タグ別アーカイブ: 搾精

☆ やり続ける僕と彼女たち 【飲みきれないからハーレム 4】

「あ、あのさ、まだまだできるから、順番にしてくれれば」
「どっちが先ですか」
 僕をにらむ希璃夏と愉萌花。こんな美少女たちにオチン×ンを咥える順番を争われるって、凄いことだけど。

「えっと、愉萌花には飲ませたばっかりだし、希璃夏」
「ふふん、そうですよねえ。燐夜様は私のお口が一番ですものね」
 笑顔の希璃夏。優越の笑顔。愉萌花の唇は不満そうに曲がって。

「お待ちください。せっかく女が増えたのですから、二人一緒に」
 怖い笑顔で提案してくる愉萌花。彼女の笑顔は初めて観たけど、怖い。
 そして希璃夏も怖い。冷たいを通り越して憎しみの目。

「そうよねえ、私たちもご一緒したいです。みんな一緒にしましょ」
「うんうん、御主人様、良いですよね」
 夜話裸さんと神酒奈ちゃんも集まって来て。希璃夏と愉萌花も仕方無いと言う感じになる。ああ、助かった。

「それでは」
 愉萌花がオチン×ンにキスして。ほとんど同時に希璃夏もキスして。顔を押し付け合うように舐め始めて。
 争って、でもしっかり譲り合ってもいる。渋々かもしれないけど協力してる。僕を愉しませるために。
 そして神酒奈ちゃんが乳首を舐め始めて。夜話裸さんがキスしてくれて。

「あっあっ、次の射精は希璃夏、飲んで」「はい!」
「んふふ、その後はみんな一回ずつですね」
 そして希璃夏のお口に注ぎ込んで。ああ、何だか落ち着く。やっぱり此処が良いなあ。

 次はまた愉萌花ちゃんのお口。激しい吸引で吸い出されて。
 神酒奈ちゃんと夜話裸さんが交代して。愉しそうなダブル口淫が始まる。ああ、この二人は優しい感じで良いな。しっかりそれぞれに飲ませて。

「ふむ、これだけ射精されても萎えませんね。確かに一人では受け止めきれないようですね」
 愉萌花ちゃんの冷静な口調にも、少しだけ驚きと敬意が感じられた気がする。

「当然です。さあ愉萌花、神酒奈、夜話裸さん、オマ×コでもご奉仕して差し上げてください」
 希璃夏が誇らしげに誘う。

「もちろんです。失礼します」
 愉萌花ちゃんが乗ってきた。清楚に見える縦筋が開き、ピンクの柔肉が先端に触れて。
「んんっ」「ああっ」
 いきなりずっぽり奥まで。愉萌花ちゃんならそうするだろうけど。そして噛みつかれたかのような締め付け。もちろんぷにぷにで気持ち良いんだけど。

「んっんっんっ」
 僕の上に覆い被さるようにして、両手で身体を支えて。リズミカルな腰の上下が始まる。
 ああ、凄いな。やっぱり激しい。強い締め付けと速い腰振り。射精を急がせる動き。

「んっ、早く射精してください。んっんっ」
 冷静な美貌に少し焦りのようなものが見える。

「愉萌花、感じる? やっぱりオマ×コは気持ち良い?」
「それは、もちろんです。でも御主人様はそんなこと、気にされる必要はありません。愉萌花がイけないとしても、イきまくってしまうとしても、御主人様が気持ち良く射精されるなら関係ないことです」

「気になるんだ。今の愉萌花はどっち?」
「イきまくっております! んっ、でもでも、射精されるまで私のオマ×コは御主人様を放しませんから」
 イきまくってる? それなのにこんなに動いてくれる?
 愉萌花の凄さが見えた気がする。じっくりしてくれる希璃夏とは逆方向だけど、コレも凄い。

「んっ、もう僕もイくよ。愉萌花の膣内にいっぱい出すよ」
「はい、どうぞ、愉萌花のオマ×コご奉仕でいっぱい射精してくださいませ、んんっ」
 気持ち良く膣内射精。その瞬間、愉萌花の表情が溶けた。解らないくらいの微妙な変化だけど、解った。
「んっ、ふはーっ、やはりオマ×コご奉仕は少し苦手です。お口ほど激しくできません」
「いや、十分激しかったけど。ありがとう愉萌花、良かったよ」

「次は神酒奈です! 御主人様のオチン×ン様、まだまだお元気で嬉しいです!」
 神酒奈ちゃんが飛び乗って来る。するりと結合する。凄いな、軽い。

「んふふ、神酒奈はオマ×コご奉仕の方が得意ですう。んっ」
「凄いな、軽い。乗られてるとは思えない。でもオチン×ンはしっかりぷりぷりのオマ×コに締め付けられてる」

「んふっ、どうぞ御主人様、神酒奈の身体をお使いください」
 僕は少し身体を起こして。神酒奈の軽い身体を揺さぶって、動かして。神酒奈も動いてくれて。
 時間は愉萌花よりかかってるけど。でも軽やかで疲れない。やがて気持ち良く注ぎ込んで。

「あっ、あ、いっぱい来てます、神酒奈の小さいオマ×コから溢れちゃいそうです」
「大丈夫、受け止めます。こぼしたりしません」
 希璃夏と愉萌花が掌で受けて。神酒奈ちゃんが舐め取って。

「んふふ、御主人様、まだできそうですねえ。さすがです。どうぞ私のオマ×コもお楽しみください」
 夜話裸さんがお尻を上げ、オマ×コを開いてくれて。凄い色っぽさ。僕は焦り気味に突入して。
「あんっ、ああ、良いオチン×ン様です。んふふ、精液飲むのも好きですけど、こうしてオマ×コをかき回していただくのも良いですねえ」

「んあっ、夜話裸さんのオマ×コ凄い、何だろう、とにかく凄い!」
 突いてるのは僕なのに。動いてるのは僕なのに。いや、彼女に動かされてる。止まらない。

「あっあっあっ、燐夜様、どうぞ、そのまま、ああん、ああっ、どうぞ、来てください」
「イくよ、ああっ」
 たぶん同時の絶頂。射精した瞬間、オマ×コがきゅんきゅんうねって。

「ふふっ、ありがとうございました。御主人様のオチン×ン様にイかせていただきました」
「こちらこそ、ありがとう。僕が動いてたのに、夜話裸さんにしてもらったみたいだったよ」
「んふふ、それでもしてくださったのは燐夜様ですよ」

「さて御主人様、一通りお口とオマ×コを試されていかがですか? まだ希璃夏さんが最高ですか?」
 愉萌花はまだそれが気になるのか。

「もちろん最高は希璃夏だ。一番好きな人さ」
「そうですか。まあ、まだ嘘でもないのでしょうね。本当にそう思っていらっしゃるのでしょう。でも、変えますから」
 そしてまた吸い付いて来る愉萌花の唇。凄い吸引に吸い込まれるオチン×ン。

「んあっ、もー、愉萌花はちょっと激しすぎだよ。でもそんなに欲しいなら、お腹いっぱいにしてやる」
「ん、んじゅ、んん」
 我慢せず射精。もちろん飲まれる。そして抜かない。そのまま頭を押さえて咥えさせ続けて。

「んっんっんっ」
 愉萌花の激しい口淫は続く。さすがだ。でもどこまでできるんだろう。いくら愉萌花でも、この激しさはいつまでも続かないと思うけど。

「あらあら。愉萌花ちゃんのこと気に入りましたか?」
「んっ、こんなに激しい愉萌花がどこまで飲めるか、僕がどこまで射精できるか、試そうと思って」

「そうですねえ。どちらが先にできなくなりますかねえ」
「愉萌花が音を上げますよ。燐夜様は最高ですから」
 希璃夏に期待されてる。信頼されてる。応えたいな。

 そして何回口内射精したか。させられたか。何十回もしました。
 それでも愉萌花の動きは鈍らなくて。さすが、凄い。何と言うか尊敬の念が湧いてくる。
 でも、最後にお口を放したのは愉萌花の方で。

「ぷあっ、こほっ、げふっ。ああん、お腹いっぱいです! もー、飲み過ぎました! ああん、でも、幸せ」
 そして愉萌花はベッドに倒れ込んで。さすがに限界だったみたいです。

「あらあら。ん、大丈夫そうですね。幸せそうな寝顔です。疲れただけですね」
「まあ、あんなにしたらなあ」

「そうですねえ。それではお疲れの御主人様を希璃夏が癒させていただきます」
 少し萎えたオチン×ンは希璃夏のお口に捕まって。じっくりゆったりな口淫が始まって。
 希璃夏のジト眼には嫉妬が見える。いっぱいさせてあげないとなあ。

☆ 飲みきれない彼女と新たな性愛師たち 【飲みきれないからハーレム 3】

 そして次の日の朝。朝食を用意して。
「あ、私の分は結構ですから」
「え? 食べないの? 大丈夫?」

「ええ、燐夜様の精液、少し飲み過ぎました。栄養もかなりありそうですから大丈夫です」
「そうか、でも気を付けてね。栄養が偏ったりしないように」
「大丈夫です。性愛師秘伝の、精液だけでは足りない栄養成分を補給する薬があります」
「そうなのか! それは凄いな」
「私には必須ですよ。精液大好きですから」
 そして僕だけ朝食をいただいて。

「希璃夏、それじゃ早速飲む? 僕も溜まっちゃってる」
「ええ、ありがとうございます。朝一番の精液、愉しみです」
「お礼を言うのは僕の方だよ。いっぱい気持ち良くしてくれてありがとう。お願いします」

 また希璃夏にたっぷり舐めしゃぶってもらって。いっぱい飲ませます。
 ああ、何だか昨日より気持ち良い感じ。しかも終わらない。

「んぶ、ごくっ、燐夜様、昨日よりお元気みたいですねえ。まだ大丈夫ですか?」
「うん、できればもっとして欲しい」
「もちろんです」

 希璃夏はその後もいっぱいちゅぱちゅぱじゅぽじゅぽしてくれて。
 凄いな、こんなにしてくれるなんて。疲れもするだろうに。いや、疲れなんか関係ないのか。とっても嬉しそう、愉しそうに舐めしゃぶってくれて。そして僕が気持ち良く口内射精した精液を美味しそうに飲む。
 何だか終わらない。昨日感じた、どこか危険を感じる気分にならない。あれ? もしかして、あの危険なラインはもう踏み越えてしまったのかな?

「んんっ、ああっ、こほっ、んー、こくっ。燐夜様、昨日の倍以上してますが、まだ終わりませんね。ああん、オチン×ン様、まだまだお元気なようですね」
「うん、さすがにちょっとおかしいな。あの蜜の性力増強効果、後から強まってくるのかな。それとも希璃夏がしてくれるから、身体ががんばっちゃってるのかなあ」

「んー、んぐっ、んー、いけませんね、そろそろ、さすがに限界です。お腹がいっぱいでもう飲めないかも。お口に出していただいた精液を吐き出すなんてしたくないですし」

「ああ、それならもう良いよ。我慢できるよ」
「我慢するのですか? それは性愛師として許せません」
「でももうお腹いっぱいなんでしょ。あ、それともオマ×コでさせてくれる?」
「私は結局飲みますから、同じ事です」

「そんなに飲まなきゃダメかな? 普通はお口に出しても吐き出すだろうし、オマ×コに出しても洗い流したりすると思うけど」
「ダメ、ダメです! こんなに美味しい燐夜様の精液、私が全部飲み干します!」
「それなら、希璃夏のお腹が落ち着くまで待つよ」
「うー、申し訳ありません。うーん」
 希璃夏は寂しそう。そしてそのジト目に光が宿る。決意の表情になって。

「燐夜様、応援を呼びます。性愛師をもっと派遣してもらいましょう。燐夜様の性力、私だけでは受け止めきれないようですから」
「え? でも、それは、希璃夏、良いの? 他の娘に飲ませても良いの?」
「それは、不満ですけど! 仕方ありません。御主人様に我慢させる方が耐え難いです」
「そうなのか」

「それに、燐夜様の素晴らしさは感じて、それは誇りたいくらいなのです。こんな凄い御主人様を他の女に魅せ付けたい気持ちはあります」
 そう言って微笑む希璃夏。でもその微笑みは作った笑みに見えて。僕を納得させるための方便に思える。

「嫌だ! いや、その、あの、希璃夏が心配してくれるのは嬉しいんだけど、その、浮気したくない!」
「浮気なんて、そんなことはありません。私は性愛師です。恋人でも妻でもありません」

「でも、僕はそうするつもりだったんだよ! 希璃夏をいつか恋人に、妻にするつもりだった。その夢が遠くなる」
「遠くなるなんて、そんな、そんな夢、私が燐夜様の妻になるなんて、あうう、非道い、非道いです! そんな事言われたら、決意が揺らぎます! それにあなた様の精液、本当に吐き出したりできなくなりました! あうう、でも、飲みきれないのに」

 ああ、そうだ。希璃夏はせっかく我慢して提案してくれたのに。僕のわがままで彼女を困らせてしまった。

「ごめん! 希璃夏、ごめん、困らせてごめんなさい。あのさ、他の女の子が来ても、僕のこと嫌いにならないでくれる?」
「嫌いになんてなれません! もー、全く面倒くさい御主人様です。希璃夏はあなた様のことをずーっと愛し続け、浮気なんて気にしませんから。信じてくださいますね?」
「うん、信じる」
「それでは応援を呼びます。よろしいですね?」
「うん、お願い」

 そして性愛師の紹介所に連絡して。三人の美少女が派遣されて来て。

「神酒奈(みきな)ですう、よろしくお願いします!」
 明るい黄緑色の柔らかそうな髪がふんわり広がる、希璃夏より更に小さい美少女。素直で明るそうな大きなタレ目が優しい。ふんわりした薄緑のメイド服。

「愉萌花(ゆめか)です。よろしくお願いいたします」
 真面目そうな黒長髪眼鏡の美少女メイド。冷たいと言って良いくらいのシャープな雰囲気。

「夜話裸(やわら)です。希璃夏ちゃんが応援を求めるなんて、さぞや素晴らしいオチン×ン様なのでしょうねえ。愉しみです」
 ふわふわピンク髪に眼鏡のドエロい雰囲気のお姉さん。爆乳と言っていいおっぱいが目を惹く。ウエストはしっかり細くて、スタイル良すぎ。

「燐夜です、よろしく。あの、あの、でも、僕は希璃夏が一番ですから!」
「あら、御主人様、えこひいきされるのですか? 平等に飲ませてはいただけないのですか?」
「いや、あの、みんな綺麗で可愛くて、好きになると思うけど。でも一番好きなのは希璃夏だ。それは最初に言っておこうと思って」

「んっふふー、神酒奈は希璃夏お姉様の邪魔はしませんよー。でも御主人様、しっかり神酒奈も使ってくださいね」
「私はそんなこと関係ありません。希璃夏さんは確かに素晴らしいでしょうが、私の方が上ですから。御主人様も心変わりされるでしょう。きっと愉萌花が一番と言うようになりますよ。いえ、してみせます」
「んふふ、希璃夏ちゃん、愛されてるわねえ。こんな御主人様を我慢させたくはないわよね。燐夜様、私たちはみんな、精飲欲求がかなり強めの性愛師です。しっかり飲ませて、満足させてくださいね」

 そして早速、ベッドに押し倒されて。三人の美少女がオチン×ンに群がって。
「んー、んちゅ、れろっ」「美味しいですねえ、素晴らしいオチン×ン様です」「んあ、早く飲みたいわ」

「お姉様方、最初は神酒奈からいただいてよろしいでしょうか?」
「どうぞ」「んふふ、良いわ」
 最初は神酒奈ちゃんから。小さいお口なのにしっかり根元まで収まってしまう。さすが性愛師。
「んっんっ、んー、んん」
 激しいじゅぽじゅぽ。でもどこか優しいと言うか軽やかで。明るい彼女の口淫は陽だまりの草原を思い出させるようで。
 そしてほどなく射精。たくさん出ます。
「ん、んーっ、こくっ、ごくっ、ぷはっ、んふ、さすがです! こんなにたくさん、それに美味しいです! ありがとうございました!」

「では次は私ねー」
 夜話裸さんが咥えてくれる。そのお口がうねる。頭を振るのではなく、ローリングさせるような口淫。そしてねっとりした感触。ああ、エロいなあ。
 何だか世界がピンクに染まったような気分。昼間なのに夜の雰囲気。天井の向こうにはピンクの星空が広がっているような不思議な気分。
「ん、んんーっ」
 吸い付きも凄い。しかも彼女はまだ手加減してるみたいだ。余裕が見える。
「んあっ」「んー、ん」
 たっぷり口内射精。美味しそうに飲まれて。
「んぷはあ、んー美味しい! 素晴らしいわ、ごちそうさまです」

「それでは私が。ん、じゅ、んんんん」
 愉萌花ちゃんが咥えて。そしていきなり激しいじゅぽじゅぽが始まる。
「ああああっ」
 声が出てしまう。凄い、激しい。それなのに眼鏡の奥の瞳はあくまで冷静に見えて。
 吸い込みが凄い。舌の動きも激しくそれでいて正確で。唇の締め付けもキツい。
 まるで強度をマックスにした搾精機械。事務的にも見える無表情とのギャップが凄い。嵐に翻弄される気分。此処は海上で、小舟が激しい波に弄ばれているような。
 当然、そんなに保たずに口内射精。
「あああっ! あっ、あ」
「ん、んじゅ、こくっ。んー、美味しいです。いかがですか御主人様、愉萌花のお口で一番早く射精されたようですが」
「それは、あんなにされたらすぐに出ちゃうよ。もうちょっと優しくても良いのに」
「射精が目的ですから。それでも十分に気持ち良かったでしょう?」
「まあ、そうだけど」
 確かに気持ち良かった。嵐の後の晴れやかさは格別で。

「ん、でもまだ萎えませんねえ。御主人様、もっと」
「うん、もちろんもっとして欲しい」

「お待ちください、希璃夏のお腹も落ち着きました。どうぞ御主人様、大好きな私の唇をお使いください」
「何ですか、御主人様は私のお口をご所望なんです。割り込まないでください」
 希璃夏と愉萌花ちゃんがにらみ合う。ジト目の希璃夏とクールな愉萌花ちゃんの間で火花が散ってる。正直ちょっと怖い。

 でもこんな美少女二人が、僕のオチン×ンを求めて争ってる。そのことは何と言うか、オチン×ンの奥に響いて。二人の唇に注ぎ込むための精子がどんどん造られてるような気分。ああ、早くどっちか決めなきゃ。

☆ 拘束された少年と笑顔のお嬢様 【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯 1】

 僕は今、裸で拘束されています。豪華な部屋の大きなソファベッドに座らせられて。
 僕の前には二人の美少女。この館のお嬢様と妹君です。そして周りには三人のメイドたち。

「覇夜斗(はやと)、ごめんね。でも、あなたは危険だそうだから」
 白長髪の光の聖霊のような美少女。僕を買ったお嬢様、彩陽花(さやか)様です。白いドレスと白ニーソ、レースの白手袋。
 清楚に見える美貌だけど、その心はエロエロみたいです。僕のオチン×ンを見つめる眼には期待と渇望が見えて。

「あなたは私たちを籠絡し、自分のハーレムを造るつもりらしいですが、そうはさせません。お姉様の性具として、そのオチン×ンと精液だけ使わせてもらいます」
 黒長髪ジト目に褐色肌の美少女は、紫良羽(しらは)様。彩陽花様の妹君です。黒いドレス、黒ニーソ、レースの黒手袋。

 白と黒の美少女姉妹は、性愛師の僕を買いました。僕はとにかく相手を籠絡して、自分のハーレムを造るつもりでした。でも、そんな企みもバレていたみたいで。
 でも、諦めない。僕のオチン×ンと精液を欲しがる相手なら、籠絡できるかも。僕の体液には媚薬効果があるし、唇やオチン×ンに触れてくれるなら、使える技もある。

「そろそろ精液出るかな?」
「んふふ、気持ちよさそう」
 双子の美少女メイドが、僕におっぱいを押し付け、乳首を舐め回していて。魅舐恋(みなこ)と愛舐(あな)です。ピンク髪ツインテールの小さめメイド。
「どこまで耐えますかね。まあ、射精させますけど」
 オチン×ンを支えタマタマを撫でる白髪おかっぱのジト目メイドは秘撫(ひな)。この館のメイド長らしいです。

 みんな、素晴らしい美少女たちで。そして僕のオチン×ンを期待して観てて。大好物を観る視線。
 オチン×ンの前に居るのは彩陽花様です。僕が射精したら、そのお顔にたっぷりかかってしまいそう。

「まだかな、まだかなー、覇夜斗のオチ×ポミルクまだかなー。んふふ、自分からイっちゃダメよ、我慢して、気持ち良くなって、濃くて美味しいのを出してね」
「あうう」
 僕は精液が美味になる修行をしてきて。その美味しさは、僕が感じる快感に比例します。媚薬効果も上がるから、我慢して出した方が良いはず。でも何と言うか、悔しい我慢です。

「ほら覇夜斗、此処に突っ込みたいでしょう? 想像しなさい。私のオマ×コの感触を想像しながら射精しなさい」
 紫良羽様がお尻を上げ、オマ×コを指先で開いて見せ付けて来て。褐色肌に綺麗なピンク色が映えて。黒ニーソの美脚も綺麗で、エロくて。

「あー、ズルい、私のオマ×コも観て」
 彩陽花様もスカートをめくり、白ニーソの脚を開いて。下着は着けてなくて、綺麗なオマ×コが見えて。
「ほらほら、こんなにとろとろだよー」
 ピンクの割れ目が開かれて。このまま射精したら、精液がその奥に達しそう。ああ、出したくなるなあ。
 でも、ダメだ。このオマ×コに、オチン×ンを奥まで入れて射精したい。このまま出したくはない。

「まだ出してくれないのー? 秘撫、やっぱりオチン×ン本体も刺激しなきゃ出ないんじゃない?」
「まあ、覇夜斗も性愛師ですから、射精コントロール能力も高いのでしょうね。でも覇夜斗、あなたの御主人様が望んでいるのですよ。従いなさい」
「んああっ」
 我慢しろとか、射精しろとか、矛盾する命令。どちらでも良いのだろうな。僕を弄んでいるだけだ。
 タマタマと根元をもみほぐす秘撫さんの指先。そして乳首を舐めて来る魅舐恋と愛舐の舌。ああ、我慢がつらい。射精したい。

「彩陽花様、つらいです、何故こんなことを。僕はあなたのモノで、何でも従うのに」
「それなら、射精してー。覇夜斗の美味しい精液、いっぱい飲ませて」
「その、オチン×ンに触れていただけたら、喜んで出します」

「私だって触れたいわ。舐めてみたいわ、咥えてみたいわ。お口の中で射精させたいわ。でも、あなたの性技の虜にされる訳にもいかないから」
「オチン×ンを咥えられるだけで虜にするなんて、そんなこと、さすがに難しいです」
 これは嘘だけど、本心でもあって。普通の女の子なら、咥えさせるだけで虜にする自信はあります。でも、秘撫、魅舐恋、愛舐はただのメイドじゃない、性愛師みたいだ。彼女たちに護られてる彩陽花様を堕とすのは難しいかも。

「そうなのかな、あなたのオチン×ンに触れても大丈夫なのかな。どうしようかなー」
 近付いて来る唇。感じる吐息。ああ、もう少し。ああ、でも、また離れてしまって。

「んふふ、ごめんね、我慢させて。ねえ、舐めて欲しい? 咥えて欲しい?」
「はい! お願いします、僕の美味精液、彩陽花様のモノです。ぜひ、お試しになってください」
 必死のおねだり。せつない表情を作って。ああ、彩陽花様も強いなあ。性愛師である僕がおねだりしてるのに。
 僕は可愛い美形であるはず。それも研いてきた。汗の香りも媚薬となって、みんなを発情させてるはず。普通の女の子なら、我慢なんてできないはずなのに。

「んふふー、可愛い! まあ、あなたのオチン×ンを最初に頬張るのは私よ。それは誰にも譲らないわ。だから、してあげるね」
 ちゅっと先端にキスされて。そしてかぽっと咥えられて。大きく開かれたお口と、すぼめられ締め付けて来る唇。
 ああ、気持ち良い。出ちゃいそう。いや、出せば良いのだけど。
 でも、その前に。生体パワーを集中。感覚接続。彩陽花様のお口の中と、彼女のオマ×コを接続。喉奥とクリトリスを接続。
「ん? んんっ!」
 激しくなる口淫。気持ち良さそうだ。そう、今、彩陽花様はお口で感じてる。

「ああっ、彩陽花様、イきます!」
「んんーっ!」
 どぴゅどぴゅ射精。ああ、気持ち良いなあ。彩陽花様もイってる。
 これだけでは堕とせないだろうな。でも、そのうちまた渇くはずだ。僕のオチン×ンがまた欲しくなるはず。

「いっぱい出てるみたいですねえ。お姉様、美味しそう」
「ん、んちゅ、ぷはっ、あー、美味しくて気持ち良かったわ。オマ×コもイッちゃったみたい」
「感覚接続されたのかもしれませんね。さすが性愛師です」

「それでお姉様、いかがですか? 覇夜斗に堕とされた感覚はあります?」
「いいえ。もちろん大好きになったけど、覇夜斗は私のモノよ。変な考えを起こさないように、いっぱい調教してあげなきゃね。んふふ」

「彩陽花様、ありがとうございます。彩陽花様のお口、とっても気持ち良かったです」
「覇夜斗もありがとう。あなたの精液、とっても美味しかった。それに気持ち良かったわ」
「あの、それで、まだこのまま、僕は拘束されたままですか?」

「ええ。あなた、私を堕とそうとしたわね。それは解るわ。それに、まだみんなも待ってるし。私もオマ×コにもして欲しいしね。ああー、でも、オマ×コでしたら、堕とされちゃうかな。まだ危険かなあ」
「オマ×コでもしていただきたいです。僕は性愛師です、鍛え上げたオチン×ンでご奉仕したいです」
「んふふー、どうしようかな」

☆ そしてお嬢様の嫉妬のような 【僕の淫魔お嬢様が色々大変です 7】

「笛璃愛が灯夜を襲ったのね。でも、返り討ちにされたのね。凄いわ、灯夜、強くなってるのね」
 朝。魅夜美様に褒められて。

「あの、笛璃愛さんのお口とお尻は、いくらでも使って良いのですよね」
「そうです。あなたを襲った罰です」
「あの、オマ×コは?」

「笛璃愛のオマ×コが欲しいですか。今の灯夜なら、耐えられるかもしれませんね。でも、ダメです。どうしてもと言うなら、秘撫としなさい」

「あうう、魅尽姫様、それは、笛璃愛への罰ですね」
「そうよ。笛璃愛、あなたは、灯夜のオチン×ンが欲しくなってるわよね。罰として、我慢しなさい。まずは秘撫から」

「うー、灯夜様、早くお強くなりすぎです。私たちにもっとして欲しかったのに」
 香凪ちゃん季観香ちゃん紗花ちゃんは少し不満そう。今もオチン×ンを舐めさせてるし、今朝もいっぱいしたのになあ。

「それじゃ灯夜、する?」
「はい!」
 薄いピンク髪の秘撫さん。やっぱり超美少女なメイドさん。笛璃愛さんともしたいけど、魅尽姫さんに従って、彼女から。

「んちゅ、まずはお口でさせてね」
 秘撫さんがオチン×ンにキスしてくれて。香凪ちゃんたちと交代します。
「んー、ん、んっ、あ、美味しいわ」
 凄い快感。淫気が染み込んで来る淫魔の口淫。でも、笛璃愛さんで慣れた僕は耐えられて、楽しめて。

「んちゅ、さすがね、このオチン×ンが笛璃愛を堕としたのね」
「ん、秘撫さんも凄い、お口、気持ち良い」
 秘撫さんは無表情なジト目の美少女メイドさんです。そんな彼女だけど、お口の感触はどこか優しくて。

「灯夜、なかなか射精しませんね。ほらほら」
 魅夜美様がスカートをめくり、美脚とオマ×コを魅せてくれて。でも、僕は耐えます。

「灯夜、今回の本番はオマ×コです。お口には早めに飲ませてしまいなさい」
「あうう、はい」
 魅尽姫さんもおっぱいを魅せてくれて。僕は我慢を止めます。いや、我慢できなくなったのです。秘撫さんのお口にどぷどぷ射精。
「ん、んん、んぷ、こくっ、ごくっ、んあ、あ、ごくごくっ」
 大量の精液を秘撫さんが飲み下して。

「ぷはっ、ああ、いっぱい出しますねえ。美味し。いえ、その、美味しいのは当然です、私は精液に飢えていた淫魔ですから」
 秘撫さんが少し紅くなって。可愛いなあ。

「さあ、それじゃ、オマ×コにしてください」
 四つん這いの彼女にお尻を向けられて。僕は可愛いお尻を抱えて、清楚なオマ×コにオチン×ンを入れます。
「あ、ああっ!」
 思わず声が出てしまって。吸い込まれる感覚。いや、身体の中身が全て吸い出されてしまいそうな。
 快感、確かに快感なのだけど、危険な感覚。でも、その感覚には覚えもあって。笛璃愛さんのお口を最初に感じた時と似てる。

「んんっ!」
 気功防御と身体操作。秘撫さんのオマ×コから染みこんで来る淫気を弱めて、自分の身体を制御して。快感が優しい感じになります。
「ああ、灯夜、凄いわ。私のオマ×コに入って、硬いままで。こうやって笛璃愛お姉様のお口にも耐えたのね」
「なるほど、淫気を中和できるのですね。灯夜、あなた、なかなかやりますねえ」
 魅尽姫さんに褒められて。思わず射精しそうになります。嬉しいと出ちゃいそうになるなあ。

「ん、んああっ、オチン×ン凄いわ。どんなディルドより凄い。灯夜を、男を感じるわ。ああん」
 秘撫さんは可愛く喘いでくれて。

「男なんて、本当は要らないのだけど。灯夜はメイド服の可愛い女の子に見えるわ。それで良い、男に見えなくて良いのよ。ただ、そのまま精液を出してくれれば良いだけ」
 魅夜美様の言葉は少し寂しくて。そうだ、僕は男であることを求められている訳じゃない。精液に飢えてるけど、男嫌いな魅夜美様たちのために、こうしてるだけ。

 でも、オチン×ンを欲しがってくれた笛璃愛さんや、今こうして気持ち良さそうに喘いでくれてる秘撫さんは、どうなんだろう。男の僕を欲しがってくれるのだろうか。

 いや、女の子に観られても良い。こうしてオチン×ンを使えるだけで十分だ。それが男であるということなのだろうけど、それをごまかす僕で良い。早く魅夜美様を満たして差し上げるために。

「ん、灯夜、まだ射精しないの? 私のオマ×コ、その程度だった? あなたが初めてなのだけど、もしかして、使えないオマ×コなのかしら?」
「いえ、素晴らしいオマ×コです、女奴隷の香凪ちゃん季観香ちゃん紗花ちゃんにも負けてない、いや、もっと良い。でも、僕のオチン×ンは、そのために鍛えましたから」
「あうう、それじゃ、その、そろそろ、射精して。私のお腹、壊れそう。気持良いけど、激しいわ」
「はい、それじゃ」
 僕は魅夜美様を観て。少し紅くなった? 白く輝く淫魔超美少女を観ながら、その淫魔メイドさんのオマ×コに射精。

「あ、ああ、あ、出てる、いっぱい出てる」
 溢れる精液は魅尽姫さんがグラスに受けて。魅夜美様に手渡して。

「やっと淫魔のオマ×コで搾った精液が手に入ったわね。どうかしら、美味しく飲めるかしら」
 魅夜美様がグラスを傾けて。その唇に僕の精液が吸い込まれて。こくこく鳴る喉。
「ぷはっ、ああ、さすが秘撫のオマ×コで搾った精液ね。美味しいわ」

「それでは、灯夜、魅夜美様のために、笛璃愛と秘撫のオマ×コにたくさん射精してくださいね」
「はい!」「はい」「はい!」
 僕と秘撫さん、そして笛璃愛さんが元気に返事して。

「んふふー、灯夜様、笛璃愛のオマ×コにもくださいませ。魅夜美様のために、いっぱい出してください」
 笛璃愛さんは脚を開いて、オマ×コも指先で開いて。蜜が溢れて滴ります。

「んー、笛璃愛お姉様、待って、灯夜のオチン×ンを清めるから」
 秘撫さんがオチン×ンをゆっくり舐め清めてくれて。そのオマ×コから溢れる精液は、自分でグラスに注いでいます。

「はい、それじゃ灯夜、笛璃愛お姉様にもしてあげて」
「はい!」
 笛璃愛さんのオマ×コも、素晴らしい淫魔オマ×コでした。秘撫さんよりぬるぬるで、感じ易くて、簡単に堕とせたけど。

「灯夜様、私も、オマ×コが寂しいです。どうか、オチン×ン様をくださいませ」
「灯夜様、がんばるから。お口でもオマ×コでも使って。気持ち良くさせるから」
「灯夜様、私たちはあなたの性奴隷なんですから。ちゃんと毎日精液をくださいませ」
 香凪ちゃん季観香ちゃん紗花ちゃんもお口とオマ×コを準備してて。僕は五人のメイドさんに囲まれて。

「どうやら、灯夜は淫魔の身体に耐えられるようになったようですね。後は、私と魅夜美様だけですね」
「そうね。でも、魅尽姫と私は特別よね。灯夜が耐えられると言う保証は無いわよね。このまま、笛璃愛と秘撫が搾ってくれる精液を飲めれば、それで良いかも」
 魅夜美様は少しだけ満たされた表情。

「それではいけません。魅夜美様を本当に解放できるのは、魅夜美様ご自身の最高のオマ×コで搾った精液だけです」
「ああ、そうなのかもしれないのよね。私も興味はあるわ。灯夜が私の身体に耐えてくれたら、どんな美味しい精液が搾れるのか」

「でも、何だか怖くもあるわ。灯夜、あなた、私が欲しい?」
「はい、でも、その、欲しいけど、所有したいとかじゃなくて、その」
「所有したいはずよ。私を欲しがってはくれないの?」
「いえ、欲しいです、魅夜美様はとってもお綺麗で、魅力的ですから。でも、その感情が、魅夜美様に嫌われそうで怖いです」

「そうね、私は、男のそういう感情が嫌いよ。でも、あなたを観てると、変な気持ちになるわ。何かしらね」
「嫉妬ですよ」
 あっさり言う魅尽姫さん。
 魅夜美様が嫉妬? まさか、いや、でも。

☆ 性愛修行、三人目 【僕の淫魔お嬢様が色々大変です 5】

「さあ灯夜様、最後は私ですよ!」
 季観香ちゃんから抜くと、紗花ちゃんが僕を押し倒して。精液に濡れたオチン×ンが綺麗な唇に咥えられて。
 少しだけ萎えた気がしたオチン×ンが、金髪美少女の綺麗な唇でじゅぽじゅぽされて。ああ、また勃っちゃった、いや、萎えたりしなかった? 何度でも射精できそう。淫薬の効果、凄いな。

「あん、まずはお口でふよね、んあ、早く射精してください、早くオマ×コに欲しいんだから」
「紗花、もっとゆっくり、心を込めてしてあげなさい」
「えー」
「その方が早く射精してもらえますよ」

「あん、そうかもしれませんけど、うー、恥ずかしいなあ」
 魅尽姫さんに注意されて、紗花ちゃんの口淫は落ち着いてきて。うあ、でも、確かにこっちの方が効きます。
「んー、ちゅ、んんー、んぐ」
 恥ずかしそうな表情。でも、嬉しそうでもあって。強い吸引でへこむほっぺたが気持ち良いな。

「んー、んっ、んー」
 やがて速くなる唇。じゅぽじゅぽとスライドして、オチン×ンを滑って。速いけど、丁寧で心がこもってて。乱暴な感じではありません。
「うあ、出るよ」
「んんーっ!」
 お口の中でどぴゅどぴゅ射精。舌で受けられてはる、そのまま舐め回されて。あ、飲んでる、喉の動きを感じて。

「ぷはっ、んーっ、ん、じゅぽっ、んあ、あ、まだ硬い、んあ、それじゃ、オマ×コにいただきますね」
 オチン×ンがオマ×コに飲み込まれて。エルフのような金髪の色白美少女が僕に乗って。

「紗花ちゃん、そんなに急いで、そんなに我慢してたのね」
「だってだって、灯夜様のオチン×ンで香凪も季観香もめろめろになってて、私は最後で、ああん、あひっ」

「香凪も季観香も紗花も、オチン×ンに弱いわよね。まあ、淫薬の効果もあるし、仕方無いのでしょうけど。でも、男って非道い生き物よね。女の子をこんなにして、それが楽しいなんて」
 魅夜美様は呆れてる? いや、発情してて、それを宥めようとしてる?

「ああん、魅夜美様、そんなこと無いです、灯夜様のオチン×ン様は、私たちに幸せをくれます。灯夜様に会わせてくださって、ありがとうございます」
「そうね、幸せでしょうね。麻薬みたいなモノだもの。私もいつか、そうされるのよね。ああ、仕方無いけど、気持ち悪そう」

「魅夜美様、そんなにお嫌ですか?」
「ええ。灯夜には悪いけど、気分は良くないわ。私や魅尽姫たちを弄んだ人間たちの目的を達成させるようなモノだもの」
「灯夜様がしたことではありませんよ」
「ええ、そうね。でも、感情は抑えられないの。私はこれからも非道いことを言ってしまうでしょうね。ごめんね」

「魅夜美様、かまいません。僕は強くなって、魅夜美様とエッチしたい、それは確かです。たぶんこれは、魅夜美様が嫌う人間たちと同じ思いです。でも」

「あなた様の飢えは、満たしてみせますから! 僕が満たしますから! 嫌われても、気持ち悪く思われても、それはしますから」

「だから、お好きなように罵ってください。いくらでも、受け止めますから」

「違うわ、灯夜、私は、罵ったりしたくないの。そんな自分が嫌なの。たぶん、怖いのよ。あなたの虜になるのが怖いの」
「虜になんて、しません。魅夜美様は僕の御主人様です」
「そうね」

「灯夜様、今は私! 今の相手は私なんですから!」
 紗花ちゃんの動きが激しくなって。覆い被さって来て、抱きしめられて。

 ん、紗花ちゃんのオマ×コも気持ち良いな。ふわふわぬるぬるの香凪ちゃんときつきつぷるぷるな季観香ちゃんの中間のようなきつさ、柔らかさ。それは中途半端でもなく、丁度良いとも言える感じ。
 そして吸引力が凄い。オチン×ンを引き延ばそうとでも言うような吸引。このオマ×コに入れ続けたら、オチン×ンが拡張されちゃいそうなくらいです。

「んあ、灯夜様、どうですか、私のオマ×コ、使えますか?」
「うん、紗花ちゃんのオマ×コ、とっても良いよ」
「それじゃ、射精、してください。私もう、何度もイってしまっていて」
「うん、してあげる」
「あっあっあっ!」
 僕も動いて。紗花ちゃんの声が大きくなって、すぐに小さくなって、途切れそうになって。

「いくよ!」
「ああーっ!」
 とっても気持ち良い膣内射精と共に、紗花ちゃんは絶叫して。

「ふー、良かったよ。ありがとう」
「こちらこそ、ありがとうございました。んあ、灯夜様のオチン×ン様、素晴らしいです。こんなオチン×ン様に仕えることができるなんて、女奴隷として幸せです」

「紗花、季観香、香凪、灯夜のオチン×ンの世話ができるのは幸せなの?」
 魅夜美様が訊きます。
「ええ、素晴らしいです。ありがとうございます」
「そう、そうなのね。淫魔として、理解もできるわ。でも、人間の男の精液なんて、臭くて不味くて、飲めたものでは無いわ」
 魅夜美様が、僕の精液を指先ですくって。唇に運んで。

「んっ、あ、あー、不味いわ。でも、飲めなくも無いわね。んー、少しだけ、マシになってるわ」
「それは、灯夜様が私たちとエッチしたからですか?」
「そうね。いずれ、灯夜が、笛璃愛や秘撫、魅尽姫とエッチできるようになれば、もっとマシな精液が搾れるわね。いつか、私が美味しいと感じられるくらいの精液を出してくれるかも」

「灯夜様、もっとエッチしましょう!」
 香凪ちゃんが飛びついて来て。季観香ちゃんもすり寄って来て。紗花ちゃんも僕から離れなくて。

「そうね、それじゃ、連続射精訓練に入りましょう。お口とオマ×コで、五回ずつ、三人で三十回射精しなさい。五回の射精の間、離れることは許しません」
「はい! それじゃ、灯夜様、私から」
 香凪ちゃんが僕のオチン×ンを捕まえて、頬張って。

「あわわ、このまま五回?」
「そうよ。香凪も受け止めてあげてね」
「ふぐぐ、ひゃい!」

 そして、褐色のピンク髪眼鏡メイドさんにたっぷりしゃぶられて。僕は何度もそのお口の中に射精します。舌で受けられ、その精液をまぶされ、こくこく飲まれ、喉奥でも射精を受けてくれて。

「ん、んあ、あ、また出ちゃう」
「灯夜、我慢は要らないわ。連続射精の訓練だからね」
「んふふー、こくっ、ごくっ」
「香奈ちゃん、美味しそう、愉しそう。早く代わって」
「ああ、また、ああ」
 そして、やがて五回目?の射精。

「はい、それで五回目ね。香凪、離れて」
「んー、れろっ、ちゅ、ぷはー、灯夜様、ごちそうさまでした」

「次は私」
 オチン×ンはすぐ季観香ちゃんに咥えられて。

「うわわ、休む間も無いな」
「休むとしても、誰かに咥えさせるか、オマ×コの中で休みなさい」
「うー、それじゃ休めないけど、でも、そうします」

「んちゅ、んー、んあ、灯夜様、早く、このままじゃ、終わらないです、あ、来る、来た」
 季観香ちゃんのお口は、相変わらず凄まじくて。僕はまた喉奥で搾り取られて。
 そのまま五回の射精。さすがに少しつらいです。
「ぷは、んー、こくっ、灯夜様、ありがとう、ごちそうさま」

「それじゃ私ね。灯夜様、私のお口の中で、ゆっくり休んで良いですよ。五回目の射精まで、じっくり優しく咥えますから。もう、何時間でも、私のお口でゆっくりされてください」
「紗花ちゃん、灯夜様がオシッコしたくなったらどうするの?」
「もちろん飲むわよ。そして、しっかり綺麗にするわ。私の舌で磨き上げて差し上げるわ」
「むー、それはダメ! 灯夜様、早く紗花ちゃんにも五回飲ませちゃってください!」
 季観香ちゃんがキスしてきて、香凪ちゃんは乳首を舐めてくれて。
 僕はそれでも優しい紗花ちゃんのお口で安らぎながら、五回の射精を注ぎ込んで。

 その後、オマ×コにも五回ずつ射精しました。あっという間でもないけど、三十回の連続射精。つらいかとも思ったけどそうでもなく、むしろ途中から慣れてきました。何回でもできそうな感じ。

「淫薬の効果が出てきましたね。いずれ灯夜は無限射精が可能になるはずです。その代わり、受け止めてくれる女が必要でしょうけど」
「大丈夫です、私たちが受け止めますう、んぷ、でも、さすがに、少し飲み過ぎたかもです」
 香奈ちゃん、季観香ちゃん、紗花ちゃんのお腹は膨らんでいて。そのお腹の中には僕の精液が詰まっています。繰り返すうちに、射精量はむしろ増えてしまったみたいで。

 笛璃愛さん、秘撫さんがジョッキを用意して。
「オマ×コの精液は、これに移しなさい」
「はい」「ひゃい」「はい、でも少しもったいないわね」
 迸る白濁液は、大きめのジョッキを簡単に満たしてしまって。
「あら、足りないかしら。そうね、余りは飲んで良いわよ」
「ありがとうございます、んぷ、でも、飲み過ぎたわ、あん、でも、美味しい」
「それも淫薬の効果ね。灯夜の精液はどんどん美味しくなるわ。でも、飲み過ぎは確かね。あなたたちは、夕食は要らないかしらね」
「んぷ、はい、そんな感じです」

「灯夜のオチン×ンを鍛えるのは、必要なことです。これからもたくさん飲んでもらうことになるでしょう。香凪たちのお食事は、灯夜の精液で足りてしまうかしらね」
「そうかもしれませんね」
 そんな会話を聞きながら、僕のオチン×ンはまた猛ってしまっていて。