ×コ壊れるっ、イき死ぬっ、ああん、負けちゃうう!」
「ほら、イけ! イって僕の性奴隷になれ! このとっても良いオマ×コ、毎日使ってあげるよ! 気持ち良くなっちゃえ!」

「ああああああっ! イく! 気持ち良いいいい! イってる、イっちゃった、ああん、負けちゃった、あああっ、私、麗雅君の性奴隷、ああん」

 ゴングが鳴り響く。斗夜子さんの絶頂が判定された。僕の勝利だ。
 鳴り響く拍手と歓声。

「ふふふ、僕の勝ちー。斗夜子、気持ち良かった? 僕のオチン×ンでイくの、良かった?」
「あああっ、良かったですっ。麗雅様、これで斗夜子は、あなた様の性奴隷、あああっ、だから、もう、お許しを!」

「何を許すの? 斗夜子のオマ×コはもう僕のモノでしょ。とっても気持ち良いから、まだまだ抜かないよ」
「ああん、私、壊れちゃいますう!」
「大丈夫、優しくするよ。ほら」
「あああっ! あ、あ、本当に優しい、オマ×コが暖かい、癒されてる、あん」

「このまま僕も射精するよ。斗夜子のオマ×コに、精液いっぱい出すよ」
「あんっ、ああん、どうぞ、ください、ああん」
「嬉しい?」
「嬉しいです! あんっ、麗雅様のオチン×ン、最強、最高です! ああん、それに、麗雅様、こんなに可愛くて綺麗で、あん、それなのに、私を倒した人、私より強い人」

「斗夜子、もしかして、僕のこと好きになってくれた?」
「大好きです! 御主人様、どうか斗夜子を末永く可愛がってください!」
 斗夜子は美脚を僕の腰に絡めて。ちゅばちゅばとキスして。オマ×コもしっかり締めてくれて。

「ん、イくよ。斗夜子の膣内に出すよ!」
「はいっ! 斗夜子もまたイきます、麗雅様の最強オチン×ンでイかせていただきます、あああっ!」
 斗夜子の極上きゅんきゅんオマ×コに気持ち良く射精。

「あああっ! 激しい、ああん、お腹の中で爆発が、あああっ!」
 膨らむ彼女のお腹。結合部から溢れ飛び散る白濁液。
 射精が続くオチン×ンを抜いて。斗夜子のお顔にぶっかける。彼女もお口を開けて、舌を伸ばして。その舌にも口内にもたっぷりぶっかけて。

「あふっ、れろっ、ああん、麗雅様の精液、美味しい! 本当に美味しい、不思議です」
「美味精液になる修行もしたからね」
「ああん、そんな、素晴らしいです、あんっ、んっ、こくっ」
 美味しそうにむぐむぐして飲み下し、舌を魅せる斗夜子。

 また拍手。僕は立ち上がって一礼して。

☆ 擬感覚戦闘

 女王である星璃逢と、覇主可が捕らえられた。
 このままなら、戦も終わったようなものだ。星璃逢たちの負けだ。

 沙流蘭姫は星璃逢の姉として、救出指令を出した。二人を取り返す。
 獅子桜院、詩嵐武、舞躍夏、芽凜愛、愛舞綺、映離射の六人が、夜が明ける前に城を出た。

 残りの兵だけでは、城を守れないだろう。敵軍はそう思っているはずだ。事実、覇主可が来る前、城は落ちかけていた。

 それでも、精鋭たちは城を出る。
 残された少女たちは、絶望してはいない。

 覇主可を助ける。
 そのことを思うと、少女たちの魂が震える。
 そのために城も守る。

 自分たちを守ってくれた少年の、大切なモノも護る。
 それは星璃逢でもあり、この小国そのもの、少女たち自身でもある。

「覇主可はここに居なくても、この国を護るんだな」
 愛舞綺のつぶやきに獅子桜院が応える。
「全く、ありがたい守護者だよ。みんな嬉しそうだ。負ける気がしないな」

「場所が解りました。待たせちゃ悪いわ、急ぎましょう」
 芽凜愛の占術はかなりの魔法力、体力を消費する。しかし疲れたようには見えない。

 隠密行動は諦め、ただ急いだ。

 覇主可と星璃逢は同じ場所に捕らわれているようだ。敵陣の本隊からはやや離れたキャンプだ。

「兵が少ないな。罠かな?」
「そうかもね。いや、そうだろうさ」
 詩嵐武の問いに答えたのは映離射だ。

 精鋭の闘士たちに一般の少女兵をぶつけても、損失が大きい。しかし、それは兵士が少ない理由ではないだろう。

 闘士たちの体力も限界がある。物量で押されればかなわないこともある。精鋭ゆえに、一人の損失でも大きい。兵士をつぎ込む価値はある。

 そんな戦争の論理とは別に、強い相手と闘いたいという思いがある。星璃逢と覇主可を連れ去った少女たちもそうだろう、と思う。だから衛兵も少ないのだろう。
 そして、理由はおそらくそれだけでもない。

「あの舞姫たちは妖術師だ。兵は不要か、邪魔なのだろう」
 妖術、と呼ばれるものは魔法とも区別されている。麻薬が毒や薬と分けられるように。

 厳密な区別は難しい。闘技も魔法も妖術も混じり合い、補い合っている。ひとつだけを修めるものでもない。
 それでも解る。あの少女たちは妖術師だ。

 キャンプの中心、大きな天幕に踏み込むと、覇主可と星璃逢、妖術の舞姫たちがいた。

 覇主可は目隠しをしていない。
 星璃逢はそのことについて仲間たちに警告したいが、愛紅璃の糸が行動を封じていた。

「星璃逢様と覇主可を返してもらう」
 獅子桜院がいきなり魅剣舞の構えをとった。相手は星璃逢と覇主可を入れても五人。十分に魅了する自信はあった。

 獅子桜院が舞い始めると、詩嵐武は長柄を星璃逢に伸ばす。槍にも鎌にもなる武器は伸縮もできるようだ。その上には舞躍夏がいる。

 覇主可が飛び、舞躍夏が弾かれた。詩嵐武は吹き飛んできた舞躍夏を受け止めた。動けなくなる快感の予感。
 舞躍夏の身体を通して快楽を打ち込まれるのは二度目だ。覇主可から離れていたので油断した。時間差で伝えることもできるらしい。

 覇主可が正確に動いた。獅子桜院の魅剣舞に囚われていない。

「目隠ししてないように見えたでしょ?」
 遙思は多流花、愛紅璃にも目隠しを巻いていた。覇主可の目隠しも外していない。魅剣舞は誰も見ていなかった。
 目隠しの上からさらに仮面を付け、本人そっくりの顔を描いてあった。いずれ見破られただろうが、効果は十分だった。

 多流花の使い魔が空中に吹き上がった。小さな少女たちが弾き合いながら、霧を撒いてゆく。
 遙思の目隠しをつけた者には、霧による視界不良は関係ない。視界は遙思が伝える。邪魔な魅剣舞などは見せない。

 獅子桜院は目を閉じた。兜に芽凜愛が魔法図を描いてくれた。それを通して占術による位置情報を受け取り、空間に想い描く。霧の中でそれぞれの位置が解った。 静かな剣舞を舞い始める。魅剣舞ではない。

 遙思には獅子桜院が動いていないように感じられたが、何かおかしい。

 獅子桜院のその舞いは、魅剣舞の裏技だ。注意力を惹きつける派手な動きではない。植物が育つような、悟れない動き。動きが見えない。

 愛紅璃が行動を操る糸片を飛ばす。獅子桜院に命中しない。動いているように見えないのに、位置が変わっている。

 いつの間にか遙思の前にいた。剣は上段。動きは見えず、切られてから解るのだろう。

 遙思が後退できたのは、剣が止まったからだ。立ちはだかった覇主可の指が剣先を捕らえていた。

「助かったわ」
 遙思は覇主可を盾にするつもりだった。星璃逢の幻を見て守ったはずだ。剣を捕えるとは思わなかった。

 実際は獅子桜院が動きを止めた。剣先は捕らえさせた。

 獅子桜院の腰に納められていた短剣が飛んだ。映離射の双剣の一つだ。遠隔操作される短剣は覇主可の頬を掠め、仮面と目隠しを切り落とした。