タグ別アーカイブ: 掲載小説について

【定期更新日記】同人誌新刊はたぶん

☆ 強化魔法を使ってみたり 【夢想家のハーレム 6】

強化魔法による性器強化を試してみたりして。
こういうネタは好きです。
他のことのための術や技術をエッチのために使ってみるのが好きです。

この物語、一回の分量が五千文字くらいになっています。
けっこう多いです。
愉しんで書いてるようです。

どの物語を同人誌化するかで迷っていましたが、
【愛神として目覚めた僕~覚醒ハーレム~】、【飲みきれないからハーレム】
の二つになりそうです。
それと以前作ったいくつかの詩集をまとめられるか。

しかし【ハーレム星の癒し方】や【とある淫魔女学院の開放】もそれなりにお気に入りで迷います。
【夢見る淫魔王子】や【魔力供給プリンセスハーレム】も捨てがたい。

書きかけと言うか、書きたい物語も貯まってしまっています。
【精飲ザードリンカー】は放置されるのか。

現在、【転生淫女】(仮題)という物語も構想中です。
別の人生を望んでいるような女性たちを美少女に生まれ変わらせ、そんな美少女たちでハーレムしてみる物語です。
名作、魔界転生からのアイデアであるのは自明。

しかしタイトルに転生と入れると、異世界に行くと誤解されそうな昨今。

【定期更新日記】続く物語

☆ 少しずつ進むこと 【夢想家のハーレム 5】

性愛奴隷たちとの約束を少しずつ果たしてゆきます。
彼女たち自身も手伝ってくれて。

このまましばらくは彼と彼女たちの日常を書いてゆきたい感じです。
あまり大事件は起こさずに。

新しい物語を思いついて、少しいじり回しています。
様々な事情で人生を悔いている女性を美少女として生まれ変わらせ、そんな美少女たちでハーレムする。
そんな物語を思いついて。
まあ、魔界転生を読んでて思いついたんですが。
これはまだどうなるか解りませんが、上手くできそうなら書きたいです。

【定期更新日記】新しいハーレムは続く

☆ 十二人の美少女たちと 【夢想家のハーレム 4】

十二人と一人の美少女たちとのエッチ。
何だか懐かしい感じがします。
こんな多人数ハーレムは、【妖性少年の性魔術研究記】あたりで迷いつつ書いていた気がします。

そろそろ同人誌の新刊を造りたいですが、どの物語を同人誌化しようか迷います。
【愛神として目覚めた僕~覚醒ハーレム~】
【夢見る淫魔王子~拘束淫技特訓ハーレム~】
【ハーレム星の癒し方】
【とある淫魔女学園の解放】
以上四つから一つか二つかなあ。
【飲みきれないからハーレム】もお気に入りで、同人誌化してみたいけど。

早めに決めないとなあ。
コミケ新刊にしたいし。

【定期更新日記】新しい規模のハーレム

☆ 女の子たちを買うこと 【夢想家のハーレム 3】

三回目でやっと女の子が複数人になりました。
ハーレムです。
しかもいきなり十二人の追加。

最初は三人くらいにしようかと思っていたのですが、増やしました。
相手が三人四人くらいのハーレムは、【静寂のハーレム】や【落ちこぼれハーレム】で書いてきました。
これは何と言うか、家族的、家庭的な感じが出ます。
それはそれで良いのですが、今回求めるのは大ハーレムかな、とも思って。

相手が百人くらい居るハーレムも、【特訓ハーレム】や【とある淫魔女学園の解放】で書いてきました。
これらは大ハーレムですが、相手の女の子たちに名前を付けることさえ難しくなります。
名前付きのメインの相手はやはり四、五人くらいになってしまいます。

今回は名前付きヒロインが十二人。魅夜美を入れれば十三人。
ある意味新しい試みかもしれません。

先日、第二回静岡文学マルシェに参加しました。
来てくださった方、スタッフの方、近隣のサークルの方、ありがとうございました。

次は七月のテキストレボリューションです。
R18男性向けはあまり売れる場所ではないので、気楽に行きます。

夏コミ、コミックマーケット94 当選しました。
西か41b 美少女夢世界 です。
新刊造ろうかなあ。

【定期更新日記】ここまでは彼女一人

☆ 素晴らしい彼女を確かめて 【夢想家のハーレム 2】

魅夜美とのエッチは続きます。
彼女は素晴らしくて。
でもハーレムを求めることは止めません。
それは魅夜美の夢でもあって。

次回は女の子たちを買いに行きます。
かなりの大人数です。
いきなり増えます。

一人をじっくり、は今回まで。
最高の魅夜美さんにしてもらいました。
次はハーレムだ!