タグ別アーカイブ: 超能力

☆ その穴を満たすのは僕

 魔王城に戻って来ました。
「あの娘の気配、あるわね。探し易い娘だわ」
 まだ晴都姫さんのパワー吸収が続いているようです。魔力が吸われます。博士たちは大丈夫でしょうか? 心配です。

 ひとつ、気になることがあります。博士が僕を逃がしたことです。
 僕が大丈夫であることが分からなくて、緊急避難だったなら良いのですが。何か、晴都姫さんに近付いてはいけない理由があったとしたら、心配です。

 でも、急ぎます。迷っている時ではありません。晴都姫さんの気配は良く解ります。凶暴なパワー吸収を止められない彼女は、隠れるのには向きません。

 晴都姫さんは一人だけでテラスに居ました。
「晴都姫さん! 博士やみんなはどうしました?」
「魔王様の部屋に避難させたわ。あそこは独立空間なのね」
 そうでした。僕の私室は、僕が許可しなければ誰も入れません。でも、博士たちなら入れるでしょう。部屋が判断してくれます。
 そして、あそこは独立空間です。晴都姫さんのパワー吸収も避けられるでしょう。遠く離れれば効かないものなら、避けられるはずです。

「晴都姫さん、みんなを助けてくれてありがとう」
「そんなこと、言わないでください。私が来なければ良かったんですから」
「いや、来てくれてありがとう。祥華さんも寂しかったみたい。晴都姫さんに会えなくて」
 晴都姫さんが少し微笑んでくれました。

「晴都姫さん、僕の魔力を吸ってください。吸い尽くせないはずだ。晴都姫さんのパワー吸収を、僕の魔力で満たして、他の人の生命力までは吸収させないようにしたい」

「ありがとう、魔王様。でも、私は、そこまでしてもらうような存在じゃないです。祥華ちゃん、また、私を壊して。いつかまた復元しちゃうかもしれないけど、しばらくは誰にも迷惑かけずに済むと思う。昔、壊してくれてありがとう」

「晴都姫、バカっ、お礼なんて言わないでよ! 私、嫌だった、辛かったんだから! 私に期待しないで! あなた、酷いわよ、私を苦しくさせて……でも、あなたも苦しい、それは解るから」
「魔王が止められるか、試して、お願い。止められなかったら、また、私があなたを壊すから」

「魔王、晴都姫さんはあなたのお城に来た侵略者よ。でも、可愛い女の子。あなたのやり方は?」
 リリーさんが背中を押してくれました。
「あっ、そうだ。お願いなんか要らなかった。部下はみんな敵わなかったけど、まだ、僕はやられてない。迎え撃たなきゃ」
 晴都姫さんを抱きしめます。

 晴都姫さんは避けようとしました。でも、捕まえました。僕だってそれなりに動けます。怒っている時の祥華さんを落ち着かせるために捕まえるより簡単でした。
 自分で言うのも何だけど、女の子を捕まえるのは結構得意だったみたいです。祥華さんを落ち着かせるために捕まえていましたから。
 望まない娘にしたことはあまりないけど。あ、それはそうだ。祥華さんが本気で怒りますから。晴都姫さんも本気で嫌がってはいません。

「魔王様、危ないです、私にそんなに近付いたら、あ、あんっ!」
 晴都姫さんのパワー吸収が僕の魔力をぎゅんぎゅん吸い取っています。遠く離れれば効かなかった能力、近付けば強まります。でも、だから、僕が一番近くに居れば。その吸収量を、僕の魔力量が超えられたら。周りには、他の人には効かなくなるかも。

 ん、何だか、気持ち良いです。無限にできる射精を、我慢しなくて良い感じ。僕は我慢していた訳でもないです、みんなに注ぎまくっていました。でも、こんなに魔力出せるんだなあ。
 そんなことを考えながら、てきぱきと晴都姫さんを押し倒し、挿入します。無駄の無い、流れるような動き。祥華さんを押し倒すことに比べたら、簡単すぎます。
「んあっ! あっ、ああっ!」
 初めてみたいです。そうだろうなあ。晴都姫さんを押し倒せる存在なんて居なかったでしょう。優しくしなきゃ。

「んにゃっ!」
 思わず僕も変な声が出てしまいました。
 晴都姫さんのオマ×コ、凄いです。
「晴都姫さん、凄い! 気持ち良い! さすがの吸引力! でも、僕はどんな女の子でも満たしてみせる!」
 とりあえず射精。早すぎるけど、気にしません。僕は何回でもできます。魔力と同じで、精液も涸れたりしないのです。だから、たくさんの部下に魔力を与えることもできます。

「あ、ああんっ! 魔王様、そんな、あんっ!」
 ぬるぬるになって動き易くなって。晴都姫さんも初めてだけど感じてきたみたいです。
 これは僕の能力と言えるものです。魔力をたっぷり含んだ精液に触れるだけで気持ち良いらしいです。女の子にふりかけるだけで虜にできるかもしれません。そんなこと、緊急時以外は許されないだろうけど。僕の魔力は組織のみんなのモノだから。

 晴都姫さんを抱きしめてキスして。そのまま腰を動かして。
「んっ、んっ、んんっ!」
「ん、感じてきた? 感じてるよね。僕の魔力にそんなに浸って、我慢できないでしょ? 僕に抱かれて気持ち良いよね?」

「んあっ、魔王様、こんなに、こんなに吸ってるのに、あなたのパワー、まだまだ出てくる……あ、精液、あなたの精液に含まれた魔力、それがまだ吸い尽くせない、あんっ!」

「お-、さすが。弱まってきたわね、晴都姫さんのパワー吸収」
「そうなの? 僕にはわからないけど、僕以外への影響は弱まってる?」
 僕が感じる吸引力は変わらないどころか、強まってるようです。

「んんっ、魔王様、我慢、できなくなるっ! 私、これでも、抑えてたのにっ! 抑えて、がんばって抑えて、それでもあんなだったのに、抑えられなく、なっちゃう!」
「あ、そうか、そうだ、晴都姫さんもがんばってたんだよね。あの凄いパワー吸収でも、抑えてたのか。じゃあ、溜まってただろうな。楽しみだ。こんなバキュームオマ×コ、初めてだ。もっと凄くなるなら、そうして、お願い。僕はそれに耐えて、晴都姫さんを満たして、虜にする。僕の部下にする。愛人にする。そして、祥華さんを倒して、祥華さんも虜にして、世界征服する」

「魔王様、何で、そんな、自信あるんですか? あなた、私に吸い尽くされないと思ってる。私に恩を売って、従えられると思ってる。祥華ちゃんにも恩を売って、懐柔できると思ってる。何で、そんな、できると思えるの?」

「僕ができるのは、これだから。晴都姫さんもできると思ってるんでしょ? 僕を吸い尽くす自信があるから、そんなこと言うんでしょ? 僕は、祥華さんの本気のパンチも受け止めたことがある。晴都姫さんは壊されたんだよね。僕の方が強いかも」
 射精はもう止まりません。晴都姫さんの大きくもない身体を満たすには十分でしょう。だんだん満ちてきていることが解ります。精液を形作る魔力が吸われて、でも無くなる前に補給されて。

「んあっ、魔王様、もう、容赦しません! 祥華ちゃんをあなたの毒牙にさらす訳にはいきません! 私が受け止めます! あなたの魔力、搾り尽くして、世界を護る! ああんっ! あ、あっ、あっ……」
 おお、まだ吸います。凄い。
 晴都姫さんが我慢を止めたみたいです。彼女も感じ始めました。
 墜ちたな。もう、僕のモノになるでしょう。

☆ 魔王としていつも通りのこと

 僕たちが転移したのは、リリーさんのお屋敷でした。
「魔王、祥華、ゆっくりしている時間は無いわ。あの晴都姫という娘を止めないと」
「……そうね、晴都姫を止めないと。あの娘、また強くなってた」

 晴都姫さんのパワー吸収は昔もそうだったみたいです。近くに居ると魔力、生命力、見境なく吸われるのが解りました。

「祥華さん、晴都姫さんのこと、教えてください。辛いかもしれないけど」
 博士やみんなを助けなくてはなりません。僕は悪の組織の首領です。正義のヒロインの祥華さんを利用するのはかまいません。

「晴都姫は私が初めて戦った相手。私が初めて壊した相手。今回と同じよ。あの娘を壊せる能力者はあまり居ないわ。私に壊されて、ほっとしてたのが解った」
 確かに、エネルギー系の攻撃は吸収されてしまうでしょう。打撃は有効なのでしょうか? でも、すぐに治ってしまいそうです。あんなに吸収するパワーを晴都姫さんが使えるなら。

「祥華さんと僕は、晴都姫さんの能力に耐えられるかも。少しの間かもしれないけど。祥華さんは相手の能力を無効化する、僕は吸い尽くせないパワーを持ってる。リリーさんは……大丈夫だった?」
「私は不死者だけど、魔力が吸われるのは解ったわ。でも、生命力は吸われようが無いわ。そういう存在じゃないから」

「祥華さん、祥華さんだけじゃない。三人で、晴都姫さんを止めよう」
「止める……あの娘の能力を、能力だけを止めるの?」
 まだ言ってないのに、解ったみたいです。

「どうするつもり? 私たちが晴都姫の生命力吸収に耐えられたとしても、どうやって止めるの? あの娘自身も止められないのよ?」

「晴都姫さんの身体、一度壊して、止まったんですよね? 身体のどこか一部だけ壊して止まるのか、それとも、精神が消えなきゃいけないなら、精神のどこかを壊そう。それでもダメなら、晴都姫さんと僕たち、四人で遠くに行って、方法を探そう。晴都姫さんの能力、離れれば大丈夫みたいだから」

 そうです。たぶん、晴都姫さんは誰もいない所に隠れていたのでしょう。
 でも、蓄えが尽きたか、それとも、寂しすぎたのでしょう。壊してほしくなるくらい。

「たぶん、止まらなかったのよ。壊せなかったのよ。昔、あの娘を壊したと思った時、完全に停止した、死んだと思ったけど、そうじゃなかったのかも。パワーを吸収する能力が、ほんの少し残ってて、少しずつ再生したのかも」
 祥華さんも冷静になってくれたみたいです。

「じゃあ、やっぱり壊してもダメね。一つ、思いつくことはあるけど……魔王のパワー、たぶん、あの娘でも吸収しきれないわ。魔王を一番近くに置いておけば、他の者は吸われなくて済むかも」
 リリーさんのアイデアは、たぶん、みんな考えていたことでした。

「リリー、それで良いの?」
 祥華さんは怒るかと思ったのですが、聞き返しました。
「祥華、あなたが良くないわよね? 魔王をあの娘にとられるなんて」
 リリーさんも怒ってくれません。

「えっと、僕が晴都姫さんと一緒に居るだけで良いなら、やってみよう。そんな簡単なことで良いなら」
 一応、僕でも耐えられないかもしれないという可能性はあります。
 でも、不安は別のことです。

「魔王、晴都姫を抱くのよね?」
 祥華さんが少し怖い声を出します。僕は少し安心します。嫉妬されてるみたいです。

「えっと、そうしないと止まらないなら仕方ないけど、そうしなくても済むかもしれないけど……」

「愛人でもない女の子と、ずっと一緒に居られるつもり? あなたの魔力を部下たちに注ぐために、エッチしまくりながら? いつか、私たちがあなたを自分のモノにする時、晴都姫さんも付いてくるの?」
 リリーさんの笑顔も怖いです。

「晴都姫さんをしっかり抱いて、あなたの下僕の一人にするなら、許しても良いわよ。それなら、これまでと変わらないし。魔王、あなた、しっかり魔王で居てね」

「うん、そのために手伝ってくれたら、お礼はします。祥華さん、リリーさん、お願い、手伝ってください」

「さーってと、魔王のご褒美、楽しみだなー」
 祥華さんが元気になったみたいです。
「祥華、ご褒美だと、魔王の下僕みたいよ? まあ良いか。今回はそんな感じよね」
 リリーさんも楽しそうになりました。

 三人で転移門を開きます。魔王城に戻ります。
「ありがとね、魔王様」
 祥華さんにキスされて、押し倒しそうになりました。条件反射です。
 でも、リリーさんに思い切りつねられて、止められました。

☆ ハーレム王国世界征服

 王国から愛一郎の家への空間接続が行われ、愛一郎はドアを開けるだけで王国に行けるようになった。
 真理子はほとんど常に王国で過ごすようになった。
 他の少女たちも、学校が終わると王国に集まってきた。

 そんな中、美恵子は毎日新入りを連れてきた。
 王国の広いベッドルームも、愛一郎に仕える少女達で狭くなりつつあった。
 愛一郎は美恵子を呼んだ。
「美恵子、新しい仲間はもう充分だ。今いる女の子たちは、君たちほど力を持っていない。しばらくは充電期間だ」
「御主人様が私達古参の五人を使いすぎるからでは?」
「……それもある。だからこれからは少し疎遠になるよ」
「真昼さえいれば充分でしょう。新しい娘たちをかわいがってあげてください」
 美恵子の声は笑いを含んでいたが、どこか寂しげでもあった。

 愛一郎の王国での生活はますます淫蕩なものになった。
 食事は全て口移しで、食事の間も誰かにフェラチオさせているか、交わっていた。
 少女たちは思い思いの格好で愛一郎の気を引こうとした。
 共通しているのはいつでもセックス可能だということだ。
 こうしてメイドからナースまでいろいろなバリエーションのコスプレを楽しめた。
 全裸の少女も少なくなかった。

 彼女たちは全身を使って愛一郎を愛撫した。
 特にたくさんの少女たちに同時に全身を舐められるのが心地よかった。
 愛一郎は特にフェラチオを好んだので少女たちはテクニックをみがいた。
 少女たちは愛一郎の欲求を敏感に感じ取り、それを実行した。
 真昼は愛一郎と口付けを交わし精力を注ぎ込む回数が増えた。
 こうして、王国の少女たちは強力な超能力者に育っていった。

 あるとき、真昼は愛一郎に言った。
「御主人様、この国から独立しませんか?」
 愛一郎は少し驚いたが、自分の王国を造るということはそういうことだと思った。
「いや、この国を征服しよう」
「わかりました」
 とはいえ、実際にどうするのかは不明だった。真昼に尋ねると、
「御主人様の手をわずらわせるほどのことではありません」
 といって具体的な計画は教えてくれない。

 しかし愛一郎は心配はしていなかった。
 今の王国に戦争をしかけて勝てる国は無いということがわかっていたからだ。
 その日のうちに瞳が数人の少女を連れて、独立宣言書と降服勧告書を国会に持っていった。
 真理子は王国を首都上空に運んだ。
 少女たちが空中でぐるりと王国を取り巻き、超能力を見せつけた。
 その間に彩月は政府要人を洗脳していった。

 まもなく政府の降服宣言が出され、王国の属国となった。
 以上のような手続きが国連でも行われ、国連参加国はすべて王国の存在を受け入れ、その命令に従うことになった。
 愛一郎が発した最初の命令は全世界から美少女を募ることだった。
 各国一名の一番の美少女を王国に贈ることになった。
 テレパシーで日本語を教えこまれた美少女たちは新しい王国の住人となり、王国での自分の出身国代表になった。
 王国は真理子の手で拡張され、出島もつくられた。
 愛一郎は全世界の支配者となった。

 世界各国で行われていた内戦や紛争は王国が調停した。
 王国から各国に送り込まれる少女は食糧問題やエネルギーの問題を解決していった。

 愛一郎は王国の風呂に入っていた。もう学校に行く必要はない。
 風呂で真昼を抱いていた。他の少女たちは愛一郎の全身をなめている。
「結局、全ては真昼から始まったんだよなあ。感謝してるよ」
「そんな、感謝だなんて」
 真昼は騎乗位の姿勢で愛一郎と交わっていた。

「真昼、結婚しようか」
「そんな、真昼だけ、特別扱い、しないで……」
「真昼は特別だよ」
 そういうと愛一郎は腰を使い始めた。真昼の念力で、愛一郎は浮き上がる。
「どうぞ、御主人様のお好きなように……」
「決めた、明日は結婚式だ」

 このニュースは全世界に報道され、翌日の結婚式の準備が整えられた。
 真昼は純白のウェディングドレスに身を包み、同じく礼装の愛一郎とともに結婚式を行った。
 披露宴には真昼と愛一郎の親戚一同、友人一同が顔をそろえた。

 真昼の両親は泣いていた。愛一郎は今は無き両親のことを思った。
 これからも、真昼がいれば大丈夫だ。
 愛一郎は運命に感謝した。

電子書籍版にはエピソードが追加されています。
ぜひ読んでみてください。

☆ ハーレム王国建造中

 その日、愛一郎たちは学校を休んだ。
 そういえば真昼たちは家族にはどう言っているのだろうか? と愛一郎は思ったが、
「記憶操作です」
 と言われて黙ってしまった。どこまで凄くなるんだ、この娘たちは。

「じゃあ行きますよ。御主人様」
 と真昼は言うと、愛一郎と腕を組んだ。
 デートのような気がして、愛一郎は少し恥ずかしかった。
 その瞬間、愛一郎たちは海の上にいた。
 空中に浮かんでいる。テレポートしたのだ。

 美恵子たちも次々とテレポートしてくる。真理子が上に向かって飛んで行った。
 小さな点にしか見えなくなったとき、そこに巨大な何かが現れた。
 島くらいある。

「あれが真理子さんの精神物質です。精神力で造られた島ですけど、あそこを王国にします」
 みんなでそこに近付いてゆくと、真理子の超能力の巨大さがよくわかった。
 すでに宮殿らしき建物は造られていた。屋内プールと露天風呂が見える。

 王国に降りたつと真理子が迎えてくれた。
「いかがでしょうか御主人様」
「いや、すごいとしか……」
「ベッドルームも広いですよ。見てみます?」
「うん、見てみよう」

 ベッドルームの巨大さは他を圧していた。
 何人寝られるんだろう。百人は確実にいける。
「ちょっと広すぎましたかねー。御主人様、試してみます?」
 と真理子は言うと、あっという間に眼鏡にカチューシャ、ニーソックスという愛一郎好みの格好になった。
 おそらくこれも精神物質で作られているのだろう。

 愛一郎は服を脱ぎ捨てると、真理子の乳房に吸い付いた。手はオマ×コを愛撫している。
「あはん」
 真理子は気持ちよさげにあえいだ。

 愛一郎は真理子の準備が整うと、騎乗位で交わった。真理子はさかんに腰をふる。
 真理子の中はよく熟れていて気持ちがいい。
 そのまま真理子がイクと同時に射精する。

 愛一郎は真昼を呼んだ。頭の中で呼びかけただけだ。すぐに応答があった。
 真昼がテレポートしてくる。
 他の連中も来た。

「真昼、キスしてくれ」
 もっとやりたい、ということである。真昼は喜んで愛一郎と舌をからめ、精力を送り込んだ。
 愛一郎の肉棒がむくむくと回復する。

 愛一郎はまた真理子に挿入した。この空中庭園が気に入ったのだ。
 真理子はうれしそうにあえいだ。
 だが、王国の宴はまだ始まったばかりだった。

☆ ハーレム王国検討中

 翌朝、愛一郎が起きると肉棒に感覚があった。
 見ると、瞳がフェラチオしている。一晩中交代でフェラしていたらしい。
 瞳は愛一郎が起きるとフェラチオのペースを上げた。
 まもなく愛一郎の精液を飲み下していた。

 愛一郎はすっきりして着替えた。
 キッチンでは、少女たちがなにやら議論していた。
「可能だと思うけど」
「まだ無理じゃない?」
「やってみなきゃわからないよ」

「何の話?」
 愛一郎が食卓につく。
 真昼がテーブルの下にもぐってフェラチオし始めた。
 彩月が自分が噛んだトーストを口移しにくれる。コーヒーも口移しだ。
 命令する必要はない。彼女たちはテレパシーで愛一郎の欲求を敏感にキャッチするのだ。

(それで、何の話?)
 愛一郎は考える。真昼がテレパシーで答える。
(愛一郎様の王国を造ることです)
 そういえば授業中そんな妄想をしたことがあった。しかし本当に可能なのか?
(私は可能だと思います!)
 真昼が答える。
(でももっと仲間が増えないと)
 と美恵子が言う。
(じゃあ十人くらいになったらやってみようか?)
 と真昼。

「とりあえず、空中都市だけでも造ってみましょうか?」
 と真理子が言う。
「それって試すってレベルじゃないような……」
 と瞳。

「御主人様、空中都市を造ってもよろしいでしょうか?」
「空中都市?」
「ええ、真理子さんの能力で造れるみたいです」
「なにか危険なことがある?」
「いえ、日本から離れた公海上に造ろうと思いますので」
「なら別にかまわないけど、そこが僕の王国になるの?」
「そうでーす」

 愛一郎はちょっと不安だった。
 いくら強力な超能力者たちとはいえ、そんなことができるのだろうか?
(大丈夫ですよ、真理子さんに任せておけば)
 と真昼がテレパシーで答える。

 真昼はフェラチオをハードにした。
 彩月から最後のコーヒーを口移しされた瞬間、愛一郎は真昼の口内に射精していた。